病院沿革

市立室蘭総合病院 沿革
明治5年 9月診療所を元室蘭に開所
6年 6月新室蘭(現西小路町坂下)に移転し、「室蘭病院」と改称
7年 1月「室蘭出張所病院」と改称
8年 9月札幌病院管轄、「室蘭病院出張所」と改称
9年 9月「札幌病院室蘭出張所」と改称
15年 5月「公立室蘭病院」(旧港町39番地)と改称
19年 7月旧港町72番地(現在の「問屋の坂」)上に移転
31年11月常盤町に新病院を建築
34年 4月「町立室蘭病院」と改称。追直に「町立室蘭伝染病院」を建築
大正7年 2月区制施行とともに「区立室蘭病院」と改称
10年 1月舟見町に「区立中浜病院」(伝染病院)を建築
11年 8月市制施行により「市立室蘭病院」と改称
昭和7年 7月パラチフスの大流行、中浜病院を急遽増築
26年 2月火災により院舎を焼失
12月中浜病院を閉鎖、新たに常盤ケ丘病舎建築
33年 6月「市立室蘭総合病院」と改称
10月附属伝染病棟を建築
36年 7月祝津分院新病舎を建築
39年10月救急病院に指定される
40年 9月祝津分院を増築
45年 4月白鳥台診療所を開設
10月本輪西診療所を閉鎖
46年 4月白鳥台診療所を閉鎖
58年 2月「地域センター病院」に指定される
平成9年 2月山手町に新「市立室蘭総合病院」を新築(2月28日)
6月入院患者移送、新「市立室蘭総合病院」開院(6月1日)外来診療を開始(6月5日)
11年 4月伝染病予防法の廃止により伝染病床廃止あらたに感染症病床の指定される
13年 4月厚生労働省から臨床研修病院指定証が交付される
15年 4月院外処方箋の発行を開始
16年 4月「医師の卒後臨床研修指定病院」指定される
12月図書ボランティアを導入
17年 2月集中治療室(ICU)を開設
18年12月院内案内ボランティアを導入
19年 3月セカンドオピニオン外来を開設
7月(財)日本医療機能評価機構より病院機能評価認定を受ける
20年 2月「災害拠点病院」に指定される
4月地方公営企業法全部適用(4月1日)
21年 9月救急医療功労者厚生労働大臣表彰受章(9月9日)
23年 2月「市立室蘭みなと診療所」を開設
12月リハビリテーションセンターを開設
24年 3月電子カルテシステムを導入
4月ハイケアユニット(HCU)を開設
10月病院機能評価(Ver6.0)認定を受ける
25年 4月北海道がん診療連携指定病院として指定される(4月1日)
大学連携顕微鏡手術トレーニングセンターを開設
26年 5月伊達赤十字病院・苫小牧市立病院・八雲総合病院と災害時における相互支援協定を締結
27年 5月地域包括ケア病棟を開設
28年 4月医療連携・患者支援推進センター設置
30年 2月消化器病センター開設