文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 消防・救急 > 停電時の火災予防

停電時の火災予防

停電になった場合、思わぬ状況で火災が発生する場合があります。停電時の火災予防として、次のことに注意しましょう。

市民の皆様へ

1.電化製品からの出火防止に関すること

アイロンやドライヤー、電子レンジ等の電熱機器は、確実にスイッチを切りコンセントから外して下さい。スイッチを切り忘れた場合は、停電復旧後に電熱機器が稼動する、あるいは一時的な過電流により火災が発生する恐れがあります。また、長時間外出する際は、ブレーカーを落としてから外出することをお勧めいたします。

2.照明の使用に関すること

懐中電灯等の照明器具は、電池で使用できる物をあらかじめ用意するとともに、電池を確認しておきましょう。ろうそくを使用する場合は、転倒などによる火災発生に十分ご注意していただくとともに、火を確実に消してから離れるようにしましょう。また、閉め切った場所で一度に多くのろうそくを使うと、一酸化炭素中毒になる可能性がありますので、十分な換気を行なうよう注意して下さい。

3.119番通報に関すること

停電中は、機種によってはご自宅の固定電話から119番が掛からなくなるおそれがあります。火事や救急など、緊急の場合は、携帯電話などから通報して下さい。また、万が一の停電時にも使用できるよう、携帯電話は充電しておいて下さい。

4.緊急車両に関すること

信号停止による交通渋滞が予想されるため、要請から緊急車両が到着されるまでに時間を要する場合があります。また、緊急車両の通行にご協力をお願いします。

5.在宅患者居住宅に関すること

自宅で人工呼吸器などの医療機器を使用されている場合は、予備バッテリーなどの代替電源の準備や、掛かりつけ病院等との連携を密にし、事故予防に努めてください。

6.一酸化炭素中毒に関すること

室内など狭い空間で、練炭や炭を燃料とした七輪、小型発電機などを使用すると一酸化炭素中毒になる可能性がありますので、取扱説明書をご確認いただき、安全なご使用をお願いします。

少しでも体調に異変を感じたら、使用を中止するとともに十分な換気を行ない、必要があれば救急車を要請してください。

事業所の皆様へ

1.停電中における消防用設備等の対応について

電源が必要な各種消防用設備等及び特殊消防用設備等は、非常電源の容量を超えて停電が続く場合、有効に機能しなくなる状況が考えられます。このことを踏まえ、事前に停電中の防火安全の確保に努められるようお願いします。

○屋内消火栓設備、スプリンクラー設備など

消火器の位置の周知徹底を行なうと共に、火災発生時に適正に使用できるよう、充分再確認を行なって下さい。

○不活性ガス(二酸化炭素、窒素)消火設備、ハロン消火設備など

起動用ボンベの容器弁開放等の手動による放出操作の手順、場所を再確認して下さい。

○自動火災報知設備やガス漏れ火災警報設備など

停電により機能停止となった場合は、巡回警戒等の警戒態勢を確立するとともに、火災の早期発見、周知連絡体制について再確認して下さい。

○誘導灯

建物関係者、自衛消防隊等による避難誘導体制と避難施設、避難経路について周知徹底するとともに、適宜避難訓練等を行なってください。

○特殊消防用設備等及びその他の防災設備

個々の性能等に応じた対応手段を再確認して下さい。

2.消防用設備等の非常電源の対応について

消防用設備等の非常電源は機能確保に努めるとともに、機能損傷等を生じないように維持管理等の徹底を図って下さい。

○操作手順の確認

始動、または停止操作で、手動操作が必要となる非常電源を設置している場合は、操作手順の確認周知を行なって下さい。

○運転中の機器及び機能損傷の防止

停電中の稼働超過等による自家発電設備の燃料切れや蓄電池設備の過放電等による機器、または機能に損傷を生じさせないよう監視及び管理を徹底して下さい。

○停電復旧、再通電後の早期復旧

再通電後は、必要な燃料確保(補給)等により、早期に復旧させて下さい。燃料給油時は、自家発電設備等の運転停止を確認し、燃料の飛散、漏洩等に注意して下さい。

3.危険物施設に関すること

製造所等の危険物施設における火災予防の徹底及び自家発電設備の燃料補給に伴う取扱い等を踏まえ、次の事項に留意し、事故防止対策に万全を期して下さい。

○保安管理

製造所等の施設が停電となった場合に備えて、停電時の対処方法について再確認して下さい。

○自家発電設備の点検や試運転等の留意事項

自家発電設備の稼動に備えた関連設備の点検や試運転を行なう場合は、発電設備のサービスタンク、配管等の損傷、漏油等が発生しないことを確認して下さい。

○プラント等における安全対策

停電により計装制御系統の機能停止、冷却機能の停止に伴う反応制御不能等が起こり、プラント工程に異常が発生したり、他の用役施設も停止する危険があることを踏まえ、制御電源を確保するとともにプラントの緊急停止等に際して、確実にバルブ等が閉鎖できるよう手順について再確認して下さい。

4.高圧ガス施設に関すること

停電中は設備に異常が発生していないことをパトロール等で確認して下さい。

停電復旧後は、バッテリー等の各消耗品を点検し保安機器等が正常に作動することを十分に確認した上で、設備を稼働して下さい。

 

お問い合わせ

消防本部予防課 
住所:〒050-0083 室蘭市東町2丁目28番7号
電話:0143-41-4133   ファクス:0143-41-4680
Eメール:yobou@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ