文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 産業・雇用・港湾 > 市場 > 卸売市場の一日

卸売市場の一日

卸売市場の深夜からの一日の動きです。

1.入荷

伊達や洞爺の農協・農家、噴火湾・太平洋岸(豊浦から白老)の漁港、北海道内外の産地から、大型トラックに満載された野菜やくだもの・魚介類などの生鮮食料品が、続々と運び込まれます。

 

市場の一日の幕開けです。

(早い時には、前日の午後に、翌日のせり用の生鮮食料品が運び込まれます。)

2.配列

大助卸売業者が、売り場にせりをしやすいように、せりの単位ごとに種類、生産者、規格別に生鮮食料品を並べます。

 

3.下見

仲卸業者や売買参加者が、品質・鮮度・数量を調べ、価格を予想し、まもなく始まるせりを待ちます。

 

4.せり

せり人の威勢のよいかけ声が、広い場内に響き渡り、せりが始まります。市場が、一日で、最も活気を見せる時間帯です。

きんき

 

せり開始時刻:

(夏季)水産物部…6時15分/青果部…7時00分

(冬季)水産物部…6時30分/青果部…7時00分

(注)せりには、仲卸業者、売買参加者が参加できます。

 

5.陳列

解体されたマグロ

仲卸業者は、せり落とした生鮮食料品を、市場内にある自分の店舗の売り場に運び、並べ始めます。

 

6.取引

売買参加者や買出人が、仲卸業者の店舗で、生鮮食料品を買い求めます。

黒ソイ

 

7.搬出

売買参加者や買出人は、仕入れた生鮮食料品をトラックなどに積み込んで、それぞれの店へ運びます。

 

(注)10時頃までには、新鮮な生鮮食料品が小売店、スーパー等の店先に出そろいます。

 

8.整理

忙しかった売場は、生鮮食料品の運び出しを終えると、静けさを取り戻します。

卸売業者や仲卸業者は、売上伝票の整理や翌日の生鮮食料品の購入依頼の対応など、その日の整理と翌日の取引の準備を行ないます。

ページの先頭に戻る

お問い合わせ

経済部農水産課市場係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-22-1011   ファクス:0143-25-2478
Eメール:shijou@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ