新型コロナウイルスに関する重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染症罹患について(ご報告)

5月24日、当院委託業者職員1名について検査の結果、新型コロナウイルスの陽性が確認されました。

室蘭保健所の指導のもと調査の結果、濃厚接触者に該当する職員はおりませんので、診療は通常通り継続しております。

皆様には大変ご心配とご迷惑をお掛け致しますが、感染防止対策に引き続き全力で取り組んで参りますので、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

2021年5月26日
市立室蘭総合病院
院長 髙橋 典之

新型コロナウイルス感染症発生のお知らせ(最終報)

昨年12月30日(水)に、当院の看護師1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明したことに伴い、各関係機関の皆様及び地域の皆様におかれましては、多大なるご心配、ご迷惑をお掛け致しましたことを心よりお詫び申し上げます。

1月14日(木)をもちまして、一部の職員に対する就労制限が解除されたことに伴い、全ての診療において通常通りとさせて頂きます。

今後とも、患者様及び職員の安全確保を第一に、感染防止対策を徹底して参りますので、何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

2021年1月14日
市立室蘭総合病院
院長 金戸 宏行

新型コロナウイルス感染症発生のお知らせ(第2報)

12月30日(水)に、当院の看護師1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明致しました。

その後、室蘭保健所の指導のもと、接触者と考えられる患者様や職員56名につきまして調査及びPCR検査を実施いたしましたが、全て陰性の結果となりました事をご報告いたします。

皆様には大変ご心配とご迷惑をお掛け致しましてお詫び申し上げます。

なお、外来診療等につきましては通常通りとさせて頂きますが、感染対策上、一部の職員の就労制限に伴い、業務の一部制限が必要であることから、救急外来での新規発熱患者様につきましては受け入れを停止させて頂いており、発熱で受診される場合は、必ず事前にお電話にてご確認をお願いいたします。

今後とも感染防止対策に引き続き全力で取り組んで参りますので、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

2021年1月1日
市立室蘭総合病院
院長 金戸 宏行

新型コロナウイルス感染症発生のお知らせ(第1報)

12月30日(水)に、当院の看護師1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明致しました。
その後、室蘭保健所の指導のもと、接触者と考えられる患者様や職員の調査及PCR検査を実施しております。

皆様には大変ご心配とご迷惑をお掛け致しますが、感染防止対策に引き続き全力で取り組んで参りますので、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

2020年12月31日
市立室蘭総合病院
院長 金戸 宏行