skip to main content
  1. HOME
  2. 診療科・部門の紹介
  3. 脳神経外科

脳神経外科

脳神経外科について

診療内容と特徴

西胆振地域、唯一の総合病院における脳神経外科として他の医療施設や他の診療科と連携、協力して最新かつ高度な医療を提供しています。緊急疾患(脳卒中をはじめ頭部外傷、脊髄損傷)に対しては昼夜を問わず緊急手術で対応しています。慢性的な「手足のしびれや痛み」は神経系全体にわたる原因が考えられます。その原因となる、脳や脊椎脊髄疾患および末梢神経疾患を幅広く治療しています。

対象患者

主な症状

頭痛、めまい、頚部・肩の痛み、腰痛症、下肢痛、手足や顔のしびれ、運動麻痺、呂律が回らないなど

主な病気

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、頭部外傷、脊髄損傷、脳腫瘍、脊椎・脊髄疾患、顔面けいれん、正常圧水頭症、てんかん、慢性難治性疼痛など

治療法

脳卒中・頭部外傷などの診断および治療を24時間救急医療体制にて行っています。MRI、CT、DSA(血管X線撮影装置)など最新の医療機器により脳、脊髄の診断を行い、特に脳卒中の予防に力を入れています。近年、治療可能な認知症といわれる特発性正常圧水頭症に対しても、積極的に鑑別診断、治療を行っています。また、慢性難治性疼痛(脳卒中後疼痛、脊椎手術後疼痛など)で薬物治療が奏効しない患者さんに対して脊髄刺激療法(SCS)を積極的に行っています。しびれや痛みで困っている患者さんは一度ご相談ください。

診療スタッフ

大山 浩史(おおやま ひろし)

大山 浩史(おおやま ひろし)
役職
部長
出身大学・卒年
札幌医科大学 1992年卒
資格/専門分野
日本脳神経外科学会専門医、日本脳神経血管内治療学会専門医、日本救急医学会専門医、日本DMAT隊員、ICLSインストラクター、JPTECインストラクター

小浜 郁秀(こはま いくひで)

小浜 郁秀(こはま いくひで)
役職
部長[脊椎・脊髄担当]
出身大学・卒年
札幌医科大学 1992年卒
資格/専門分野
日本脊髄外科学会認定医、日本脳卒中学会専門医、日本脳神経外科学会専門医
患者の皆様に一言
一人一人に丁寧な診察と治療を行います。