文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 動物・ペット > カラスについて

カラスについて

カラスは「鳴き声がうるさい」、「何羽も止まっていて気味が悪い」などだけでは、むやみに駆除することが出来ません。「鳥獣保護法」により、駆除・捕獲が禁じられています。ただし、繁殖期にカラスが人間に威嚇や攻撃をし、生活環境に影響を及ぼす場合には「鳥獣保護法」に基づく許可を受けて、はじめて駆除することが出来ます。(※卵やヒナがいない巣については、許可なく撤去することが出来ます。)

カラスはヒナを守るために巣の近くを通る人を襲います。子育てが終わると、巣を放棄し、その場から飛び立って行きます。カラスの巣を見つけても生活の中で特に被害がない場合は、巣立つまで見守ってあげて下さい。しかし、何度も威嚇・攻撃などの被害がある場合は、巣の撤去が有効となります。

 

巣の撤去について

個人の建物や土地に巣が作られている場合は、その所有者・管理者において駆除を行ってください。

(注)生活保護受給者の建物・土地については、市の負担で駆除をします。

(注)空き家・空き地については、所有者・管理者に連絡をして、駆除を依頼して下さい。

(注)所有者・管理者が不明であり、連絡が取れない場合は市にご相談下さい。

(注)市の土地や施設については、市が駆除を行いますので、地域生活課(☎25-2382)までご連絡下さい。

 

駆除業者につきましては、下記の通りです。

  • 協業組合室蘭清掃管理センター(☎43-3155)
  • 北海道防疫燻蒸株式会社室蘭事業所(☎24-1251)
  • 環境工機白鳥台事業所(☎83-4379)

 

 

お問い合わせ

生活環境部地域生活課衛生係
住所:〒051-8530 室蘭市海岸町1丁目4番1号
電話:0143-25-2382   ファクス:0143-22-1129
Eメール:eisei@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ