文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 介護保険 > 要介護認定申請からサービス利用の流れ

要介護認定申請からサービス利用の流れ

介護保険のサービスは、認定を受けて初めて利用することができます。認定を受け、サービスを利用するまでの流れについて、順を追ってご説明します。

手順1.介護認定の申請をする

身体や精神上の障害により継続(6ケ月程度)して、日常生活に支障をきたし、介護を必要とするとき、介護認定の申請をすることができます。

「将来のために」という理由で申請をする必要はありません。介護が必要になったときに申請してください。

申請に必要なもの

  • 65歳以上の人:介護保険被保険者証
  • 40歳から64歳までの人:医療保険の被保険者証

申請の窓口

室蘭市役所1階高齢福祉課介護認定係の窓口で申請します。

申請は下記の事業所等に依頼することもできます。

  • お住まいの町の地域包括支援センター
  • 最寄りの居宅介護支援事業所
  • 最寄りの介護保険施設

居宅介護支援事業所・介護保険施設一覧については、下記のページをご覧ください。

事業所一覧のページへ

手順2.認定調査のため、調査員がお伺いします

申請されてから数日後に、市の職員、または市から委託された認定調査員がご自宅を訪問し、身体や生活状況の調査を行ないます。

(施設に入所されている人は、施設で調査を行ないます。)

また、主治医意見書は、市から医師に直接依頼し、市に返送されます。

手順3.介護認定審査会が開かれ、介護の必要性が決められます

手順2の認定調査と、主治医の意見書を元に、医療・保健・福祉の専門家により介護の必要性や程度、改善の可能性について審査します。

(認定内容は、要介護1から要介護5、要支援1・2、非該当)

手順4.認定結果をお知らせします

介護認定の申請から、おおむね30日以内に、郵便などで認定結果をお知らせします。

審査結果が、要介護1から要介護5、または要支援1・2の場合は介護保険のサービスを利用することができます。

(介護保険施設に入所するためには、要介護1から要介護5までが条件になります。要支援では入所できません。)

審査結果が「非該当」の場合は、介護保険のサービスを利用することはできませんが、地域支援事業等のサービスを利用できることがあります。

詳しくは、高齢者のページをご覧ください。

高齢者のページへ

手順5.サービスを選ぶ

在宅でのサービスを利用したいとき

要介護1から要介護5の場合

居宅介護支援事業者を選び、電話などでケアプラン(介護サービス計画)の作成を依頼します。

要支援1・2の場合

お住まいの町の地域包括支援センターに、電話などでケアプラン(介護予防サービス計画)の作成を依頼します。

介護保険施設(特別養護老人ホームなど)に入りたいとき

希望する施設へ直接お問い合わせください。

順番待ちの場合もありますので、すぐに入所できるかどうかなども施設に確認してください。

認定結果で、要介護1から要介護5であることが条件になります。要支援の場合は利用できません。

手順6.ケアマネジャーが訪問します(在宅介護サービスの希望の時)

ケアプランを作成するため、ご自宅に、居宅介護支援事業所や、地域包括支援センターのケアマネジャーが訪問し、本人やご家族の要望をふまえ、心身、生活状況等から、質の良い生活を送れるよう、介護保険サービス等をケアプランに盛り込んでいきます。

手順7.サービスの利用

サービスの内容や程度が決まりましたら、サービスを提供している事業所と「契約」していただき、サービスを受けられるようになります。

なお、サービスの種類、内容や回数の変更をしたいときは、サービス事業所にご相談ください。

 

お問い合わせ

保健福祉部高齢福祉課介護認定係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2861   ファクス:0143-25-3330
Eメール:kaigo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ