skip to main content
  1. HOME
  2. 「臨床研究」に関するお知らせ

「臨床研究」に関するお知らせ

消化器内科

切除不能肝細胞癌のレンバチニブ治療における有害事象発症と治療効果に及ぼす影響

研究対象期間
2018年7月から2021年4月まで
対象疾患
対象期間内に当院でレンバチニブを投与された局所療法の適応のない肝細胞癌患者さん
研究期間
2021年10月30日まで

本研究は匿名化データを使用していますので、個人情報漏洩の危険はありません。
  この研究で得られたデータは、他の目的で使用することはありません。
  本研究にデータを使用してほしくない方はご連絡下さい。

クローン病におけるアダリムマブの短期効果とその背景因子に関する検討:全国多施設後方視的調査研究

研究対象期間
2010年10月1日から2015年3月31日まで
対象疾患
当院でアダリムマブ投与を受けたクローン病患者さん
研究期間
2019年12月31日まで

本研究は匿名化データを使用していますので、個人情報漏洩の危険はありません。

中枢神経浸潤を合併した多発性骨髄腫の予後因子の検討:多施設後方視的調査研究

対象疾患
協力医療機関への事前調査により抽出された中枢神経浸潤を合併した多発性骨髄腫患者(発症時期は問わない)
研究期間
2018年12月31日まで

本研究は匿名化データを使用していますので、個人情報漏洩の危険はありません。

C型肝炎に対するグレカプレビル・ピブレンタスビル配合剤における治療効果および関連因子に関する前向き観察研究

対象疾患
C型肝炎ウイルスに感染した諸条件を満たす患者さん
登録期間
2019年2月28日まで
追跡期間
2019年8月31日まで

本研究は匿名化データを使用していますので、個人情報漏洩の危険はありません。
  この研究で得られたデータは、他の目的で使用することはありません。

外科・消化器外科

直腸がん術後の主観的排便QoL指標としての日本語版LARS score(jpLARSs)の評価に関する多施設共同前向き観察研究

対象疾患
2013年1月1日~2017年6月30日の期間に当院にて直腸がんと診断され、以下に示す条件を満たしている方を対象とします。
  1. 登録時に20歳以上
  2. 調査時点で自然肛門からの排便が可能であり、原発巣切除もしくは人工肛門閉鎖術から1年以上経過している
  3. 研究参加について本人から文書による同意が得られている
ただし、その他の合併症や治療経過により、担当医師が不適切と判断した患者さんは除きます。
研究期間
2018年12月31日まで

本研究は匿名化データを使用していますので、個人情報漏洩の危険はありません。
  この研究で得られたデータは、他の目的で使用することはありません。
  本研究に診療データを使用してほしくない方はご連絡下さい。

大腸癌手術後の消化管機能異常に対する術前を含めた周術期TJ-100内服の安全性と有用性の評価

対象疾患
当院を受診し結腸がんと診断された諸条件を満たす患者さん
研究期間
2019年3月31日まで

本研究は匿名化データを使用していますので、個人情報漏洩の危険はありません。
  この研究で得られたデータは、他の目的で使用することはありません。

回腸瘻閉鎖創の手術部位感染に対する予防的局所陰圧閉鎖療法の有効性評価

対象疾患
回腸瘻(小腸の人工肛門)を造設し、以下に示す条件を満たしている方を対象とします。
  1. 登録時に20歳以上の方
  2. 回腸瘻を造設され、閉鎖可能と判断されている方
  3. 研究参加について本人から文書による同意が得られている方
  4. その他、担当医師が不適切と判断する場合は除外します
研究期間
2019年3月31日まで

本研究は匿名化データを使用していますので、個人情報漏洩の危険はありません。
  この研究で得られたデータは、他の目的で使用することはありません。

当院褥瘡症例における亜鉛欠乏の後方視的実態調査

研究対象期間
2013年1月から2017年12月まで
対象疾患
対象期間内に当院で入院された患者さんで褥瘡があり、血清亜鉛値を測定していた方
研究期間
2018年2月25日から2018年9月30日まで

本研究は匿名化データを使用していますので、個人情報漏洩の危険はありません。
  この研究で得られたデータは、他の目的で使用することはありません。
  本研究に診療データを使用してほしくない方はご連絡下さい。

乳がん皮膚浸潤部位の細菌培養検査についての研究

研究対象期間
2015年4月から2018年3月まで
対象疾患
当院にて皮膚浸潤を伴う乳癌の加療を行い、潰瘍部培養が提出されている患者さん。
研究期間
2018年5月1日から2019年5月31日まで

本研究は匿名化データを使用していますので、個人情報漏洩の危険はありません。
  この研究で得られたデータは、他の目的で使用することはありません。
  本研究に診療データを使用してほしくない方はご連絡下さい。

泌尿器科

去勢抵抗性前立腺がんに対するラジウム223治療に関する後ろ向き観察研究

研究対象期間
2016年1月から2018年7月まで
対象疾患
対象期間内に当院で前立腺がんにてラジウム223が投与された患者さん
研究期間
2020年12月31日まで

本研究は匿名化データを使用していますので、個人情報漏洩の危険はありません。
  本研究にデータを使用してほしくない方はご連絡下さい。

前立腺がんおよび転移性腎がんにおける再吸収阻害関連顎骨壊死(ARONJ:Anti-resorptive agents-related ONJ)の発生頻度に関する後ろ向き研究

研究対象期間
2012年1月1日から2017年12月31日まで
対象疾患
対象期間内に当院で前立腺がんおよび腎がんに対してゾレドロン酸もしくはデノスマブが投与された患者さん
研究期間
2020年12月31日まで

本研究は匿名化データを使用していますので、個人情報漏洩の危険はありません。
  この研究で得られたデータは、他の目的で使用することはありません。
  本研究にデータを使用してほしくない方はご連絡下さい。

5α還元酵素阻害薬は前立腺の小さな症例の自然史を変えうるか:多施設共同前向き研究

研究対象期間
2017年8月から2020年3月まで
対象疾患
当院を受診し新規に前立腺肥大症と診断された諸条件を満たす患者さん
研究期間
2020年3月31日まで

この研究で得られたデータは、他の目的で使用することはありません。
  本研究に診療データを使用してほしくない方はご連絡下さい。

去勢抵抗性前立腺がんに対する抗がん化学療法におけるドセタキセルからカバジタキセルへ早期変更の有用性の検討(ECOCAB試験)

研究対象期間
ドセタキセル/プレドニゾロン(DP)療法またはカバジタキセル療法が主治医の判断で治療を継続される間です。
対象疾患
当院に通院または入院中の患者さんで、去勢抵抗性前立腺がんと診断されドセタキセル/プレドニゾロン(DP)療法4コース施行し、画像上進行を認めずPSA低下が50%未満の、40歳以上の方を対象とします。ただし、その他の合併症や治療経過により、担当医師が不適切と判断した患者さんは除きます。
研究期間
2021年12月31日まで

この研究で得られたデータは、他の目的で使用することはありません。
  本研究に診療データを使用してほしくない方はご連絡下さい。

前立腺がん患者さんの診断時背景因子と初期治療および治療経過に関する実態調査研究

研究対象期間
2016年1月から2018年12月31日まで
対象疾患
対象期間内に当院において前立腺がんの治療を受けられた方
研究期間
2019年3月31日まで

本研究に診療データを使用してほしくない方は2019年3月31日までにご連絡下さい。

尿路上皮がんに対する化学療法の後ろ向き観察研究の検討

研究対象期間
2006年1月から2014年9月まで
対象疾患
尿路上皮がんの治療のため当科で化学療法を受けられた方
研究期間
2018年12月31日まで

本研究に診療データを使用してほしくない方は2015年3月までにご連絡下さい。

自己評価表を用いた認知行動療法による夜間頻尿の治療効果に関する研究

対象疾患
以下に示す条件を満たしている方を対象とします。
  1. 夜間頻尿を主訴とし、夜間排尿回数が2回以上の40歳以上の外来初診患者(男女)
  2. 研究参加について本人から文書による同意が得られている
研究期間
2018年4月1日から2021年3月31日まで

本研究は匿名化データを使用していますので、個人情報漏洩の危険はありません。
  この研究で得られたデータは、他の目的で使用することはありません。

眼科

硝子体サンプルを用いた網膜増殖性疾患における増殖機序の解析

対象疾患
眼内増殖性疾患(増殖性糖尿病性網膜症、増殖性硝子体網膜症、網膜前膜、加齢黄斑変性)を有し、通常の診療範囲で硝子体手術が治療に最も有効と判断された患者さん
研究期間
2017年4月から2021年3月まで

脳神経外科

脳腫瘍における特異的分子マーカーの探索と臨床的特徴に関する解析

研究対象期間
2010年4月1日から2026年3月31日まで
対象疾患
対象期間内に診療された脳腫瘍を有する患者さん
研究期間
2026年3月31日まで

本研究に診療データを使用してほしくない方はご連絡下さい。

脳卒中の医療体制の整備のための研究

研究対象期間
2016年4月1日から2020年3月31日まで
対象疾患
対象期間内に当院の脳神経外科に入院されたすべての患者さん
研究期間
2016年4月1日から2020年3月31日まで

本研究は匿名化データを使用していますので、個人情報漏洩の危険はありません。
  この研究で得られたデータは、他の目的で使用することはありません。
  本研究にデータを使用してほしくない方はご連絡下さい。