文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > ごみ > 家庭系ごみ・資源物の分け方、出し方

家庭系ごみ・資源物の分け方、出し方

「燃やせるごみ」「燃やせないごみ」「プラスチック製容器包装」は、それぞれ指定のごみ袋に入れて、収集日の朝8時までにごみステーションに出してください。

「空き缶・空きびん(使い捨てびん)・ペットボトル」は中をすすいで、収集日の朝8時までに資源ステーションに出してください。
※収集容器は収集日前日の夕方までに設置されます

ごみ・資源物の収集は朝8時から始まります。その日のごみ・資源物の量などによって収集ルートが変わる場合があり、収集時刻がずれることがありますので、朝8時までに必ず出しましょう。

 

以下の項目をクリックすると、直接目的のページへ進みます。

  • 家庭系ごみ・資源物の分別パンフレット

    家庭系ごみ2020表家庭系ごみ2020裏家庭系ごみ・資源物の分け方、出し方(PDF:1,436KB)

    啓発シールが貼られたごみはルールを守って出し直しましょう

    指定ごみ袋やごみ処理券を使っていない場合、または分別がきちんとされていない場合は啓発シールを貼り、ごみを収集しません。

    出されたかたはごみを持ち帰り、啓発シールの内容にしたがって、次回の収集日にごみを出してください。

    啓発ステッカー啓発ステッカー

    ごみ処理施設やごみ収集車の火災を防ぎましょう

    適正に分別されないごみが原因で、ごみ処理施設やごみ収集車の火災が毎年発生しています。

    火災が発生すると、ごみ処理や収集の遅れをはじめ、作業員が怪我をしたり、時には人命にも影響を及ぼすだけでなく、規模によっては周辺の住民等にも被害が及ぶ可能性があります。

    これらの火災は、市民の皆さんの適切なごみの処理、ごみの分別で防ぐことができます。適切な分別方法を改めて確認していただき、安全なごみ収集にご協力をお願いします。

    スプレー缶やカセットボンベ、ライターの処理方法について

    ごみ収集車火災状況
    燃えた収集ごみの消火作業

    ごみ収集車火災状況2
    火災の原因と思われるスプレー缶類

     

  • Adobe Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    お問い合わせ

    生活環境部環境課環境係
    住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
    電話:0143-22-1481   ファクス:0143-22-7148
    Eメール:kankyou@city.muroran.lg.jp

    ※令和元年7月に本庁舎に移転しました

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

     

    質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

     

    ページトップへ