文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 学ぶ・遊ぶ > 小・中学校・給食 > 学校給食費未収金に係る徴収事務を弁護士に委託します

学校給食費未収金に係る徴収事務を弁護士に委託します

学校給食に係る食材の購入費用は、学校給食法第11条により学校給食を受ける児童又は生徒の保護者が負担することとなっています。

学校給食費を納めていただかないと、給食の安定的な提供に影響があるほか、期限を守って納めていただいている保護者の皆さまとの公平性を保つことができません。

そのため、文書催告を複数回行なっても、自ら納付、または納付相談に応じない者を対象に、受益者負担の公平性の観点から、専門的な法律知識や高い交渉能力を有する弁護士へ事務の一部を委託することとしました。

契約先

みずなら法律事務所(札幌市)

契約日

令和元年7月5日

契約期間

令和元年7月5日から令和2年3月31日

お問い合わせ

教育部学校給食センター学校給食センター
住所:〒051-0036 室蘭市祝津町3丁目6番地100
電話:0143-27-2511   ファクス:0143-27-2512
Eメール:kyusyoku@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ