文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

履修科目

基礎分野

科学的思考の基礎

  • 生物学
  • 文学
  • 保健体育
  • 英語
  • 英会話
  • 情報科学

人間と生活、社会の理解

  • 心理学
  • 社会学
  • 哲学
  • 人間関係論
  • 文化人類学

専門基礎分野

人体の構造と機能

  • 解剖生理
  • 生化学
  • 栄養学

疾病の成り立ちと回復の促進

  • 病理学・疾病学
  • 微生物学
  • 薬理学
  • 臨床薬理学
  • 治療学
  • 臨床心理学

健康支援と社会保障制度

  • 保健医療論
  • 公衆衛生学
  • 社会福祉
  • 関係法規

専門分野I

基礎看護学

  • 看護学概論
  • 看護の方法
  • 基礎看護実習I
  • 基礎看護実習II

専門分野II

成人看護学

  • 成人看護概論
  • 成人保健
  • 成人看護の方法
  • 成人看護実習I
  • 成人看護実習II
  • 成人看護実習III

老年看護学

  • 老年看護概論
  • 老年保健
  • 老年看護の方法
  • 老年看護実習I
  • 老年看護実習II
  • 老年看護実習III

小児看護学

  • 小児看護概論
  • 小児保健
  • 小児看護の方法
  • 保育所実習
  • 小児看護実習

母性看護学

  • 母性看護概論
  • 母性保健
  • 母性看護の方法
  • 母性看護実習

精神看護学

  • 精神保健
  • 精神障害の基礎
  • 精神看護の方法
  • 精神看護実習

統合分野

在宅看護論

  • 在宅看護概論
  • 在宅看護の方法
  • 在宅看護実習I
  • 在宅看護実習II

看護の統合と実践

  • 看護医療安全
  • 災害・国際看護
  • 看護マネジメント
  • 看護技術評価
  • 統合実習

生物学

DNA、RNAなど細胞レベルから生物について学びを深めていきます。

文学

実習では、記録物が多いので、相手にもわかりやすい文章の書き方を学びます。

保健体育

学院内では、バレーボール、長縄跳び、学外では、登山、スキー学習を行ない、実習に必要な体力を養います。1年生の冬には、ルスツでスキー学習を行ないます。

英語

日本人の講師の先生が行なう文法の授業1単位、外国人の先生が行なう英会話の授業1単位あります。

両方とも基礎的なことを学びます。

情報科学

看護研究に必要なデータ分析の方法やパソコンを使って簡単な表計算ソフトの使い方を学びます。

心理学

対人関係・恋愛・性行動・虐待・ストレスなど、一般的な心理学について学びます。

社会学

「ケアする」ということの意味や、看護師としての役割を演じることの意味、さらには一人の女性または男性として看護師という専門職に身をおいて生きることの意味を、一緒に考えていきます。

哲学

実際に病院での事例を取り上げ、患者さんの命に関わるような究極の場面で自分は、どのように行動していくのか(生命倫理)学びを深めていきます。

人間関係論

ある期間で集中的に行なわれる講義です。授業を通じ自分、他人を理解し、より多くの人と気持ちよく接することができるようにしていきます。

文化人類学

自分たちとは、異なった文化を持っている人達についての理解を深めます。

解剖生理

骨・筋肉・消化器・循環器・脳などの仕組みについて学びます。

生化学

疾病を理解するために細胞レベルから生体の仕組みを学びます。

栄養学

栄養素の基礎から学び、食事や治療食の大切さを理解します。

病理学

疾病についての学習ですが、病巣の組織的なレベルまで学びます。

微生物学

細菌、免疫、ウイルスの種類やその働きについて学びます。

薬理学

代表的な薬名の紹介とその働き、服用の仕方などを学びます。

臨床心理学

1年次で行なった心理学よりもより専門的な授業を行ないます。

各発達段階の心理、臨床心理学の理論、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、危機介入、心理テスト等について学びます。

保健医療論

医療事故やクリティカルパス(入院計画表)など最新医療事情(医療ビックバン)について学びます。

公衆衛生

保健所で行なわれている活動に密接な関係がある授業です。

食中毒や環境汚染など、病院にかかっていない地域住民の人達の健康を守るためにはどうしたらよいか、みんなで話しあいます。

社会福祉

介護保険の制度や、社会福祉施設、制度等について学びます。

関係法規

保健師・助産師・看護師法をはじめ看護業務に必要な法律知識について学びます。

専門分野

基礎看護学

臨地実習で行なう看護技術を中心に、人間のライフサイクルにおける健康の意義、保健医療における看護の役割について理解し、看護行為の基礎となる知識、技術、態度を学びます。

成人看護学

成人期にある対象の特徴と健康の維持増進の重要性を理解し、健康障害時の看護について学びます。

老年看護学

老年期にある対象の特徴と、老化に応じた看護、健康障害を持つ老人とその家族に対する看護を学びます。

小児看護学

小児各期の特徴と成長発達に応じた養護や健康障害を持つ児童とその家族に関する看護について学びます。

母性看護学

人の持つ種族保存の働き(生殖)とその意義、母性保健活動における看護の役割を理解し、妊・産・褥婦および新生児の看護について学びます。

精神看護学

精神に障害を持つ人の特徴や日常生活を理解し、治療的人間関係における看護を学びます。

在宅看護論

在宅看護独自の機能を習得し、緻密な観察力、的確な判断力とその実践に必要な方法・技術を学びます

看護の統合と実践

組織における看護師の役割を理解するとともに、緊急・突発要件の発生時に適切な判断・対応ができるよう演習や校内実習を強化し、臨地実習では実務に即した看護を学びます

臨地実習

学院の講義で学んだ知識を持ち寄り、臨床の場で実際に患者さんと関わりながら看護を学びます。当学院での実習は、基本的に市立病院での実習になります。その他保育所、デイサービス、老人ホームでの実習もあります。

↑ページの先頭に戻る

お問い合わせ

市立室蘭看護専門学院  
住所:〒050-0072 室蘭市高砂町3丁目11番1号
電話:0143-45-1171   ファクス:0143-45-6634
Eメール:murokan@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ