文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 消防・救急 > 応急手当について

応急手当について

応急手当の重要性

応急手当の重要性傷病者が発生したとき、その付近に居合わせた人が適切な応急手当を速やかに行なうと、傷病者の救命率が一層向上することは、医学的見地からも明らかです。また、傷病者の治療経過にも、よい影響を与えます。このようなことから、とっさのときの応急手当は大変重要なものです AED(自動体外式除細動器)

応急手当の目的

応急手当の目的には、救命、悪化防止、苦痛の軽減の3つがあります。

救命

応急手当の一番の目的は、傷病者の命を救うこと、つまり救命にあります。応急手当の知識と技術を習得し、すぐに処置ができれば、尊い人命を救うことができるのです。救急車や医師の到着を何もせずに待っていたのでは、手遅れになってしまいます。意識障害などの生命に直接関係するような症状があれば、その症状に応じた胸骨圧迫(心臓マッサージ)や人工呼吸などの手当を優先的に行ないます。

悪化防止

応急手当は、ケガや病気を治すために行なうのではなく、現状以上に悪化させないことを目的に行ないます。例えば、止血や骨折時の固定などは、その症状の悪化防止につながり、その後の治療を早めることにも役立ちます。

苦痛の軽減

突然病気やケガをした傷病者は、心身の両方にダメージを受けています。適切な手当を行ないながら、励ましの言葉をかけてあげます。

応急手当は、傷病者の状態を確認しながら行ない、苦痛を与えないようにして行ないます。「頑張ってください。すぐに救急車がきます。」などと声をかけて、元気づけます。事故が起きたことによって周囲が騒々しくなっていると、傷病者はますます不安になるので、できるだけ静かにします。

AED(自動体外式除細動器)による除細動の重要性

心臓が停止すると、4分以内に脳に障害が発生します。また、元気だった人が心疾患、特に心筋梗塞などが原因で突然倒れたような場合には、その心臓のリズムは、心室細動と呼ばれる種類のものが多いことが知られています。心室細動とは心臓の筋肉が不規則にブルブル震え、全身に血液を送り出すことができなくなっている状態でそのまま放置すると死に至ります。

この心室細動に対するもっとも適切な対処法は、除細動であり、除細動の実施が1分間遅れると7パーセント~10パーセントの割合で生存退院率が下がると報告されています。

平成16年7月より医療従事者以外の一般市民にもAEDの使用が認められ、全国的に医療機関以外の場所へも設置が進んでいます。

応急手当の必要性

突然のケガや病気で倒れた人に、その場に居合わせた人が協力しあって、救急車が到着するまでに適切な手当をする必要があります。

寸刻を争う応急手当

室蘭市内では、救急車が到着するまで平均7分程度かかります。しかし、この7分間の時間が、傷病者の生命を大きく左右することになります。

自主救護の必要性

大災害時等には、救急隊にも限界がありますので、みなさんが積極的に応急手当の技術を習得して、自主救護に努める必要があります。

「自分達の身は、自分達で守る」という防災の基本にたって、日頃から近隣の助け合いに努めるようにしましょう。

事業所では、傷病者を速やかに救護するため、組織的な救護計画を事前にたてておきましょう。

健全な地域社会の形成

傷病者が発生したとき、そのまま放置することなく、誰かがすぐに救いの手をさしのべるような社会にする必要があります。そのためには、まず、あなたが応急手当を身につけて、いつどこででも助けてあげられるようにしましょう。

また、応急手当を学ぶことによって、事故の防止や安全に対する意識を高めることにもつながります。市民のみなさんが安心して暮らせる健全な地域社会の形成を目指していきましょう。

 

お問い合わせ

消防本部消防署救急係
住所:〒050-0083 室蘭市東町2丁目28番7号
電話:0143-43-0119   ファクス:0143-41-4649
Eメール:fire-syo-kyuukyuu@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ