消化器内科

当科で担当するのは消化器疾患(食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆道、膵臓)と貧血などの血液疾患です。 その他、症状の安定している高血圧症、糖尿病、脂質異常症、等の生活習慣病を担当しています。院長以下6名で診療を行っており、患者さんの立場に立った信頼される医療を心がけています。

診療予定表

消化器内科
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 1診
(新患)
清水 上野 佐藤(修) 一柳
2診 - 一柳 - 清水
3診 佐藤(修) 清水
10:30からセンター
13:30から予約
金戸 代診医 上野
内科
1診
金戸
(予約)
- - - -
緩和ケア外来:火・水・金曜日13時30分から(完全予約制)

診療している主な疾患と検査・治療について

逆流性食道炎,食道静脈瘤,胃潰瘍,十二指腸潰瘍,機能性胃腸消(慢性胃炎)

最新の内視鏡システムによる診断、適切な薬物療法を主に外来で行っています。ピロリ菌の感染診断、除菌治療も積極的に行っています。中学生対象のピロリ菌検診は完全予約制です。

大腸ポリープ、虚血性大腸炎、感染性腸炎、過敏性腸症候群、腸閉塞、便秘症

最新の医療機器による診断と治療を行っています。大腸ポリープに対する内視鏡治療は1泊入院を基本としています。術前検査としてコンピューター処理によるCTコロノグラフィーを導入しています。

潰瘍性大腸炎、クローン病

診断には消化器内科医と病理医との連携が重要です。近年、新しい治療法や治療薬が増えてきており治療の選択肢は多岐にわたります。炎症性腸疾患に関する難病分野別拠点病院である札幌医科大学消化器内科と連携を行い、難治例に対する臨床試験にも参加しています。

脂肪肝、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変症、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変症、肝がん

肝臓病専門医を中心に診断、治療を行っています。ウイルス性肝炎に対する抗ウイルス療法、肝がんに対するラジオ波焼却療法やカテーテル治療を行っています。治療費の相談など専門のソーシャルワーカーが個別に対応しています。

胆のうポリープ,胆のう結石症,総胆管結石症,急性胆管炎,急性膵炎,慢性膵炎

総胆管結石や胆道狭窄に対する内視鏡治療を積極的に行っています。重症膵炎の治療に当たっては多職種連携による集学的治療を行っています。

食道がん、胃がん、大腸がん、胆道がん、膵がん、肝がん、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、白血病

専門医による内視鏡治療はもちろん、手術が必要と判断される場合は外科医、病理医と連携し患者さんにとって最適の治療を行っています。非外科治療の悪性腫瘍(がん)に対しては入院や外来での放射線治療、化学療法(抗がん剤、分子標的薬)を行っています。がんの治療方針に関しては各科、多職種でのカンファレンスを定期的に行いチーム医療を実践しています。

当科の特色

最新トピックス

内視鏡システム、等の医療機器は常に最新の機種をそろえ、患者さんに苦痛の少ない安全な検査や治療を受けていただけるよう努力しています。内科学会、消化器病学会、消化器内視鏡学会、肝臓病学会、消化管学会の専門医が多数在籍しています。この管内唯一のがん薬物治療専門医が外来化学療法室の室長を務めています。

治療内容

消化器疾患は内視鏡治療・薬物治療などを中心に行っていますが、外科治療が必要と判断される場合は、外科・病理医との連携による治療を行っています。血液疾患に対しては貧血や悪性腫瘍などの診断・治療を行っています。非外科治療の悪性腫瘍(がん)に対しては、入院や外来で放射線治療・化学療法(抗癌剤、分子標的治療)、緩和治療を行っています。また訪問診療にも取り組んでいます。

内視鏡検査・治療実績

年間約5,000例の内視鏡検査・治療を行っています。

  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
全内視鏡検査 6066例 6136例 5519例 5770例 5737例 5388例 5251例
内視鏡治療(処置) 644例 700例 661例 719例 723例 693例 709例

連携医療機関の皆様へ

いつも患者さんを御紹介いただき誠にありがとうございます。地域連携室を通じて御紹介いただいた場合は、食事の摂取状況に応じて採血、エコー、CT、内視鏡、等の検査を当日施行できるよう努力しております。 入院加療が必要と考えられる患者さんに関しては当番医へ御電話で御相談いただけると幸いです。

医師紹介

金戸 宏行(かねと ひろゆき)
役職・職種

病院事業管理者(兼院長)
名前

金戸 宏行(かねと ひろゆき)
経歴

札幌医科大学(1992年卒)
資格

日本消化器病学会指導医・専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本肝臓学会指導医・専門医、日本膵臓学会指導医、日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本医師会認定産業医、臨床研修指導医
その他の資格・役職

札幌医科大学臨床教授、日本消化器病学会北海道支部評議員、日本消化器内視鏡学会北海道支部評議員、日本内科学会北海道支部評議員
患者さんに一言

患者の皆様が安楽に過ごせるようつとめます。
清水 晴夫 (しみず はるお)
役職・職種

院長補佐(兼部長)
名前

清水 晴夫 (しみず はるお)
経歴

札幌医科大学(1993年卒)
資格

日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本消化器病学会指導医・専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本消化管学会胃腸科指導医・専門医、臨床研修指導医
患者さんに一言

2002年より当院勤務、18年目となりました。患者の皆様のお役に立てるよう努力します。
役職・職種

部長(血液科)(兼内科部長)
名前

佐藤 修司 (さとう しゅうじ)
経歴

札幌医科大学(1995年卒)
資格

日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会指導医、日本消化器病学会指導医・専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本医師会認定産業医、日本内科学会認定内科医、臨床研修指導医
その他の資格・役職

日本内科学会認定教育病院教育責任者、日本内科学会北海道支部幹事、日本内科学会北海道支部評議員、医療安全管理者養成講習会修了
患者さんに一言

丁寧な診療を心がけます。
上野 あかり(うえの あかり)
役職・職種

医長
名前

上野 あかり(うえの あかり)
経歴

札幌医科大学(2016年卒)
一柳 亜貴子 (いちやなぎ あきこ)
役職・職種

医員
名前

一柳 亜貴子 (いちやなぎ あきこ)
経歴

杏林大学(2017年卒)
患者さんに一言

丁寧な診療を心がけたいと思います。よろしくお願いいたします。