文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 消防・救急 > 住宅用火災警報器の設置が義務化されています

住宅用火災警報器の設置が義務化されています

平成16年6月に消防法が改正され、平成18年6月1日から新築住宅に、平成23年6月1日からは、既存を含めたすべての住宅への設置が義務化されました。

まだ設置していないかたは、自分の、そして家族の命を守るために、必ず設置しましょう。

対象となる住宅

戸建住宅、共同住宅、店舗等併用住宅、雑居ビル等の中にある住宅部分など、新築、既存に関わらず、すべての住宅が対象となります。

住宅用防災機器

住宅用火災警報器や住宅用火災報知設備のことです。煙や熱を感知して、警報音や音声で火災をいち早く知らせてくれます。電源は、AC電源または電池があり、電池の寿命は約1年から10年と製品によって異なります。価格は、1個あたり数千円程度ですが、無線連動機能付きのものは1万円前後~となります。

設置する人

住宅の関係者で、所有者(家主等)、管理者(管理人、管理会社等)、占有者(住人)のいずれかのかたが設置します。

取扱店検索

住宅防火対策推進協議会または日本火災報知機工業会のホームページにリストが掲載されています。

住宅防火対策推進協議会のホームページへ(外部サイトへリンク)

一般社団法人日本火災報知機工業会のホームページへ(外部サイトへリンク)

住宅用火災警報器の訪問販売には、クーリング・オフ制度が適用されます。悪徳商法、不適正な取引には、十分ご注意ください。何か不審に思われたり、不安を感じたりしたら、消防本部予防課(電話:0143-41-4133)または室蘭消費者協会(電話:0143-23-1580)までご連絡ください。

設置する場所(天井または壁に設置します)

  • 寝室(普段、就寝に使用している部屋)に設置します。
  • 寝室が2階以上にある場合は、その階から直下階に通じる階段の上端に設置します。
  • 寝室が3階以上にある場合は、寝室がある階から2階下の階段の下端に設置します。
  • 寝室が1階だけにある場合は、居室が3階以上にあれば、その最上階から直下階に通じる階段の上端に設置します。
  • 上記のいずれにも該当せず、7平方メートル以上の居室が5以上ある階の廊下

警報が鳴った時の対処方法

火災以外で警報が鳴った場合は、取扱い説明書に記載された、「警報停止」ボタンを押すなどの操作により対処します。

取扱い説明書がない場合は、日本火災報知器工業会ホームページで、対処方法がメーカー別に掲載されているのでご覧ください。

一般社団法人日本火災報知機工業会のホームページへ(外部サイトへリンク)

定期的に点検・清掃を

  • 「住宅用火災警報器」にホコリなどが付くと火災を感知しにくくなります。
  • 半年に1回は掃除機等でホコリを取り、定期的に作動点検を行ないましょう。

 

お問い合わせ

消防本部予防課 
住所:〒050-0083 室蘭市東町2丁目28番7号
電話:0143-41-4133   ファクス:0143-41-4680
Eメール:yobou@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ