文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 津波警報サイレンの運用について

津波警報サイレンの運用について

時間帯を問わず、いつ発生するか予測できない津波被害を軽減するため、室蘭市では、平成27年4月から全国瞬時警報システム〈J-ALERT(ジェイアラート)〉と連動した「津波警報サイレン(スピーカー)」の運用をしています。津波警報サイレンは、津波第1波の到達予想時間が1時間程度で浸水のおそれがある低地市街地17箇所に設置しており、津波警報や緊急地震速報が発表された場合、サイレン音と音声により自動的にお伝えします。また、サイレン吹鳴と同時に、室蘭市内にある携帯電話に対しても緊急速報メールを自動発信します。

J-ALERT(ジェイアラート)とは

地震や津波などの対処に時間的余裕のない事態が発生した場合、消防庁から人工衛星を通じ、津波警報サイレンを自動的に起動させて、瞬時に市民の皆さんへ緊急情報を伝達することができるシステムです。

注意事項

このシステムは、消防庁から人工衛星を通じて直接、サイレンを自動的に起動させ情報を発信するため、早朝や深夜を問わず、衛星からの通信を受信した時点で起動し、放送が流れます。
また、緊急地震速報については、直下型地震や震源が近い場合、速報が間に合わないことがあります。

どのような時に放送されるのか

次のような場合に、放送が流れます。

  • 緊急地震速報(推定震度5弱以上の地震の到達が予測される場合)
  • 大津波警報、津波警報発令時
  • 災害対策に関する情報(避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)、土砂災害警戒情報など)
  • その他緊急時(武力攻撃事態など)

サイレンが鳴ったとき

津波警報サイレンによる警報をはじめ、テレビ、ラジオなどを通じて伝えられる各種情報に耳を傾け、情報収集に努めてください。

なお、サイレンは音声でお伝えするシステムのため、強風や雨などの気象条件や、高層建築物などの周辺環境に影響されやすいため、地域や気象条件等によって聞き取りにくい面があります。また、屋内でも住宅の気密性、遮音性の向上により、聞こえない、もしくは聞き取りにくい状況が生じます。大きな地震などがあった直後は、テレビやラジオなど、さまざまな手段を活用して情報を集めましょう。

防災情報ダイヤルの利用について

「防災情報ダイヤル」は津波警報サイレンの放送内容を電話で確認できるシステムです。

また、土砂災害など、津波以外の災害時における避難情報などについても確認できます。

電話番号0143-50-5104※通話料は利用者負担

また、FMびゅー(84.2MHz)でも緊急情報をお知らせします。

津波警報サイレン設置箇所

  設置箇所 場所
1 室蘭港エンルムマリーナ 絵鞆町4丁目2番
2 祝津町 祝津町2丁目11番(消防団第1分団)
3 築地町 築地町138番地(室蘭信用金庫小橋内支店裏)
4 小橋内町 築地町138番地(小橋内下水中継ポンプ場隣)
5 消防署入江支署 海岸町1丁目20番
6 市役所本庁舎 幸町1番
7 舟見町 舟見町1丁目5番(市営舟見団地)
8 御崎町 御崎町2丁目6番(御崎公園)
9 室蘭市市民会館 輪西町2丁目5番
10 翔陽中学校 東町5丁目11番
11 イタンキ生活館 東町3丁目13番
12 下水処理場 寿町3丁目18番
13 公設地方卸売市場 日の出町2丁目3番
14 市営東町弥生団地 東町1丁目28番
15 旧向陽中学校 中島町2丁目22番
16 室蘭市本輪西会館 港北町1丁目6番(サンライフ室蘭隣)
17 崎守町 崎守町99番地(崎守公園)

お問い合わせ

総務部防災対策課防災対策係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2244   ファクス:0143-25-2503
Eメール:bousai@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ