文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 飲食店等の消火器の設置義務が強化されます

飲食店等の消火器の設置義務が強化されます

平成28年12月に発生した糸魚川市大規模火災の教訓を踏まえ、小規模な飲食店に対する消火器の設置義務が強化されます。

改正2018年(平成30年)3月28日

施行2019年10月1日

新たに消火器が必要となる飲食店について

飲食店で、次のすべてに該当する場合は、消防法施行令第10条に基づき、消火器の設置が義務付けられます。

1.建物の延面積が150平方メートル未満

(建物全体の面積が150平方メートル以上の場合は、従前から設置が必要です。)

2.業として飲食物を提供するため、こんろなどの火を使用する設備や器具を設けている。

こんろなどの火を使用する設備又は器具に、防火上有効な措置(調理油過熱防止装置など)が講じられている場合は消火器の設置が免除されます。

防火上有効な措置とは

「調理油過熱防止装置」「自動消火装置」「カセットコンロ圧力感知安全装置」等の装置を設けることをいいます。

消防用設備等の点検・結果報告について

今回の消防法令改正により、新たに設置した消火器は、消防法第17条の3の3に基づき6か月ごとに点検し、1年に1回消防署に報告することが義務となります。

点検と報告のための消火器点検・報告用アプリがあります。

消火器点検アプリは

GooglePlay・AppStoreからダウンロードできます。

消火器点検報告支援パンフレット(消防庁)(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

消防本部予防課 
住所:〒050-0083 室蘭市東町2丁目28番7号
電話:0143-41-4133   ファクス:0143-41-4680
Eメール:yobou@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ