skip to main content
  1. HOME
  2. 診療科・部門の紹介
  3. 看護局
  4. 教育委員会

看護局・教育委員会

教育目的

看護局理念に基づき、それぞれのキャリア開発を支援し、豊かな人間性や看護観を育みながら、自律した看護師を育成します

教育目標

  1. 自治体病院として、地域医療の質の向上に貢献できる看護師の育成を目指します
  2. 倫理的視点にたった思いやりのある看護を実践できる看護師の育成を目指します
  3. 医療や看護を取り巻く環境の変化に対応できる看護師の育成を目指します
  4. 専門職としての自覚を持ち、責務を果たすため、主体的に学習を継続できる看護師の育成を目指します

教育体制の概念図

教育体制の概念図

各研修について

新人研修

基礎看護技術の講義・演習や医療安全・感染対策・BLS・ME機器・基礎看護技術などについて、医師・薬剤師・検査技師・理学療法士など多職種に講師を依頼しより専門的な知識を習得します。

卒後2か月研修

プリセプターの協力のもと基礎看護技術の実践と評価を行います。ディスカッションを通し同期で悩みや不安を語り合い、リフレクションの機会ともなります。

卒後3か月研修

看護倫理、看護過程、医療安全、感染対策、麻薬・輸血の取り扱い、ポジショニング、口腔ケア、ストーマケア、メンタルヘルスについて学びます。グループワークを通して3か月を振り返り、自己課題を明確にしていきます。

卒後6か月研修

看護倫理、看護過程、医療安全、感染対策、急変時対応、エンゼルケアなどについて学びます。演習・グループワークを中心に学びを深めます。

卒後1年研修

褥瘡管理、化学療法、看護過程などの講義・グループワークと多重課題に取り組みます。1年間を振り返ります。

卒後2年研修

看護倫理、看護過程、医療安全、リーダーシップについて学びます。活発なグループワークを通して、自他の成長を実感する機会ともなります。

卒後3年研修

卒後研修プログラムの最終過程です。看護倫理、医療安全、看護研究、リーダーシップ、プリセプターシップについて学びます。

リーダーシップ研修

卒後4〜9年目の看護師を対象に実施します。目標達成に参画するうえで必要なリーダーシップとは何かグループワークで学びを深めます。

ステップアップ研修

経験年数10年以上の看護師を対象に実施します。フィジカルアセスメント・医療安全・感染対策・看護倫理など様々なテーマで企画しています。

キャリアサポート研修

キャリアを持って当院に入職された看護師の皆さんが不安なく働くことができるよう、希望に沿ったプログラムで研修を行っています。内容は福利厚生・医療安全・感染対策・看護技術・看護記録・ME機器・電子カルテ操作など多岐に渡ります。

看護補助員研修

年2回開催します。実務に活かせるよう倫理的配慮・医療安全・患者移送などをテーマに講義・演習を実施しています。