skip to main content
  1. HOME
  2. 東日本大震災における当院の取り組み

東日本大震災における当院の取り組み

平成23年3月11日 14時46分 大きな地震が、東北・関東を襲いました。

それに続いた巨大な津波、火災、原子力発電所の事故などによって、多くの人々が命を奪われ、家族を、住む場所を、働く場所を失いました。

被災された皆様に謹んでお見舞いを申しあげます。

室蘭市は、史跡南部陣屋跡が物語るように最初に岩手県の人々が、続いて、東西のお隣の登別市、伊達市などと同じく宮城県の入植者がまちの礎を築いた、東北・関東地方と御縁の深い都市です。このたびの被災地はどこも室蘭市の父祖の地です。

市立室蘭総合病院に働く私たちは、地震の直後ただちに、「今、私たちにできるすべてを被災地の人々のために」を合言葉に、被災地の応援体制に入りました。

被災地から来られた方への情報と市立室蘭総合病院の取り組みをご紹介いたします。

被災地から当院に来られた方はお申し出ください

  • 被災された方は保険証がなくても診療をうけられます。
  • 被災地から来られた方は自己負担が免除される場合があります。
  • 被災地から来られた方のご相談は医療相談係へどうぞ。

市立室蘭総合病院は、東北太平洋沖地震の被災地を応援します

平成23年 3月11日
市立室蘭総合病院DMAT(災害支援医療チーム)が出動しました。
平成23年 3月13日
被災地に連帯して節電をはじめました。
平成23年 3月13日
応援情報と来院者へのご協力お願いを掲示しました。
平成23年 3月24日
来院者からいただいた義援金をとりまとめ(1回目)日本赤十字社に届けました。
平成23年 3月24日
災害支援ナース2名が出発しました。
平成23年 3月28日
職員の義援金を日本赤十字社に届けました。
平成23年 3月31日
来院者からいただいた義援金をとりまとめ(2回目)日本赤十字社に届けました。
平成23年 4月14日
医療救護班を気仙沼市に派遣しました。
平成23年 4月15日
来院者からいただいた義援金をとりまとめ(3回目)日本赤十字社に届けました。
平成23年 5月09日
来院者からいただいた義援金をとりまとめ(4回目)日本赤十字社に届けました。
平成23年 5月17日
来院者からいただいた義援金をとりまとめ(5回目)日本赤十字社に届けました。
平成23年 5月31日
来院者からいただいた義援金をとりまとめ(6回目)日本赤十字社に届けました。
平成23年 6月 5日
こころのケアチームを気仙沼市に派遣しました。