skip to main content
  1. HOME
  2. 診療科・部門の紹介
  3. 臨床検査科

臨床検査科

臨床検査科について

当科は、検体検査部門、生体検査部門、臨床工学部門の3部門で構成され、それぞれが専門性を発揮するなかで、検査の質の向上を目指すとともに、迅速・正確なデータを提供し、安心・信頼される診療支援体制の確立を目指しています。

検体検査では、血液や尿、体腔液、組織などに含まれる色々な成分を調べたり、病原微生物やがん細胞の検索などを行っています。生体検査では、心電図や超音波検査、呼吸機能検査、脳波検査、眼科関連検査、耳鼻科関連検査など、直接患者さんに対して行っています。臨床工学は、透析業務をはじめとする血液浄化業務、心臓ペースメーカー関連業務、内視鏡検査や眼科手術の補助、人工心肺装置や輸液ポンプなど医療器械の管理などを行っています。

どんな時に検査をするの?

 次の1~6の目的で検査をしますので、同じ検査を短期間の間に複数回行う場合もあります。

  1. 診療の補助
    1. 危険因子や病原体の検査
    2. 障害の部位・範囲・程度・性質の検査
  2. 治療薬などの有効性のモニター
  3. 治療効果のモニター
  4. 治療法の副作用の監視と評価
  5. 治療の判定
  6. 予後の判定

検体検査部門

検体検査部門
生化学検査肝機能検査、腎機能検査、糖尿病関連検査、腫瘍マーカー検査など
一般検査検尿(タンパク、糖など)や大腸がんのスクリーニング検査である便潜血反応検査など
血液検査血球(赤血球、白血球、血小板)の数や形態、止血機能検査など
輸血・血清検査アレルギー検査(委託)、膠原病などを診断する抗核抗体検査、輸血に関わる検査など
微生物検査肺炎や尿路感染症などの原因となる病原微生物を検索する検査など
病理検査体の組織の一部や喀痰などに含まれる細胞を染色し、がんの有無や病態を調べる検査など

生理検査部門

生理検査部門
循環機能検査心電図・ホルター心電図・脈波検査など、循環器障害の有無や心臓の機能を評価するための検査など
呼吸機能検査肺活量・呼吸抵抗など、肺や気管系の機能を評価するための検査など
超音波検査人間の耳には聞こえない高い周波数の音波の反射波からの画像により、心臓や腹部の形態的・機能的診断をする検査など
脳波検査大脳の神経細胞群の活動電位を体表から導出して記録した波形から、機能的異常や器質的障害を評価する検査など
神経・筋系検査筋肉の収縮に伴って変化する活動電位を記録した波形(筋電図)や末梢神経を電気的に刺激して得られる波形(誘発筋電図)から神経・筋疾患の評価をする検査など
耳鼻科関連検査聴力検査や平衡機能検査(めまいの検査)・重心動揺計検査などを耳鼻科外来の検査室で実施しています。
眼科関連検査屈折検査や眼底カメラ、眼圧検査、視野検査などを眼科外来で実施しています

臨床工学部門

臨床工学係について

臨床工学部門
人工透析室人工透析、血球吸着療法など
急性血液浄化持続緩徐式血液透析濾過、血液吸着療法、腹水濾過濃縮など
ペースメーカープログラマーの操作、遠隔モニタリング、MRI対応など
※国内全メーカーの製品に対応
血管造影室各種カテーテル検査および治療の診療補助
内視鏡室内視鏡検査の診療補助
眼科特殊処置室硝子体注射療法における診療補助
手術室手術関連機の準備、操作、各種点検業務
医療機器管理輸液・シリンジポンプ、心電図モニター、人工呼吸器、除細動装置など各種業務で使用する機器の中央管理

臨床検査科 病理医の紹介

今 信一郎(こん しんいちろう)

今 信一郎(こん しんいちろう)
役職
副院長(兼部長)
出身大学・卒年
札幌医科大学 1980年卒
資格/専門分野
日本病理学会病理専門医、日本病理学会病理専門医研修指導医、日本病理学会評議員、 日本臨床細胞学会細胞診専門医、北海道臨床細胞学会理事、札幌医科大学非常勤講師、臨床研修指導医
患者の皆様に一言
病理医って御存知ですか?顕微鏡を使って病気の診断をしています。

小西 康宏(こにし やすひろ)

小西 康宏(こにし やすひろ)
役職
科長
出身大学・卒年
札幌医科大学 1990年卒
資格/専門分野
日本病理学会病理専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医
患者の皆様に一言
病理医は患者さんのなじみはうすいかもしれませんが、縁の下に立って頑張ろうと思います。