文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 生活困窮者支援 > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

制度の趣旨

新型コロナウイルス感染症の長期化に伴って、この感染症の影響で収入が減少した生活困窮世帯に対し、北海道社会福祉協議会で生活福祉資金の特例貸付(緊急小口資金及び総合支援資金)が行われています。

しかし、長引く新型コロナウイルス感染症の感染拡大や緊急事態宣言の延長などにより、緊急小口資金と総合支援資金の貸付が終了し、さらなる特例貸付が利用できない状況となっており、このような世帯の中には、新たな就労や生活保護の受給に結びついておらず、厳しい生活が続いている生活困窮世帯があります。

こうした世帯を対象として、自立支援等での新たな就労開始や生活保護につなげる期間について、令和3年7月より「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給(支給期間は、当初支給3ヶ月以内、令和3年12月より再支給3ヶ月以内)することになりました。

 

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金のお知らせについて

緊急小口資金と総合支援資金の貸付を終了された世帯、自立支援金の当初支給が終了した世帯につきましては、関係機関より生活困窮者自立支援金のご案内をお送りしています。

申請期間の延長等について

新型コロナウイルス感染症の蔓延状況に伴い、申請期限が当初は令和3年8月末日であったものが期間延長となり、最新の期間延長で、令和4年6月末日から令和4年8月末日に延長となりました。また、令和3年12月より再支給を行うことも決定され、こちらの申請期限も令和4年6月末日から令和4年8月末日に延長になっています。

 

申請窓口

室蘭市社会福祉協議会くらし支援課

住所:室蘭市東町2丁目3番3号

電話番号:0143-84-5020

 

申請書類等

申請書類等は、室蘭市社会福祉協議会の申請窓口で入手することが可能です。

なお、自立支援金の支給については、添付書類の収集から自立支援金の支給までにある程度の期間を要することから、お早めに相談することをお勧めします。

また、自立支援金の支給に当たっては、毎月の相談機関の利用や求職活動、活動報告が求められることから、制度活用の際は、活動内容等のご確認をお願い致します。

 

問い合わせ先

本支援金に関する問い合わせは、以下に記載する室蘭市保健福祉部生活支援課のほか、室蘭市社会福祉協議会くらし支援課(室蘭市の自立相談支援機関)、厚生労働省が設置しているコールセンターでお受けしております。

【室蘭市の窓口】保健福祉部生活支援課

電話番号:0143-25-2472

【自立相談支援機関】室蘭市社会福祉協議会(くらし支援課)

電話番号:0143-84-5020

【厚生労働省設置】新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金コールセンター

電話番号:0120-46-8030
受付時間:午前9時00分~午後5時00分(平日のみ)

【厚生労働省設置】本給付金に関するコールセンター(外部サイトへリンク)

(参考:プレスリリース)「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」(仮称)の支給について(外部サイトへリンク)

(参考:プレスリリース)緊急小口資金等の特例貸付及び新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の申請期限の延長について(外部サイトへリンク)

(参考:プレスリリース)緊急小口資金等の特例貸付、住居確保給付金及び新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の申請期限の延長等について(外部サイトへリンク)

(参考:プレスリリース)緊急小口資金等の特例貸付、住居確保給付金及び新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の申請期間の延長等について(外部サイトへリンク)

NEW(参考:プレスリリース)緊急小口資金等の特例貸付、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金及び住居確保給付金の特例措置の申請期限の延長等について(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

保健福祉部生活支援課 
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2472   ファクス:0143-22-1750
Eメール:hogo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ