skip to main content
  1. HOME
  2. 病院案内
  3. 病院の指標(2017年度)

平成29年度 市立室蘭総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 6 60 49 70 211 396 1191 2011 1493 328
平成29年度の退院患者さんのうち、一般病棟の年齢階級別患者数です。
当院における主な医療圏は西胆振であり、西胆振の人口は高齢者割合が増加傾向にあります。
総数5815人に占める60歳以上の割合は86.4%となっており昨年とほぼ同じ割合となっております。
[集計内容説明]
集計期間:平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんです。
対象者:医科保険適用患者(公費・生活保護含む)で一般病棟に1回以上入院した患者さんです。
DPC対象外となる地域包括ケア病棟、精神科病棟、結核病棟の入院患者さんと、入院した後24時間以内に死亡した患者さんは対象となりません。
年齢:入院開始日時点の満年齢
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 32 15.594 11.99 3.13% 73.00
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 31 3.645 3.59 0.00% 74.68
0400800499X00X 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 21.438 18.48 50.00% 86.01
040110XXXXX0XX 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 16 11.813 19.65 0.00% 75.44
040040XX9903XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 13 21.077 30.66 0.00% 71.08
肺の悪性腫瘍、肺炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)等の呼吸器疾患の診断治療を行っています。
症例数では昨年同様、肺の悪性腫瘍・肺炎に関する入院が多く、肺炎患者さんは後方病院・施設等へ転院し、治療継続となっている症例が
多い傾向となっています。
手術が必要な症例につきましては呼吸器外科と連携を図っています。

[用語説明]
DPCコード:一入院中に最も医療資源を投入した傷病名と手術・処置などを組み合わせた 14桁のコードのことであり、同じ傷病名でも、治療の内容によってDPCコードは異なります。
DPC名称:DPCコードの名称
患者数:一連の入院(7日以内の同一傷病名再入院、一般病棟とそれ以外の病棟を組み合わせた入院)を1患者としてカウントとします
在院日数:初回の入院日から退院日までの延べ日数です。
平均在院日数(自院):入院から退院までの日数の平均値です。
平均在院日数(全国):平成29年度 診断群分類毎の平均在院日数(案)(平成30年9月10日時点)より引用しています。
転院率:全退院患者のうち他の病院へ移った患者の割合です。
     (計算式 転院症例数/該当DPCコード症例数)
平均年齢:該当DPCコード症例の平均年齢
患者用パス:該当DPCコードにおける入院中に受けていただく治療や検査をスケジュール表にしたものです(随時公開予定)
-(ハイフン):10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示しています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 9.24 10.61 8.82% 73.74
060020XX99X5XX 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 29 4.90 8.29 0.00% 70.83
060040XX99X70X 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし 29 4.72 4.81 0.00% 70.07
060035XX99X00X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 5.14 7.21 4.55% 78.55
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 8.05 8.98 4.55% 73.86
消化器科では消化器系疾患と血液疾患に対する診断と治療を行っています。
胆管結石の内視鏡的治療、胃の悪性腫瘍、大腸の悪性腫瘍の順に症例が多くなっています。
外科治療が必要な場合は、外科・病理医との連携により治療を行っています。
血液疾患に対しては自家末梢血幹細胞移植治療を含め取り組んでいます。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130XX99020X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 49 18.20 24.77 26.53% 78.96
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 26.571 17.71 19.05% 82.10
050210XX97000X 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 17.150 11.21 5.00% 81.95
050070XX99000X 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 4.36 7.71 9.09% 77.18
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 16.40 12.23 10.00% 74.100
狭心症、発作性不整脈、急激な血圧上昇(高血圧性脳症、高血圧性心不全)などの急性疾患から、慢性の心不全、心房細動、腎不全などの慢性疾患、また、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病と幅広い領域を対象としています。
症例数は心不全・不整脈が多くなっています。
常勤医の減少等により入院症例数は昨年と比較し減少傾向にありますが、外来では非常勤医師等により治療を行い、必要に応じて他医療機関との連携を図っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335XX02000X 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 9.76 7.40 3.45% 67.07
060040XX99X60X 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 22 3.82 4.38 0.00% 74.64
060040XX99X50X 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 17 2.88 4.31 0.00% 69.12
060150XX03XXXX 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 12 7.42 5.56 0.00% 51.25
090010XX02X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 12 10.58 10.15 16.67% 71.17
消化器疾患に対しては術後早期退院が可能な腹腔鏡手術を積極的に行っています。
乳がんに対しては症例により胸腔鏡手術を行うことが可能となっています。
5人の常勤医が緊急手術等にも対応しています。
症例の多い順に、胆のう結石、直腸癌、乳癌となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070370XX97X0XX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 161 22.82 25.09 42.24% 81.68
070370XX99XXXX 脊椎骨粗鬆症 手術なし 61 26.98 22.44 59.02% 82.67
07034XXX99XXXX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 手術なし 35 3.00 12.67 2.86% 66.91
070160XX01XXXX 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 23 5.04 5.51 0.00% 71.35
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 21 35.24 25.09 0.00% 76.48
交通事故等の外傷全般の救急医療にも積極的に取り組んでいるとともに、リハビリテーションも強化しています。
地域医療機関との連携にも力を入れており、転院率は高めになっています。
症例の上位は膝関節症、脊椎骨粗鬆症、脊柱管狭窄の順に多く60歳以上の方に起きやすい疾患が多くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400XX99XXXX 前庭機能障害 手術なし 62 16.16 5.15 1.61% 73.23
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 59 28.88 16.38 13.56% 72.15
010230XX99X00X てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 16.74 6.32 4.08% 61.76
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 18.02 7.34 6.52% 59.48
010040X099X00X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 51.77 19.10 26.47% 70.32
複数の常勤医師を有する急性期の病院として、脳卒中・頭部外傷等の急性期の診断治療のみならず、てんかん・水頭症等の慢性期疾患を幅広く治療しています。
整形外科と同様に交通事故等の外傷を脳神経外科でも治療しており、頭蓋・頭蓋内損傷も4位の46件と多くなっております。脳梗塞は分岐が細分化されたため上位5位には1つしかありませんが、MDC6桁にはトータルで280件と多くの症例を対応しています。また、リハビリテーションの強化等の理由で、在院日数が多少長い傾向になっています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX97X0XX 手術肺の悪性腫瘍 あり 手術・処置等2 なし 21 12.19 12.35 0.00% 73.57
040040XX97X10X 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし - - 21.34 - -
160400XX02X1XX 胸郭・横隔膜損傷 肋骨骨折観血的手術等 手術・処置等2 あり - - 25.00 - -
040020XX97XXXX 縦隔の良性腫瘍 手術あり - - 8.94 - -
040050XX97X1XX 胸壁腫瘍、胸膜腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり - - 30.14 - -
肺の外科治療を呼吸器内科と連携して行っています。
ほとんどの肺手術では低侵襲を目的とし胸腔鏡を用いています。
肺がんの手術症例が多くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200XX99X4XX 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等2 4あり 154 2.00 2.47 0.00% 76.01
020210XX99X1XX 網膜血管閉塞症 手術なし 手術・処置等2 あり 69 2.00 2.56 0.00% 71.81
020160XX97XXX0 網膜剥離 手術あり 片眼 31 71.81 10.21 0.00% 62.68
020180XX97X1X0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 1あり 片眼 20 11.90 11.09 10.00% 56.75
020200XX9710XX 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 19 9.68 7.31 0.00% 73.32
常勤医3人体制で眼科領域全般の診療を行っているとともに、大学との連携による専門特殊外来を開設し連携のトレーニングセンターを有しています。
黄斑変性の治療の他、網膜剥離等数多くの症例を担っています。また、白内障については短期滞在の入院により約700件の症例に対応しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012XXX020X0X 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 36 6.50 5.75 8.33% 63.53
110070XX0200XX 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 32 6.78 7.31 0.00% 71.50
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 29 10.55 12.34 6.90% 74.14
110070XX02020X 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 26 6.73 7.64 0.00% 71.31
110310XX01XX0X 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 定義副傷病 なし 22 13.86 14.59 9.09% 72.64
泌尿器癌、排尿障害、尿路結石、泌尿器感染症など泌尿器領域全般を扱っております。
結石治療、腎・尿路感染症の順に症例が多くなっています。
腎・副腎の手術には低侵襲の腹腔鏡手術を積極的に取り入れています。
精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 3.58 - -
170060XXXXXXXX その他の精神及び行動の障害 - - 9.99 - -
精神科を有している急性期病院であり、身体合併症を併発した精神疾患患者に対する治療についても、精神科以外の診療科との連携により治療を行っています。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 3.58 - -
161020XXXXX00X 体温異常 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 5.73 - -
010310XX99X0XX 脳の障害(その他) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 10.66 - -
地域の消防と連携し外科系の診療科と麻酔科で『外傷チーム』を結成し活動しています。
精神科救急においては重症症例も担っています。
糖尿内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071XX99X110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 - - 15.63 - -
100071XX99X100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 14.63 - -
100070XX99X000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 11.16 - -
100070XX99X100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 14.27 - -
糖尿病を専門的に治療する科として診療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 32 17 19 30 12 12 1 7
大腸癌 17 18 49 115 - 30 1 7
乳癌 12 13 - - - 15 1 7
肺癌 25 13 17 40 - 20 1 7
肝癌 - - - 13 - 20 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
我が国に多いがんいわゆる5大がん(胃・大腸・乳・肺・肝)を、I期(早期)からIV期(末期)の4つのステージに分類し、平成29年度に退院した患者さんについて集計した結果です。胃がんは入院加療時のステージがⅠとⅢが多く、乳がんではステージⅠとⅡが多く、大腸がん・肺がん・肝がんではステージが進行している状態で入院加療となることが多くなっております。

[集計方法]
延患者数で集計(複数回入院した患者さんはそれぞれ集計)
[用語説明]
5大がん:胃・大腸・乳・肺・肝のがん
UICC:国際対がん連合の略称です。
TNM分類:がんの進行度を判定する基準となるがんの分類方法です。
部位ごとに各種の検査結果から 原発腫瘍の拡がりを「T」、 所属リンパ節転移の有無と拡がりを「N」、遠隔転移の有無を「M」として区分し、それらを総合して病期(ステージ)を判定しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 23 17.17 77.57
重症 18 19.94 79.06
超重症 - - -
不明 - - -
重症度は中等症が多くなっています。重傷度が高いほど在院日数は長く、平均年齢からみると高齢になるほど重傷度が高い傾向にあります。

[用語説明]
成人市中肺炎:病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎のことです。
成人市中肺炎重症度:日本呼吸器学会が発行している成人市中肺炎診療ガイドライン
検査値・年齢・呼吸状態により重症度を5つの段階に分類しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 266 49.14 76.95 30.08
その他 21 33.81 77.05 9.52
昨年同様、発症3日以内の脳梗塞患者数が多くなっています。救急搬送される患者さんが多くをしめています。
また当院では脳梗塞を発症後4.5時間以内に組織プラスミノーゲン活性化因子(グルトパ注)を投与することが可能な体制を有してます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
肺がんに対する化学療法の為のカテーテル設置が多くなっています。

[集計方法]
同一手術において複数手術を行った場合、主たる手術をカウント
同一入院において複数手術を行った場合、主たる手術をカウント
同一入院において複数診療科で診療を行った場合、主たる診療科でカウント
[除外している軽微な手術]
輸血関連、創傷処理、皮膚切開、切開を伴わない骨折整復術 等
[用語解説]
Kコード:医科診療報酬点数表で定められた手術のコードです。
平均術前日数:入院日から手術日までの日数(手術日当日は含まない)
平均術後日数:手術日から退院日までの日数(手術日当日は含まない)
転院率:全退院患者のうち他の病院へ移った患者の割合です。
(計算式 転院症例数/該当Kコード症例数)
平均年齢:該当手術実施した患者さんの平均年齢
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 152 0.68 1.51 0.00% 69.85
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 28 7.00 11.04 17.86% 74.00
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 24 1.75 10.83 8.33% 77.79
K6871 内視鏡的乳頭拡張術 22 5.32 20.36 18.18% 75.50
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 19 6.63 14.21 78.95% 81.90
大腸ポリープ切除の他、胆のう結石等の内視鏡的手術に力を入れています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 外シャント設置術 15 10.20 20.80 20.00% 72.47
K597-2 ペースメーカー交換術 13 10.08 9.54 7.69% 80.31
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
慢性心疾患症例が多いためペースメーカーの設置、交換の他、透析用のシャント設置が多くなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 34 1.71 4.29 0.00% 65.21
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 31 3.19 5.84 3.23% 67.81
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 20 1.45 1.50 0.00% 69.80
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 16 6.25 5.75 87.50% 80.25
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 16 0.50 2.06 0.00% 67.88
ヘルニア・胆嚢摘出を中心に腹腔鏡下手術を積極的に行っております。
また、化学療法等のポート挿入は各科と連携して外科で行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨) 110 2.06 26.56 50.91% 80.12
K0462 骨折観血的手術(下腿) 67 1.61 13.13 1.49% 68.64
K0821 人工関節置換術(肩) 48 2.77 36.38 10.42% 74.44
K0463 骨折観血的手術(その他) 25 3.16 11.76 12.00% 58.68
K0811 人工骨頭挿入術(肩) 25 2.76 26.80 64.00% 83.20
交通事故等の外傷治療のため、骨折の接合術、人工関節置換術が多くなっております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 15 3.07 85.00 33.33% 64.27
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 14 3.79 49.07 21.43% 79.36
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 14 7.64 135.79 92.86% 73.00
K1742 水頭症手術(シャント手術) 14 15.00 38.29 21.43% 76.71
K178-4 経皮的脳血栓回収術 13 0.08 83.54 53.85% 75.54
外傷性脳損傷に対して昼夜を問わず緊急手術を行っております。
動脈瘤・水頭症の手術も行っています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 10 3.60 6.90 0.00% 75.40
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) - - - - -
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) - - - - -
K494 胸腔内(胸膜内)血腫除去術 - - - - -
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) - - - - -
低侵襲を目的とした胸腔鏡を用いた手術を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)その他もの 708 0.61 1.06 0.85% 74.66
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 108 0.95 9.23 3.70% 65.07
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 12 1.17 7.17 0.00% 69.75
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
大学との連携による専門特殊外来を開設し連携の『トレーニングセンター』を有しています。
去年同様に白内障手術の他、硝子体手術を症例にあった術式で数多く行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)電解質溶液利用のもの 62 2.16 4.18 0.00% 71.16
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 45 4.24 4.87 11.11% 66.60
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 34 0.94 5.27 14.71% 73.18
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 11 5.18 14.82 0.00% 68.36
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 10 3.80 6.50 10.00% 73.40
膀胱腫瘍・尿路結石に対する経尿道的手術が多くなっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 72 1.39
異なる - -
重症度の高い症例が多く、播種性血管内凝固症候群(DIC)・敗血症の合併例もあります。
手術処置合併症は透析シャント閉塞、人工関節脱臼症例の他、手術後の創部異常、出血等が1%未満で発生しています。

[集計方法]
一般病棟入院ごとにカウント
[用語解説]
DPC:DPCコード14桁のうち疾患の種類を表す6桁
傷病名:上記の名称
入院契機:同一症例数 入院時に該当DPCで入院した患者数
       異なる症例数 入院時は別な疾患であったが該当DPCを発症した患者数
発生率:全患者に対する該当DPCの発生率(入院契機別該当DPC患者数/全退院患者数)
更新履歴
2018年9月21日
平成29年度市立室蘭総合病院 病院指標作成