文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 動物・ペット > 攻撃から身を守るためには

攻撃から身を守るためには

カラスからの攻撃は下記の状況で受けやすいため、注意が必要です。

  1. 巣を近くで見続けたり、巣より高い位置に人間がいる場合は、敵と認識して襲い掛かってくることがあります。(建物の屋上やベランダなどで襲われるケースがあります。)
  2. 巣立ちをしたばかりのヒナは上手く飛べずに地面にいることがあります。安易に近づいてしまうと、近くで見守っている親ガラスがヒナを守るために襲い掛かってくることがあります。

カラスが人を襲うときは、人の後頭部を狙って足で蹴飛ばします。ちなみに体の構造上、飛びながらくちばしでつつくことは出来ないようになっています。

そのため、帽子を被ったり、傘を差すなどをして後頭部を守ることが有効です。

比較的にカラスに襲われて直接ケガをするよりも、急に襲われて驚き、転倒したり周りの物にぶつかるなどして、ケガを負ってしまう人が多いようです。

カラスの巣の近くを通る場合は、上記のことに注意し、攻撃から身を守りましょう。

 

(巣の撤去について)

 

お問い合わせ

生活環境部地域生活課衛生係
住所:〒051-8530 室蘭市海岸町1丁目4番1号
電話:0143-25-2382   ファクス:0143-24-7601
Eメール:eisei@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ