文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 学ぶ・遊ぶ > 小・中学校・給食 > 学校給食における非常食の備蓄について

学校給食における非常食の備蓄について

災害対応時の「非常食」を備蓄し、非常時に提供します

平成30年9月に発生した胆振東部地震の経験を踏まえ、室蘭市学校給食センターでは災害時の非常食を備蓄し、災害発生時等に提供します。

備蓄する品はヒートレスカレー(温めなくても食べられるカレー)で、アレルギーの原因となる特定原材料27品目不使用ですので、大半のお子さんが喫食することが可能です。

 

防災への取組み

備蓄するヒートレスカレーの保存期間は5年間となっておりますが、防災への取組みとして、毎年、防災の日(9月1日)がある9月に防災献立を提供し、ローリングストックを図りながら備蓄をして参ります。

防災献立の日は給食センター内で加熱後にお子さんに提供しますが、非常時でライフラインが停止した時はあたためずに提供することとなりますのでご了承下さい。

防災献立は平成31年9月から提供予定ですが、災害等で使用した場合には、防災献立は提供せず、翌年の9月に改めて提供することとなりますのでご了承下さい。

お問い合わせ

教育部学校給食センター学校給食センター
住所:〒051-0036 室蘭市祝津町3丁目6番地100
電話:0143-27-2511   ファクス:0143-27-2512
Eメール:kyusyoku@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ