skip to main content
  1. HOME
  2. 診療科・部門の紹介
  3. 臨床検査科
  4. 臨床工学係

臨床工学係について

臨床工学係

臨床工学技士とは

臨床工学技士は医療機器の専門医療職であり、医師・看護師などとチームを組み、生命維持装置の操作などを担当しています。また、医療機器を安心して使用できるように保守、点検、中央管理を行っており、安全性確保と有効性維持に貢献しています。

一般的に「CE:Clinical Engineer」または「ME:Medical Engineer」と呼ばれます。

臨床工学係の業務内容

人工透析室業務

 人工透析をはじめ、血球吸着療法(GCAP・LCAP)などを行っています。

取扱い機器
透析監視装置 NCV-2、NCV-10(ニプロ)
多人数透析液供給装置 NCS-V(ニプロ)
自動溶解装置 NPS-50A、NPS-50B(ニプロ)
RO装置 MRE-DCnano AO(三菱レイヨン・クリンスイ)

急性血液浄化業務

 ICU・HCU・病棟における急性期領域での血液浄化療法(CHDF / HiFlow CHDF / DHP / PE / PA / CART / GMAなど)を行っています。

取扱い機器
ACH-Σ(旭化成)
Plasout EZ(旭化成)
NDF-21(ニプロ)+ 個人用RO装置VCR-20PW(ダイセン)
MP-300(ニプロ)

 対応:平日日勤帯・夜間呼出対応で臨床工学技士24時間サポートを行っています。

ペースメーカー管理業務

当係では国内で販売されている全てのメーカーの製品に対応しており、ペースメーカーの点検、設定変更、植込まれている患者さんの手術時の対応、遠隔モニタリングによるデータ解析などを行っています。

MRI撮影にも全メーカー対応しております。

血管造影室業務

カテーテル検査中の診療介助、モニタリング、検査データの記録、ペースメーカーや補助循環装置などの操作を行っています。

内視鏡室業務

内視鏡検査中の診療介助を行っています。

眼科特殊処置室業務

眼科硝子体注射療法の診療介助を行っています。

手術室業務

手術室で使用する機器のセットアップ、操作、保守管理を行っています。

医療機器保守管理業務

院内で使用する医療機器の貸出し、保守管理などを行っています。

定期的に医療機器安全管理研修会を開催しています。

職員数・有資格者数

職員数
職員数9名2017年4月現在
有資格者数
学会合同呼吸療法認定士1名
不整脈治療専門臨床工学技士1名
IBHRE Cardiac Rhythm Device Therapy検定試験1名
ペースメーカー/ICD関連情報担当者(CDR)1名
体外循環技術認定士1名
第1種ME技術実力検定試験1名
特定高圧ガス取扱主任者(液化酸素)検定1名
医療ガス保安管理技術者3名