skip to main content
  1. HOME
  2. 外来案内
  3. 健康診断のご案内(脳ドック)

外来案内

健康診断のご案内(脳ドック)

脳ドックとは?

画像診断の進歩によって、低侵襲で脳と血管の形態診断ができるようになりましたが、MRI磁気共鳴診断装置を用いて脳の検査をおこなうのが「脳ドック」です。MRI装置を用いて磁気共鳴血管撮影(MRA)も同時に実施され、脳および脳・頸部血管の病気の早期発見と予防に役立ちます。

脳ドックでわかること

脳ドックは、症状のない人を対象にして、MRI・MRAによる画像診断を中心とした検査により、まだ症状を出していない脳の病気や脳の血管の病気を発見することができます。発見の対象となるおもなものには 1.脳梗塞 2.未破裂脳動脈瘤 3.脳・頸部血管の閉塞・狭窄 4.脳卒中の危険因子などです。

当院の脳ドックの特色

  1. 最新の機器(独シーメンス社製1.5テスラMRI)で検査します。
  2. 脳神経外科専門医によるリアルタイム三次元画像による高度な診断技術により判定します。
  3. 短期間で結果説明(脳ドック当日のMRI・MRAの結果説明と後日の総合結果報告書)をします。

脳ドックの流れ

  1. 問診、血圧測定
  2. MRI(磁気共鳴断層撮影)  
    脳の断面写真です。脳梗塞、動脈瘤、脳腫瘍などを検出します。
  3. MRA(磁気共鳴血管撮影)  
    脳と頸の血管撮影です。薬を使用せずに血管を写し出すことができます。脳動脈瘤、血管の閉塞や狭窄を検出します。
  4. 頸部超音波
  5. 心電図
  6. 採血検査
  7. 脳神経外科専門医による神経学的診察
  8. MRI・MRAの結果説明
  9. 後日、脳ドックの総合的判定結果を報告いたします。

MRI装置

MRI装置
MRI装置

脳MRI
(T2強調画像)

脳MRA
(脳血管撮影像)

頸部MRA
(頸部血管撮影像)

脳ドックの注意

脳ドックには強い磁気を使用したMRI装置を使用します。ペースメーカー、外科的クリップなど、体の中に金属が入っている方は、検査ができない場合があります。金属の有無につきましてこちらからお聞きしますので、お答え下さい。また不明な点は係までお聞きください。