文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 消防・救急 > 救命処置の手順(心肺蘇生とAEDの使用手順)

救命処置の手順(心肺蘇生とAEDの使用手順)

救命処置の手順(心肺蘇生法とAEDの使用手順)を解説します。

(注)心肺蘇生法(CPR)は「JRC蘇生ガイドライン2015」をふまえた改定を行ない、室蘭市消防署では以下に紹介する改定版による救命講習を2016年7月から行なっています。

1.反応(意識)を確認する

反応の確認

傷病者の耳元で大声で「大丈夫ですか!?」等を呼びかけながら肩をたたき、反応があるかを確認します。

(注)傷病者に近寄る前には、周囲の安全を確認し、状況に合わせて自らの安全を確保してから近づきます。車が通る道路などに人が倒れている場合には、特に注意しましょう。

2.助けを呼ぶ

助けを呼ぶ

反応がなければ、大きな声で「誰か来て!人が倒れています!」と助けを求め、協力者に119番通報AEDの手配を依頼しましょう。

3.呼吸の確認

呼吸の確認

傷病者が「普段どおりの呼吸」をしているかどうかを確認します。

  • 傷病者のそばに座り、10秒以内で傷病者の胸や腹部の上がり下がりを見て、普段どおりの呼吸をしているか判断します。
  • しゃくりあげるような、途切れ途切れにおきる呼吸が見られることがありますが、その場合には「普段どおりの呼吸」ではありません。

(注)「普段どおりの呼吸」かどうかの判断が10秒以内につかない迷う場合は、呼吸停止と判断し、胸骨圧迫を開始して下さい。

4.胸骨圧迫

胸骨圧迫

傷病者に普段どおりの呼吸がないと判断したら、ただちに胸骨圧迫を開始します。

  • 小児1歳以上15歳未満に対しては、両手または片手で、胸の厚さの3分の1までしっかり圧迫します。
  • 乳児(1歳未満)に対しては、指2本を用いて、胸の厚さの3分の1までしっかり圧迫します。また、胸骨圧迫よりも早く人工呼吸を行なえるのであれば、人工呼吸から心肺蘇生を開始しても構いません。

胸の真ん中を、重ねた両手で「強く、速く、絶え間なく」圧迫します。

  • 肘をまっすぐに伸ばして手の付け根の部分に体重をかけ、傷病者の胸が約5センチ沈むまで強く圧迫します。
  • 1分間に100~120回の速いテンポで30回連続して絶え間なく圧迫します。
  • 圧迫と圧迫の間(圧迫を緩めるとき)は、胸がしっかり戻るまで十分に力を抜きます。

5.人工呼吸(口対口人工呼吸)

人工呼吸

30回の胸骨圧迫終了後、口対口人工呼吸により息を吹き込みます。

(1)気道確保:傷病者の喉の奥を広げて空気を肺に通しやすくします。片手を額に当て、もう一方の手の人差し指と中指の2本をあご先(骨のある硬い部分)に当てて、頭を後にのげぞらせ(頭部後屈)、あご先を上げます(あご先挙上)。

(2)人工呼吸:気道を確保したまま額に当てた手の親指と人差し指で傷病者の鼻をつまみ、口を大きく開け傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、息を約1秒かけて吹き込み、胸が持ち上がるのを確認します。同じ要領で2回人工呼吸を行ないます。

乳児への人工呼吸では、口対口人工呼吸を実施することが難しい場合があります。この場合は、傷病者の口と鼻を自分の口で覆う口対鼻人工呼吸を行ないます。

  • もし、胸が上がらない場合でも、吹き込みは2回までとし、すぐに胸骨圧迫に進みます。
  • 傷病者の顔面や口から出血している場合や、口と口を直接接触させ人工呼吸を行なうことがためらわれる場合には、人工呼吸を省略し、胸骨圧迫のみを続けます。
  • 胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせ(30対2のサイクル)を、救急隊に引き継ぐまで絶え間なく続けます。

6.AEDの到着と準備

AEDの到着と準備

  • 心肺蘇生を行なっている途中で、AEDが届いたらすぐにAEDを使う準備を始めます。
  • AEDの電源が入ると実施すべきことを指示してくれますので、落ち着いてそれに従って下さい。
  • 可能であれば、AEDの準備中も心肺蘇生を続けて下さい。

(1)AEDを傷病者の近くに置き、電源ボタンを押します。ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります。電源を入れたら、以降は音声メッセージと点灯するランプに従って操作します。

(2)傷病者の衣服を取り除き胸をはだけ、電極パッドを表示位置にしっかりと貼り付けます。機種によっては電極パッドのケーブルをAED本体の差込口(点灯している)に入れるものがあります。

  • 電極パッドは、胸の右上(鎖骨の下)および胸の左下側(脇の5から8センチ下)の位置に貼り付けます。小児用電極パッドの中には、胸と背中に貼るタイプのものもあります。電極パッドを貼り付ける際にも、可能であれば胸骨圧迫を継続してください。
  • 電極パッドは、肌との間にすき間を作らないよう、しっかりと貼り付けます。アクセサリーなどの上から貼らないよう注意します。
  • 成人用と小児用の2種類の電極パッドが入っている場合や、成人モードと小児モードの切り替えがある機種があります。その場合、小学生以上には成人用の電極パッド(成人モード)を使用し、未就学児には小児用の電極パッド(小児モード)を使用してください。成人には小児用電極パッド(小児モード)は使用しないでください。

7.心電図の解析

心電図の解析

電極パッドを貼り付けると「体に触れないでください。」などと音声メッセージが流れ、自動的に心電図の解析が始まります。

周囲にいる人に「みなさん、離れて!」などの注意を促し、誰も傷病者に触れていない事を確認します。

8.電気ショック

電気ショック

AEDが電気ショックを必要と判断すると「ショックが必要です」などの音声メッセージが流れ、自動的に充電が始まります。

充電が完了すると「ショックボタンを押してください」などの音声メッセージが出て、ショックボタンが点灯し、充電完了の連続音が出ます。

充電が完了したら、「ショックを行ないます、皆さん離れて!」と注意を促し、自分も含め、誰も傷病者に触れていない事を確認しショックボタンを押します。

9.心肺蘇生の再開

心肺蘇生の再開

電気ショックが完了すると「ただちに胸骨圧迫を開始してください」などの音声メッセージが流れますので、これに従って胸骨圧迫を再開します。

心肺蘇生を再開して2分ほど経ったら、再びAEDが心電図の解析を行ないます。音声メッセージに従って傷病者から手を離し、周りの人も、傷病者から離れます。

以降は、<7心電図の解析、8電気ショック、9心肺蘇生の再開>の手順を、約2分間おきに繰り返します。

10.救急隊への引継ぎ

救急隊への引継ぎ

救急隊が到着したら、傷病者の倒れていた状況、実施した応急手当、AEDによる電気ショックの回数などを出来るだけ伝えます。

救急隊が到着したからといって、すぐに胸骨圧迫を中断することはせず、胸骨圧迫を引き継ぐ指示が救急隊から出るまでは、しっかりと継続してください。

今回の改定による変更点

「JRC蘇生ガイドライン2015」の改定による救命処置の変更点

  1. 胸骨圧迫の深さは「少なくとも5センチ沈むよう」から「約5センチ沈むまで」に変更
  2. 胸骨圧迫のテンポは1分間に「少なくとも100回」から「100~120回」に変更

(注)ガイドラインの改定による変更点は、これまでの救命処置を否定するのではなく、より良い方法として推奨しています。必要があればガイドライン2010以前の方法でも自信を持って行動し、救命に役立てることが重要です。

室蘭市救命講習会について

ここで紹介した救命処置の手順を含め、室蘭市消防署では、心停止の予防、気道異物の除去、止血法など、応急手当についての講習会を定期的に開催しております。

詳しくは「救命講習会の案内」にて紹介しております。大切な人の命を救うための知識と技術を、救命講習で身につけましょう。

救命講習会の案内のページへ

 

お問い合わせ

消防本部消防署救急係
住所:〒050-0083 室蘭市東町2丁目28番7号
電話:0143-43-0119   ファクス:0143-41-4649
Eメール:fire-syo-kyuukyuu@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ