文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 介護・高齢 > 認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座

認知症を知り地域をつくる10ヵ年

国では平成16年から認知症の人とその家族を支え、誰もが暮らしやすい地域をつくるキャンペーンを開始し、認知症の人を支援するサポーター養成をしています。

認知症って何だろう?

認知症とは、誰にでも起こる可能性のある、以前は「痴呆」と呼ばれていた脳の病気です。

記憶障害や理解・判断力の低下などが起こります。

認知症サポーターってどんなことをするの?

認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人とその家族を温かく見守る応援者です。

認知症サポーターは室蘭市に何人いるの?

室蘭市では平成30年3月末現在、7,771人のサポーターがいます。

講座ではどんなことをするの?

2時間程度で認知症の基礎知識、認知症の人の対応の仕方、サポーターとして出来ることを学びます。

認知症サポーター養成講座を受けるには、どうしたらいいの?

おおむね10人程度の団体であれば、ご希望に応じて講座を開催します。その他、一般市民を対象に実施する場合もあります。

高齢福祉課までお問い合わせください。

認知症高齢者見守り事業「オレンジネット」

「認知症サポーター養成講座」を受講し、認知症の人への対応などを学んだ「オレンジメイト」が認知症高齢者が散歩の時に声をかける、カーテンの開け閉めを見守るなどの支援をします。

家族や知人に見守りなどの支援が必要な人がいましたら、各地区の地域包括支援センターに相談してください。

地域包括支援センターのページへ

平成30年3月末現在のオレンジメイト登録者は917名です。

「認知症サポーターがいます」ステッカー配布

認知症サポーター養成講座を実施し、認知症高齢者見守り事業に登録いただいた事業所には「認知症サポーターがいます」のステッカーを配布しています。

「認知症サポーターがいます」ステッカー(PDF:107KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部高齢福祉課介護認定係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2861   ファクス:0143-25-3330
Eメール:kaigo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ