文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 学ぶ・遊ぶ > 文化財 > 室蘭市の埋蔵文化財

室蘭市の埋蔵文化財

埋蔵文化財とは

埋蔵文化財とは、土地に埋蔵されている文化財で、それらが埋蔵されている土地を埋蔵文化財包蔵地(いわゆる遺跡)といいます。現在、室蘭には37ヶ所の埋蔵文化財包蔵地が確認されています。

 

市内の埋蔵文化財包蔵地分布図(PDF:3,626KB)

土木工事には事前協議が必要です

埋蔵文化財包蔵地やその周辺をはじめ、埋蔵文化財が存在する可能性のある土地での土木工事には、事前協議が必要とされます。包蔵地に該当しているか、また事前協議が必要とされるかの確認などについては、お気軽にお問い合わせください。

申請書ダウンロード

埋蔵文化財保護のための事前協議書(PDF)

埋蔵文化財保護のための事前協議書(ワード)

遺跡を発見したらご連絡ください

埋蔵文化財包蔵地にかかわらず、工事等により埋蔵文化財が発見されたときには、届出等の手続きが必要となります。土器や石器、人骨といった、埋蔵文化財と思われるものが発見された際には、ご連絡ください。

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育部生涯学習課[文化振興]
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-22-5094   ファクス:0143-22-6602
Eメール:syougaigakusyuu@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ