文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 住まい > 特定空家等に対する略式代執行について

特定空家等に対する略式代執行について

室蘭市中央町2丁目29番地2ほか4筆の空家等は、著しく保安上危険な状態になっており、空家等対策の推進に関する特別措置法(以下、「法」という。)第2条第2項に基づき「特定空家等」に認定しています。

また、当該空家等は法第14条第3項の必要な措置を命ぜられるべき者を確知できないため、法第14条第10項の規定により、次のとおり公告します。

特定空家等について

1.建築物の所在地

室蘭市中央町2丁目29番地2、29番地4、30番地2、35番地2、36番地2

2.建築物の状況

当該特定空家等は、平成30年北海道胆振東部地震により、外壁の一部が市道中央町1丁目2条通線へ落下した。建物全体の老朽化の進行により、構造体の耐久度が低下しており、建物内部においては内装材が落下し、鋼材のアスベストを含んだ耐火被覆材が剥落する等荒廃が著しく、今後も周辺へ甚大な被害を与える恐れがある。

 

3.公告

特定空家等公告(PDF:562KB)

 

4.措置期限

令和元年6月24日まで

 

5.公告の概要

当該空家等は、所有者が確知できない状況にあるため、法第14条第10項により公告しました。

公告の内容は、令和元年6月24日までに当該空家等の所有者等が、当該空家等の除却を行わないときは、市で除却を行うというものです。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市建設部建築指導課開発保全係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2667   ファクス:0143-24-2091
Eメール:kenchiku-soudan@city.muroran.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ