文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 行政 > 政策・計画 > 複合公共施設整備の検討について

複合公共施設整備の検討について

室蘭市では、「耐震診断結果に基づく公共施設の整備等の考え方」に基づき、耐震性に課題がある施設や老朽化が著しい施設を集約し、中島町の旧向陽中学校跡地に新たな「複合公共施設」の建設を予定しています。

耐震診断結果に基づく公共施設再編整備についてのページへ

複合公共施設とは

耐震性に課題がある「総合福祉センター」や「青少年研修センター」、「中島会館」のほか、他の公共施設に入居している「市民活動センター」を集約し、子供からお年寄りまで多世代が交流できる施設を建設するものです。

平成27年度

施設の整備運営にあたって、民間の創意工夫やノウハウを活かした「DBO方式」を採用し、整備を進めていくこととしています。

このため、民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律に基づき事業者公募を進めていきます。詳細については、下記のページを参照ください。

平成26年度

民間活力を活用した事業手法について(平成27年3月)

複合公共施設は、図書機能や子育て機能、市民活動推進機能、貸館機能など幅広い機能の導入を予定しており、特に、核となる図書や子育て機能において、質の高い市民サービスを提供することが重要となります。

このような複合的な機能について、民間の創意工夫やノウハウを活かし、設計・建設・維持管理・運営を一体的に民間事業者に委ねることで、人員配置の効率化などにより事業に必要な経費を低減しながら、市民サービスの向上につなげる手法等を調査しました。今後は、調査結果に基づき、平成27年度以降の事業推進につなげてまいります。

調査結果の概要については、下記からご覧になれます。

なお、室蘭市複合公共施設基本計画において、導入予定であった「国際コミュニティセンター」については、国内外の姉妹都市交流など市が実施すべき業務もあり、複合公共施設には移転せず、平成30年度の完成にあわせ、本庁舎に移転することとしました。

中島地区都市再生整備計画について(平成27年3月)

複合公共施設整備にあわせて、施設アクセスの向上や歩道のバリアフリー化などの道路整備を盛り込み、中島地区を面的に整備する整備計画を国土交通省に提出しました。今後は、国の支援策等も活用しながら、魅力あるまちづくりを進めていきます。

都市再生整備計画とは、国土交通省の社会資本整備総合交付金における国の制度であり、地域主導の個性あふれるまちづくりを支援するものです。具体的には、市が作成する整備計画に掲載されている事業に対し、交付金により支援するものです。

整備計画の詳細については、下記のリンクよりご覧になれます。

平成25年度

室蘭市複合公共施設基本計画について(平成26年3月)

平成25年度から検討を進めていた基本計画について、市民皆さんのご意見やご要望などを踏まえ、基本計画を取りまとめました。

基本計画は、施設機能や施設計画、外構、敷地利用、施設整備の配慮事項、事業手法などから構成しており、今後の整備に向けた骨格として作成したものです。

施設機能は、集約する施設として、総合福祉センター、青少年研修センター、中島会館の3施設について現施設を廃止し貸館機能や気軽に集える多目的フリースペースなどを確保します。また、市民活動センター、国際コミュニティセンター、子育て相談ふれあいセンターの3つの行政機能については、現機能を維持し施設に入居することとしています。

また、市民皆さんのご意見などを踏まえ、世代間交流を促す新たな機能として、図書機能、子育て機能、カフェ機能を導入することとしました。

基本計画の概要については、下記からご覧になれます。

基本計画の全文、参考資料編は、下記からダウンロードできます。

まちづくり協議会(市民参加のワークショップ)の開催

平成25年度は、今後の整備の骨格となる基本計画の策定を進めます。策定にあたっては、意見交換や、ワークショップ、アンケート等を実施し、市民の声を十分に反映した計画を目指します。

平成25年度まちづくり協議会「複合公共施設検討ワークショップ」の詳細については、下記からご覧になれます。

検討状況(平成25年4月)

複合公共施設の基本的な考え方として、施設整備の目的や配慮事項、各機能の設定の考え方などを取りまとめました。

複合公共施設の基本的な考え方については、下記からご覧になれます。

市民意見を踏まえた検討状況について(平成25年12月)

基本計画策定に向けて、室蘭市では『まちづくり協議会』を実施したほか、『アイデアパネル展&シールアンケート』を開催するなど、市民皆さんのご意見などを伺ってきました。

これらを踏まえた検討状況については、下記からご覧になれます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育部生涯学習課社会教育
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-22-5081   ファクス:0143-22-6602
Eメール:syougaigakusyuu@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ