文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 消防・救急 > 救命事例紹介

救命事例紹介

「室蘭市内での救命事例」と「全国各地の救命事例」の一部を紹介しているページです。

あなたの勇気で助かる命があります!!

室蘭市内での救命事例

事例1家族の胸骨圧迫(心臓マッサージ)、救急隊の早期除細動により救命された症例

平成18年1月、住宅兼仕事場の2階で大きな音がしたため、息子が駆けつけると父親(60歳代)が倒れて反応がなかったため、すぐさま119番通報。呼吸を確認したところ呼気が感じられないため、心肺蘇生法を絶え間なく実施した。通報から2分後に救急隊が到着、AEDにて除細動を実施したところ、心臓の動きを取り戻した。また、病院への搬送途中には自発呼吸も取り戻し、1か月後には独歩で退院することが出来た。

事例2消火活動中に心停止となり、現場にいた救急隊の早期除細動で救命された症例

平成19年3月、市内高台で火災が発生し、消火活動を行なうため坂道を駆け上がった消防団員(40歳代)が急に倒れ心肺停止状態となった。火災現場で待機中の救急隊に連絡が入り、消火活動中の消防隊員と共に心肺蘇生法を実施、AEDにて除細動を実施したところ、心臓の動きを取り戻した。
病院への搬送途中には呼吸も回復し、名前も言える状態まで回復、入院となったが現在は退院し消防団員として今も活躍している。

事例3消防通信指令員の電話での指導により、心肺蘇生を実施し救命された症例

平成19年8月、50歳代の男性、自宅居間で急に倒れ心肺停止となった。一緒にいた家族が119番通報、消防通信指令員の電話口による心肺蘇生法の指導により家族が胸骨圧迫(心臓マッサージ)を実施、通報から4分後に救急隊が到着、傷病者は心肺停止状態、AEDにて除細動を実施したところ心臓の動きを取り戻し、すぐ意識も回復する。病院に搬送、入院を経て独歩で退院となる。

事例4早い発見・早い通報、早い心肺蘇生法が奏功した症例

平成19年11月、50歳代の男性、路上で倒れたのをガソリンスタンドの職員が発見し119番通報。たまたま現場を走行中の消防職員が、胸骨圧迫(心臓マッサージ)を実施、すぐに反応があり脈拍および呼吸が再開する。通報から3分後に救急車が到着、接触時には呼吸、脈拍も再開、意識も回復していた。病院に搬送し入院を経て独歩で退院となる。
倒れた直後すぐの胸骨圧迫が心臓の動きを取り戻したと推測される。

事例5救命講習受講者による心肺蘇生法が奏功した症例

平成20年1月、80歳代の男性、自宅前で作業中に玄関でうずくまった。近くに住む娘が来たところ呼吸がなかったため心肺蘇生法を実施したところ、3分ほどで呼吸と反応があらわれたため中断、通報から9分後、救急隊が到着、接触時には、呼吸、脈拍も再開しており、意識も回復していた。病院に搬送後、入院を経て退院となった。
普通救命講習を受講した家族がおり、適切で迅速な応急処置で、社会復帰に功を奏したと推測される事例である。

事例6救命の連鎖が奏功した症例

平成20年2月、60歳代の男性、自宅で椅子に座りテレビを見ていたところ、急に意識消失したので妻が119番通報する。通信指令員の口頭指導により、椅子から下ろし心肺蘇生を実施した。通報から2分後に救急隊が到着、傷病者は心肺停止状態、AEDにて除細動実施するも反応なく、救急救命士により救命処置を行ない病院に搬送、その後病院での救命処置により回復し入院を経て退院する。
通報者の応急処置から救急隊の迅速な活動、処置そして医療機関での的確な処置という救命の連鎖がおこなわれた症例である。

事例7現場に居合わせた医療関係者の処置により一命をとりとめた症例

平成21年4月、80歳代の女性、公衆浴場で倒れ心肺停止状態となる。たまたま入浴していた看護師が心肺蘇生法を実施、救急隊到着時には呼吸・心臓も動き出し意識も回復した。現場に居合わせた人の迅速、的確な処置が功を奏した症例である。

事例8現場に居合わせた救急隊員や看護師等数人の協力により一命をとりとめた症例

平成21年8月、40歳代の男性、海水浴場でサーフィン中に倒れ、海中で心肺停止状態となる。サーフィン仲間が海中から救助し、たまたま海水浴をしていた救急隊員や看護師等数人が心肺蘇生法を実施、PA連携により出動した消防隊がAEDを持って到着し、除細動を実施した。救急隊到着時には意識はないが呼吸と心臓が動き出しており、医療機関収容後、適切な処置により意識も回復した。傷病者に関わるすべての人の迅速、的確な処置が功を奏した症例である。

事例9現場に居合わせた家族の処置により一命をとりとめた症例

平成21年10月、50歳代の男性、風呂上がりに倒れ、心肺停止状態となる。妻がただちに119番通報するとともに心肺蘇生法を開始した。救急隊到着時、妻による心肺蘇生法実施中、AEDによる除細動を2回実施、直後脈拍回復。人工呼吸を実施しながら搬送中に呼吸も回復する。病院到着時には、話すことができるまで回復した。家族による迅速、的確な処置が功を奏した症例である。

事例10同僚により胸骨圧迫が実施され救命に至ったと推測される症例

平成23年8月、60歳の男性。普段より肩こりがあり当日も痛みがひどかったが何とか出勤。胸苦を訴えた為同僚が乗用車で病院まで送る途中、心肺停止となった。同僚による胸骨圧迫が実施された模様で、救急車で最寄りの総合病院へ搬送。急性心筋梗塞と診断されたが、入院を経て軽快退院・社会復帰となった。その場に居合わせた同僚の応急処置が功を奏した例と推測される。

事例11救命講習受講者により心肺蘇生法が実施され救命に至った症例

平成24年3月、23歳の男性。ドラム缶の搬送作業中に本人より「具合が悪く胸に違和感がある」と同僚に訴えて休んでいたが、急に意識を失ったため、同僚1名が救急要請し、もう1名(救命講習受講者)が心肺蘇生法を実施したもの。救急隊が引継ぎ、心肺蘇生法を継続しながら病院到着までに除細動を4回実施した。医師に引継時に呼吸と脈拍が出現し、意識回復はしていないものの手足を動かしていた。その後、入院を経て退院・社会復帰となった。同僚の迅速かつ的確な通報・応急処置からの救急隊の活動、医療機関での処置による救命の連鎖がつながった事例であるとともに、救命講習受講の有用性が理解できる症例である。

事例12現場に居合わせた医療関係者の処置により一命をとりとめた症例

平成25年3月、20歳代の男性。遊戯場で倒れ意識消失し痙攣発作を起こしたたため119番通報する。その後、心肺停止状態となったため現場に居合わせた看護師により私設のAEDによる除細動及び心肺蘇生法を実施、救急隊到着時には充実した脈拍と自発呼吸を確認することができた。医療機関収容後、入院を経て退院、社会復帰となった。現場に居合わせた人の迅速、的確な処置が功を奏した症例である。

事例13目撃者による早い通報と現場に駆け付けた介護職員よる積極的な心肺蘇生により救命に至った症例

平成25年3月、50歳代の男性。歩行中に急に倒れたのを近くの事業所職員が目撃し119番通報。また、現場付近を歩行中であった介護施設職員が駆け付け意識と正常な呼吸がないのを確認、心肺蘇生法を実施した。通報から6分後に救急隊が現場に到着、傷病者が心肺停止状態であるのを確認しAEDによる除細動及び心肺蘇生を実施しながら医療機関へ搬送する。医療機関収容後、2週間の入院を経て無事退院、社会復帰となる。迅速な通報と積極的な応急処置により救命することができた症例である。

 

事例14施設に設置されたAEDの使用により救命された症例

平成27年7月、50歳代の男性がゴルフ中に突然の背中の痛みを訴えて倒れた。現場施設に居合わせた消防職員が心肺停止状態を確認し、ただちに胸骨圧迫を実施した。従業員が施設設置のAEDを準備し、患者に装着したところ電気ショック実行のメッセージが流れ、電気ショックを1回行い、さらに胸骨圧迫を続けた。通報から7分後に救急隊が到着し、再度電気ショックを実施し胸骨圧迫をしたところ、現場で自発呼吸と心拍が戻り、救急車内で会話可能な状態にまでに回復した。迅速な通報と適切な市民処置、そして搬送と見事な救命の連鎖により、尊い命が救われた症例である。

事例15家族による胸骨圧迫、PA連携により救命された症例

平成28年5月、60歳代の男性が自宅で突然心肺停止状態になった。居合わせた家族は動揺しながらも119番通報を実施、通信指令担当職員の口頭指導により胸骨圧迫を開始した。PA連携(消防隊による救急支援出動)により、先着した消防隊員が心肺蘇生を開始、まもなく到着した救急隊により救命処置を引継ぎ、電気ショックを2度実施した。その後、心拍再開とともに深く大きな呼吸が出現する。病院搬送中は意識は戻らなかったものの、入院して3日後に意識回復し、現在は後遺症なく社会復帰する。迅速な通報と家族による適切な応急手当、消防隊と救急隊の救命処置により、尊い命が救われた症例である。

なお、この事例について後日、出動した救急隊員が傷病者宅を訪問、消防署で実施している救命講習会の教材に、本人及び家族から聞き取り調査した内容を反映させ、受講者の救命意識向上を図っている。

事例16友人の早期胸骨圧迫・救急隊の早期除細動・院内での二次救命処置により救命の連鎖が奏功した症例

平成28年6月、友人と飲食店にて食事をしていたところ、急に前のめりに倒れ意識消失したことから、救急要請する。通信指令員の口頭指導により友人が心肺蘇生法を実施。救急隊現場到着時、友人により有効な心肺蘇生法が実施されていた。救急隊が観察したところ心肺停止状態で顔面チアノーゼが見られた。ただちにAEDを装着したところ、心室細動が見られたことから除細動を2回実施する。病院へ収容後まもなく心拍が再開、会話も出来るまでに回復する。口頭指導により救急隊到着まで心肺蘇生法を続けていたことにより、後遺症が軽度で社会復帰できた事例である。

 

全国各地の救命事例

事例1学生の連携による心肺蘇生、設置されていたAEDにより一命をとりとめた症例

大阪大学の19歳の学生がグランドフットサルの練習中、キーパーが投げたボールを胸で受けた後、その場に倒れた。一緒にいた学生が呼びかけたが反応がなく、心臓の鼓動が聞こえなかったため119番通報した。豊中市消防本部の指示で心臓マッサージ等の応急処置をする一方、駆け付けた同大保健センターの看護師が備え付けのAEDを使用、間もなく心臓の鼓動が再開した。通報の6分後に救急隊が到着した時には意識を回復していた。

事例2公共の体育館に設置されたAEDにより一命をとりとめた症例

東京都区立体育館でバドミントンの試合中に男性が心肺停止となった。体育館館長と競技者2名が心肺蘇生とAEDによる除細動を行ない、救急隊に引き継いだ。
男性は病院到着までに呼吸と脈拍が回復した。

事例2百貨店に設置されたAEDと百貨店従業員の勇気により一命をとりとめた症例

東京都内の百貨店前の路上に停車中のタクシー内で、女性が心肺停止となった。タクシーからベンチに移動後、百貨店従業員が心肺蘇生とAEDによる除細動を実施、救急隊に引継ぎ、傷病者は病院到着までに脈拍が回復した。

事例4中学校の教諭による心肺蘇生により一命をとりとめた症例

東京都内の中学校で、授業中に女子生徒が倒れ心肺停止となった。同校教諭が心肺蘇生を行ない、AEDを装着(除細動の必要はなし)、救急隊に引継ぎ女子生徒は病院到着までに意識、呼吸、脈拍を回復した。

(注)今後も救命された事例があれば、掲載していきます。

 

救命された理由について

なぜ、このかたたちは救命されたのでしょうか。

救命事例には、ある共通点があります。

助かったかたたちは、救急車が来るまでの間、通報者やそばにいたかたが心肺蘇生法やAEDなどの応急処置をしていました。呼吸や心臓が止まってしまった人は、1分1秒でも早く応急処置をすることにより、救命される可能性が高くなります。

あなたのその手は、心臓が止まってしまった人の心臓の代わりとなります。

勇気をもって応急処置してください。

その勇気は、救命講習を受講することにより養われます。

みんなで救命講習を受講しましょう。

 

救命講習会の案内のページへ

 

お問い合わせ

消防本部消防署救急係
住所:〒050-0083 室蘭市東町2丁目28番7号
電話:0143-43-0119   ファクス:0143-41-4649
Eメール:fire-syo-kyuukyuu@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ