文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

市長メッセージ

国が、8月27日から9月12日までの期間としていた北海道への「緊急事態宣言」を9月30日まで延長したことに伴い、道内では、「特定措置区域」に対し現行の対策を継続することを決定しました。室蘭市を含む「一般措置区域」では一定の要件を満たせば、酒類提供を30分延長できるなど若干の制限緩和はあるものの、引き続き市民生活や経済活動への制限が課されます。

市内における感染状況は、減少傾向となっておりますが、道内では若い世代の感染者の割合が多く、依然として、一定数の感染者やクラスターも発生しており、引き続き感染対策を講じる必要があると認識しています。そういった状況を踏まえ、公共施設につきましては、9月30日まで一部の施設を除き原則閉館の対応とします。

また、北海道からも、

1.不要不急の都道府県間の移動、特定措置区域との往来を控える。

2.感染防止対策が徹底されていない飲食店等の利用を控える。

3.食事は4人以内など少人数、短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用する。

4.路上、公園などにおける集団での飲食など、感染リスクが高い行動を控える。

など継続した感染対策への徹底を呼びかけています。

感染力の強い「デルタ株」に全国的に置き換わったと考えられていることや国内で新たな「変異株」が確認されていること、また秋の連休や祝日での人流の活発化が想定されることから、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指消毒」「換気」などの基本的な感染対策のより一層の徹底をお願いします。

室蘭市におけるワクチン接種につきましては、現在、25歳から29歳の方へはがきを発送しており、予約状況を確認し、なるべく早くすべての年代の方へ発送する予定です。関係機関のご協力のもと、市内での職域接種も進んでいることから、ワクチン接種を希望する市民の方へ11月中の接種完了を目指し、しっかりと対応していきます。

 

一人ひとりの他者を思いやる行動が、感染拡大を食い止めることにつながります。ご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

令和3年9月13日 室蘭市長 青山 剛

 

 

お問い合わせ

総務部秘書課秘書係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2164   ファクス:0143-24-7601
Eメール:hisyo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ