skip to main content
  1. HOME
  2. 診療科・部門の紹介
  3. 形成外科

形成外科

形成外科について

診療内容と特徴

形成外科ではけが、やけど、顔の骨折傷ややけどのあと治りにくい傷の治療皮膚、皮下のできもの陥入爪や巻爪顔や体の変形・欠損、顔面神経麻痺眼瞼下垂症うまれつきの体表の変形など形成外科領域全般を扱っています。

基本的に、手術加療を中心に行っています。皮膚腫瘍の視診での診断を希望される場合は皮膚科への受診をおすすめしています。

治療法

手術の他、レーザー治療なども行っております。詳細は診療内容の項目をクリックしてください。

当院で対応困難な手術が必要な際には治療可能な施設への紹介をさせていただきます。

膠原病など、自己免疫疾患に伴う潰瘍の入院治療は行っておりません。入院治療が必要な際はかかりつけの医師にご相談ください。

治療実績

手術実績詳細はココをクリック

診療スタッフ