skip to main content
  1. HOME
  2. 医療関係者の皆様へ
  3. 臨床研修医(当院の研修特徴)

臨床研修医募集(当院の研修特徴)

市立室蘭総合病院は「地域医療を支える最後の砦」

西胆振に住む20万人を支える中核病院であり、北海道の地域センター病院に指定されています。その責任を果たすべく、長年に渡って高度医療を続けてきました。

特に重要な役割を果たすのが救急症例。当院でしか対応できない高エネルギー外傷など、研修医の皆さんに経験してほしい救急医療を展開しています。

救命救急センター級の救急車搬入数

当院の救急診察室には年間約 3,900例の時間外受診患者と約2,400例の救急車での搬入患者が受診しています。

西胆振地区、東胆振地区には救命救急センター不在の中、地域における救急医療の中核を担っています。

救急医療・災害医療の中心病院 ~積極的な急性期医療への取り組み~

大規模災害訓練

当院は西胆振地域における救急医療・災害医療の中心的役割を担う総合病院です。脳神経外科を含む外科系診療科が充実していることから、高エネルギー外傷(交通事故など)に対応できる地域で唯一の病院として、発生するほぼ全症例が搬入されます。症例の絶対数では大都市の病院に劣りますが、幅広さでは決して引けを取りません。昨年の院内災害訓練は参加者が600名を越える大規模なものになりました。

全国最優秀成績隊員を有する当院のDMAT

災害発生直後に現場へ派遣されるDMATを有し、日本DMAT隊員研修で全国最優秀という輝かしい成績を残しています。このような急性期医療への積極的な取り組みにより地域の消防とは緊密な協力関係が築かれていますので、研修医でも救急車に同乗実習することが可能です。

心肺蘇生実習

救急蘇生・外傷初療など院外での講習会を受講する場合は交通費・受講費とも全額病院が負担することになっていますし、AHAやICLSなどの正式なインストラクター資格を持つ職員による院内勉強会も開催されています。

救急センター長(麻酔科部長) 下舘勇樹

救急センター長(麻酔科部長)
下舘 勇樹

日常の勤務を離れても、当院では医師・看護師を問わず、自ら学ぶ意思のある方を最大限にバックアップします。

研修医として私たちの病院で存分に学んでください。

外科研修のすすめ

研修医の皆さんは、これから自分の進むべき進路を選択するわけですが、どこの科へ進もうと外科的手技は必ず必要になります。具体的には、皮膚縫合、糸結び手技、CVカテーテル留置、CVポート造設などの手技です。当外科では、全ての研修医がこれらの手技を習得いただけるよう、多数の症例を術者として経験して頂いております。また、たとえ内科志望であっても、たとえ1ヶ月の研修であっても、手術室で行う手術(鼠径ヘルニア手術、虫垂炎手術など)を、最低1例執刀医として経験できます。 この他、外科志望で研修期間の長い研修医には、腹腔鏡下胆摘、腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術、乳腺手術、肛門手術、消化管吻合なども執刀してもらっています

当科では、毎年約500例の手術を行なっております。食道から肛門までの全ての消化管疾患、肝胆膵疾患、乳腺疾患を主に扱っています。胃切除、大腸切除、ヘルニア手術など、腹腔鏡下手術を積極的に行っています。

(手術実績はこちら)外科・手術実績

外科研修のもう一つの利点は、全身管理を学べることです。輸液療法、栄養療法、抗菌薬の適正使用、ときには、critical ill patientのレスピレータ管理や血液浄化療法などの集中治療管理を学ぶこともできます。何科に進むにしても貴重な経験になると思いますので、是非、外科での研修を選択してください。

外科・消化器外科部長 佐々木 賢一

研修統括指導医から皆さんへ

当院では、臨床研修必修化が始まった2004年度より、ほぼ毎年数名の研修医を受け入れており、おおよそ研修医より高評価をいただいております。

その理由として、各科の先生方の協力体制が病院としてできており、その強みは特に救急外来をはじめ、複雑な病態の患者さんの救命に貢献できているところです。

日中、夜間問わず、相談を受けると、いやな顔をせず、駆けつけ、適切な指示をいただけるところにあります。更に研修医を一人前の医師に育て上げることには、厭わない先生方がそろっています。

最新式の医療機器はもとより、医療に携わる人間のモラル、技術、知識を啓蒙すべく講演会なども定期的に開催されています。

やる気のある研修医はもとより、当初はそうでもなかった研修医もみな、研修後はどこの病院へいっても通用する医師を教育するシステムをとっており、実際当院研修後には、医療現場の第一線で働いています。

医局内でも、同一の医局内で指導医と隣り合わせで過ごすことになり、研修中、不明な点があれば、すべての科の先生方に伺いやすい環境にあります。

さらに当院のある室蘭地区では患者さんも研修医に対してやさしく見守る環境にあります。

さあ、あなたも当院の一員として、
私どもとともに地域医療に貢献してみませんか。
あなたの熱い情熱を待っています。

研修統括指導医(透析センター長/循環器内科部長) 福岡 将匡

案内パンフレット

臨床研修紹介平成28年

臨床研修紹介パンフレット
平成28年度(PDF 1952KB)

臨床研修紹介平成20年

臨床研修紹介パンフレット
(PDF 6823KB)
※平成20年度の研修医が
自主的に全て作成しました。

研修医の院内発表

平成26年度研修発表 平成26年度研修発表 平成26年度研修発表 平成26年度研修発表

英語による支援プログラム

市立室蘭総合病院では、臨床研修医・若手医師のための英語による支援プログラムを実施しております。ご相談がありましたら、遠慮なく下記の医師に連絡してください。

臨床研修医・若手医師のための英語による支援プログラム

市立室蘭総合病院には6名の医師が、外国での研修・研究の経験を有しております。これらの医師を中心に英語による身体所見の把握・臨床研修・症例発表・研究論文作成などのサポートをおこなっております。それぞれの専門と留学先は以下の通りです。

臨床研修医・若手医師のための英語による支援プログラム
今信一郎
(Shinichiro KON, MD,PhD)
Immunopathology, Stanford University, California
宮崎義則
(Yoshinori MIYAZAKI, MD,PhD)
Diabetics&Endocrinology, University of Texas San Antonios
小浜郁秀
(Ikuhide KOHAMA, MD,PhD)
Neurosurgery, Spinal surgery, Yale University West Haven Hospital
加藤隆一
(Ryuichi KATO, MD,PhD)
Urological surgery, Sexal and Neurourology University of Pittsburgh
土肥修司
(Shuji DOHI, MD,PhD)
Anesthesiology & Pain Medicine, Critical Care of Medicine, University of Miami, Yale University, Johns Hopkins University in the U.S.