文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 災害にそなえて

災害にそなえて

室蘭市水道部では、災害などで断水が発生した場合にも迅速に給水できるよう、応急給水用の資機材を保有しています。

 

加圧ポンプ付給水タンク車(1台)

tanksya11tanksya22

容量1800リットルのタンク車です。災害時は搭載された加圧ポンプを使用して、市内各所に設置された給水タンクや仮設水槽に補水作業をおこないます。また、小型の電動ポンプも装備しているので、病院などの施設の水道メーターと接続すれば、平常時と同じように建物内の水道を使用することも可能です。

平成30年9月に発生した北海道胆振東部地震では安平町へ、令和元年10月には台風19号によって大きな被害を受けた岩手県宮古市への災害派遣でも使用し、現地での応急給水活動などで活躍しました。

 

abiramiyako

安平町災害派遣の様子(左)と岩手県宮古市災害派遣の様子(右)

 

給水タンク(1000リットル7基、650リットル1基、500リットル2基)

tank11

tank22

アルミ製のタンクです。災害時はトラック等に搭載し、運搬給水や給水所として使用します。


仮設水槽(5基)

combo

 

 

 

 

 

 

 

 

容量1000リットルのFRP製折りたたみ式水槽です。災害時は市内各所の給水所に設置します。タンク車で応急給水した場合は、タンクが空になると給水所を離れて水を補給しにいく必要がありますが、仮設水槽を設置することにより、途切れることなく給水を継続することができます。コンパクトで持ち運びしやすいため、安平町や岩手県宮古市への災害派遣でも実際に使用しました。


非常用給水袋

hukuro11hukuro22

給水所で配布する、容量6リットルの給水袋です。付属のひもを使用するとリュックのように背負うことができるので、簡単に持ち運びが可能です。

 

緊急貯水槽

kintyo

 

 

 

 

 

 

 

 

公園などの地下に設置してある容量50000リットルの大型水槽です。市内7カ所にあり、被災直後に最低限必要とされる飲料水(1人1日3リットル)を確保しています。貯水槽は水道管とつながっており、貯水槽内の水は常に入れ替わっています。
地震等で水道管が破損して水圧が低下すると、自動で遮断弁が作動し貯水槽内の水を確保します。水槽内の水はポンプでくみ上げることができます。

 

お問い合わせ

水道部水道施設課 
住所:〒050-0082 室蘭市寿町1丁目11番16号
電話:0143-44-6018   ファクス:0143-43-8504
Eメール:suido-sisetsu@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ