skip to main content
  1. HOME
  2. 診療科・部門の紹介
  3. 看護局
  4. 看護局(認定看護師)

看護局(認定看護師)

認定看護師について

認定看護師とは、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできることが認定された看護師をいいます。看護現場において実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献しています。市立室蘭総合病院では、7名の認定看護師が活躍しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師紹介

西谷 美香(にしや みか)

西谷 美香(にしや みか)

褥瘡など創傷管理、ストーマ・失禁に対する排泄管理を行い、患者さん家族を含めセルフケアにむけた支援を行うことが皮膚排泄ケア認定看護師の役割です。

看護の中でスキンケアは欠かせないものですが、疾患・治療の影響でスキントラブルとなることもあり苦痛や不安の増大となってしまうことがあります。スキントラブルを予測した予防ケア、スキントラブルの改善には、日々のケアの積み重ねが重要となってきます。

そのため、病院内を横断的に対応できる体制をとっており、褥瘡予防ケアから、テープ固定、栄養チューブや治療に必要なドレーン挿入によるもの、失禁などによるさまざまなスキントラブル、ストーマケアに対し迅速にケア介入して適切なケアを提供していくことと考えています。

スキンケアに関することでお困りのことがあれば、お気軽に質問やご相談していただき早期解決となるサポートができるよう活動を行っていきたいと思っております。

がん化学療法看護認定看護師紹介

対馬 理佳(つしま りか)

対馬 理佳(つしま りか)

私は現在「外来化学療法室」に勤務し、抗がん剤の点滴治療にあたっています。

抗がん剤の治療を受けられる患者さんは、病気や治療に伴う様々な副作用、生活面での不安など、たくさんの悩みを持っています。そのおひとりおひとりの声に耳を傾け、「安心・安全・確実」に治療が受けられるように、サポートしています。

また、抗がん剤治療や看護について理解を深め、患者さんやご家族に対してより良い看護が提供できるように外来・病棟スタッフへの教育も行っています。

さらに医師・薬剤師・MSW・栄養士など、院内の多職種との連携した「チーム医療」で、それぞれのがん患者さんやご家族に最適な医療や看護の提供を目指しています。

抗がん剤治療や看護に関することで何かお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

感染管理認定看護師紹介

荒木 大輔(あらき だいすけ)

荒木 大輔(あらき だいすけ)

感染管理認定看護師は、「院内に出入りする人全てを感染から守る」という役割を担っています。私は2012年に資格を取得、現在は感染防止対策室に所属し、専従看護師として活動しています。

組織のメンバーと協力し、院内ラウンドを中心に職員からの感染対策に関する相談・支援、データの収集と分析・フィードバック、各種教育などを通し、安心・安全な医療が提供できるような病院環境づくりを職員一人ひとりが意識できることを目標に日々努力しています。また、西胆振の各医療機関とも連携し、カンファレンスの開催や相互評価を実施し、地域で一丸となった感染対策の底上げにも努めています。

日常業務では直接患者さんと関わることは少ないですが、院内全体の関わりの中で、組織横断的に仕事ができることにとてもやりがいを感じている毎日です。

緩和ケア認定看護師紹介

磯貝 英利子(いそがい えりこ)

磯貝 英利子(いそがい えりこ)

緩和ケアは、がんと診断された時から病気の全期間を通して行うケアを指し、看護師だけではなく様々な職種が連携することで患者さんやご家族に、癒しやケアを行うとされています。

当院には経験豊富な多職種による「緩和ケアチーム」があり、その人の価値観や意志を尊重した関わりを通し、人生の選択の幅をできるだけ広げ支えるケアを行っています。

私も、そのチームの一員として「我慢せず少しでも今まで通りの普通の生活を取り戻す」ように、お手伝いをさせていただきたいと考えています。

救急看護認定看護師紹介

矢野 明美(やの あけみ)

矢野 明美(やの あけみ)

2014年に救急看護認定看護師を取得しました。

救急看護は病態の緊急度・重症度を基軸として、少ない情報から患者の状態を判断し急激な状態変化に即応した看護援助を行うことを目的としています。

不安を持ちながら救急外来に受診される患者さん、家族を含めた看護ケアを行うことができるように日々業務を行っています。

今後は認定看護師の基本である「実践・指導・相談」を、救急分野で行っていく予定です。救急看護に興味のある方、一緒に働きませんか?

集中ケア認定看護師紹介

斎藤 るり子(さいとう るりこ)

斎藤 るり子(さいとう るりこ)

集中ケア認定看護師の役割は、生命の危機状態にある患者への重篤化の回避と早期離床を行い急性期から退院後のQOLを見据えたケアを提供することです。

集中ケアを必要とする患者さんは、全身状態が変化しやすい時期です。的確なフィジカルアセスメント、エビデンスに基づいたケアを提供し、常に患者さんの側にいる看護師として、どの様な場面でも、患者さんの安全・安楽を確保し苦痛緩和のための援助が出来るよう努力しています。

今後は認定看護師として、急性期看護全体の看護の質の向上を目指し自己研鑽し、より良いチーム医療が提供でいるよう活動していきたいと思います。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師紹介

菅原 大輔(すがわら だいすけ)

菅原 大輔(すがわら だいすけ)

脳卒中は、脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血・脳血管奇形などの総称です。

発症すれば、意識障害・運動機能障害・言語障害・高次脳機能障害など様々な後遺症を抱え、今までの生活が一変します。 「話す」「食べる」「歩く」「排泄」など多くの日常生活が送れなくなり、「自分らしさ」が損なわれ、自暴自棄になる患者さんや患者本人への接し方に戸惑うご家族に多く出会いました。 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、「自分らしさ」が損なわれた患者さんの生活を再構築し、自立した生活や社会復帰を目指して支援していきます。

脳卒中の重症化・合併症予防のケア、病状に応じた早期リハビリテーションの介入など、様々な医療職者と協働し、地域とも連携しながら、常に患者さんとご家族の支援者として活動していきたいと思います。

摂食・嚥下障害看護認定看護師紹介

岩本 高始(いわもと たかし)

岩本 高始(いわもと たかし)

私は2018年に摂食・嚥下障害看護認定看護師の資格を取得しました。現在は一般病棟で勤務しています。

摂食・嚥下とは食べ物を目で見て、手で口に運び、歯で噛み(咀嚼)、飲み込み(嚥下)、食道へと送り込む過程のことです。

摂食・嚥下障害看護認定看護師は、摂食・嚥下障害により「口から食べること」が困難となった方に対して、飲み込みの評価を行い、その方の能力を最大限に発揮できるように訓練を進めながらその方に適したお食事の形態なども考えていきます。そして、一人でも多くの方に「好きな物を口から食べる幸せ」をお届けできるよう最善を尽くします。ご自身はもちろん、ご家族や知人の方で飲み込みや栄養管理など不安のある方に手助けをさせて頂きたいと思います。どうぞお気軽にご相談下さい。また、市民公開講座などを通して地域の皆様との関わりも大切にしていきたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。