文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 行政 > 情報推進 > オープンデータとは

オープンデータとは

パソコンやインターネットの普及で、一般の企業や個人でも大量のデータ処理、多様なデータ利用ができるようになってきました。

そんな中で、市が保有する大量で多様な公共データを、身近な市民サービスやビジネスに利用することが期待されています。

税金で作られた情報は市民の財産であることから、常に利用可能な状態にすべき、という考え方がオープンデータの基礎となっています。

誰でも二次利用しやすい形で公開し社会が効果的に活用することで、市民との協働、新たな価値を生み出そうというのがオープンデータです。

 

オープンデータ戦略の推進(総務省)(外部サイトへリンク)

 

情報公開制度とは何が違うのか?

情報公開制度は、申請を受けてから開示します。

オープンデータは、税金で作られたデータは国民、住民のもの、という考えから、常に利用可能な状態で公開します。

 

ダウンロード

オープンデータのダウンロードは、以下のページから行なえます。

むろらんオープンデータライブラリのページへ

 

お問い合わせ

企画財政部ICT推進課ICT推進係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2712   ファクス:0143-22-3266
Eメール:joho@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ