文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 住まい > 室蘭市空家活用促進助成金

室蘭市空家活用促進助成金

 

akiyahyoushi空家活用推進事業を拡大しました。予算に限りがありますので、

お早目にお問い合わせください!

室蘭市内の空家の解消と定住促進のため、空家のリフォーム工事又は

解体工事費の一部を助成します。

 

空家活用促進助成金交付要綱(PDF:142KB)

 

 

空家活用促進助成金の事業メニューは以下の3つです。

 

〇空家を解体して新築を建てたい方はこちら⇒「空家バンク解体助成事業」

〇空家をリフォームして住みたい方はこちら⇒「空家リフォーム助成事業」

〇近隣にある危険な空家を解体したい方はこちら⇒「老朽空家等活用支援助成事業」

住宅ローン「フラット35」を併用するとさらに金利を引き下げ

さらに、平成30年4月から、独立行政法人住宅金融支援機構との協定により、住宅ローン「フラット35」を併用した場合、金利が当初5年間、年0.25%引き下げられます。

要件などの詳細は独立行政法人住宅金融支援機構との【フラット35】子育て支援型・地域活性型協力協定のページをご覧ください。

 

空家バンク解体助成事業の概要

1_制度内容及び手続き方法

手引き⇒「空家バンク解体助成編」(PDF:3,591KB)

助成金申請から交付決定までの手続きの流れを1枚にまとめました。(PDF:144KB)

2_対象となる人は?

1_室蘭市空家バンクに登録している空家を購入し、その空家を解体する方

室蘭市空家バンクのページへ

2_上記空家を解体した跡地に、自分が住むための住宅を建設する方

3_市税等を滞納していない方

4_暴力団の構成員でない方

3_対象となる工事は?

建設業法第2条第3項に規定する建設業者又は解体工事業登録しているもので、法人にあっては室蘭市内に本店を有し、個人にあっては市内に主たる事務所を有するものが行う、空家およびその敷地内に附属する工作物(門、塀、樹木等)の解体工事

4_対象となる条件は?

1_居住誘導区域内においては解体後に住居、店舗、事務所、駐車場、田畑等として活用すること

2_居住誘導区域外においては解体後に居住を目的とした活用をしないこと

3_解体工事は年度内に完了すること

居住誘導区域の範囲を知りたい方はクリック

5_助成金の金額は?

対象工事費の2分の1、最大50万円を助成します。

居住誘導区域内の空家については子育て・若年者世代転入者マイホーム購入助成金との併用も可能です。

例)解体工事費が150万で、子育て・若年者世代の転入者が市内業者で新築する場合

⇒50万+100万=150万円

室蘭市子育て・若年者世代転入者マイホーム購入助成金を知りたい方はクリック

6_提出書類は?

1_申請時の提出書類

提出書類
1 助成金交付申請書(様式第1号)(ワード:18KB)
2 市税等納入状況等確認同意書(様式第2号)(ワード:20KB)
3 事業計画書(様式第3号)(ワード:17KB)
4 助成対象経費が計算できる書類(見積書等)
5 助成金等交付申請額算出調書(共通様式第5号)(エクセル:18KB)
6 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)
7 請負契約書等の写し
8 現況の写真
9 対象空家等を取得したことを証明する書類(登記全部事項証明書又は土地・建物売買契約書の写し)
10 代理人が手続きを行う場合は委任状(様式第4号)(ワード:13KB)
11 申請者が施工業者に助成金の受領を委任する場合は助成金受領委任状(様式第5号)(ワード:21KB)

2_変更申請時の提出書類

提出書類
1 助成事業等変更承認申請書(共通様式第7号)(エクセル:18KB)
2 事業変更書(様式第3号)(ワード:17KB)
3 助成金等交付申請額算出調書(共通様式第5号)(エクセル:18KB)
4 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)
5 助成対象経費が計算できる書類(見積書等)
6 変更となる工事の内容がわかる書類(図面等)

3_実績報告時の提出書類

提出書類
1 助成事業等実績報告書(様式第6号)(ワード:14KB)
2 事業実績書(様式第3号)(ワード:17KB)
3 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)※変更があった場合のみ
4 助成金等精算書(共通様式第12号)(エクセル:21KB)
5 工事に係わる支出を証明する書類の写し
6 工事の完了後の写真(着工前と比較できるもの)
7 誓約書(様式第7号)(ワード:20KB)
8 同意書(様式第8号)(ワード:20KB)
9 助成金支払請求書(様式第9号)(ワード:20KB)又は(様式第10号)(ワード:22KB)※交付確定後に提出

7_FAQ|よくある質問

FAQ|よくある質問(PDF:120KB)

 

空家リフォーム助成事業

1_制度内容及び手続き方法

手引き⇒「空家リフォーム助成編」(PDF:3,747KB)

助成金申請から交付決定までの手続きの流れを1枚にまとめました。(PDF:158KB)

2_対象となる人は?

1_市内の空家を自分が住むために取得した方

2_市税等を滞納していない方

3_暴力団の構成員でない方

3_対象となる工事は?

建設業法第2条第3項に規定する建設業者又は同法第3条1項ただし書に規定するものが行う、住宅の安全性、居住性、機能性等の維持向上の為のリフォーム工事

対象となる工事内容については「助成金対象工事基準(PDF:377KB)」を確認してください。

4_対象となる条件は?

1_空家の期間がおおむね2年以上であること

(電気若しくはガスの閉栓証明又は、水道の廃止届などで確認します)

2_建築の着工日が昭和56年5月1日以降である空家

(それ以前に建築された空家の場合、耐震性が確保されていることを証明する書類が必要です)

3_助成の対象工事費が200万円以上であること

4_居住誘導区域内に位置する空家

5_リフォーム工事は年度内に完了すること

次の住宅は対象外です。ご注意下さい!

1_相続又は3親等以内からの取得

2_居住誘導区域外に位置する空家

居住誘導区域の範囲を知りたい方はクリック

5_ここが一番気になるところ、助成金の金額は?

対象工事費5分の1、最大100万円を助成します。さらに、市内業者で住宅を新築すると、20万円加算されます。

【対象工事費の例による補助金額】

業者 対象工事費の例
190万の場合 250万の場合 500万の場合 800万の場合
市内

×
(200万未満は対象外)

70万 120万 120万
市外 50万 100万 100万

子育て・若年者世代転入者マイホーム購入助成金との併用も可能です。

例)工事費(市内業者)が500万で、子育て・若年者世代の転入者の場合

⇒120万+80万=200万円

室蘭市子育て・若年者世代転入者マイホーム購入助成金を知りたい方はクリック

6_提出書類は?

1_申請時の提出書類

提出書類
1 助成金交付申請書(様式第1号)(ワード:18KB)
2 市税等納入状況等確認同意書(様式第2号)(ワード:20KB)
3 事業計画書(様式第3号)(ワード:17KB)
4 助成対象経費が計算できる書類(見積書等)
5 助成金等交付申請額算出調書(共通様式第5号)(エクセル:18KB)
6 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)
7 請負契約書等の写し
8 現況の写真
9 対象空家等を取得したことを証明する書類(登記全部事項証明書又は土地・建物売買契約書の写し)
10 代理人が手続きを行う場合は委任状(様式第4号)(ワード:13KB)
11 申請者が施工業者に助成金の受領を委任する場合は助成金受領委任状(様式第5号)(ワード:21KB)
12 おおむね2年以上居住その他の使用がない空家であることを証明する書類
13 昭和56年5月31日以前に建築された中古住宅の場合は耐震性が確保されていることを証明する書類

2_変更申請時の提出書類

提出書類
1 助成事業等変更承認申請書(共通様式第7号)(エクセル:18KB)
2 事業変更書(様式第3号)(ワード:17KB)
3 助成金等交付申請額算出調書(共通様式第5号)(エクセル:18KB)
4 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)
5 助成対象経費が計算できる書類(見積書等)
6 変更となる工事の内容がわかる書類(図面等)

3_実績報告時の提出書類

提出書類
1 助成事業等実績報告書(様式第6号)(ワード:14KB)
2 事業実績書(様式第3号)(ワード:17KB)
3 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)※変更があった場合のみ
4 助成金等精算書(共通様式第12号)(エクセル:21KB)
5 工事に係わる支出を証明する書類の写し
6 工事の完了後の写真(着工前と比較できるもの)
7 誓約書(様式第7号)(ワード:20KB)
8 同意書(様式第8号)(ワード:20KB)
9 助成金支払請求書(様式第9号)(ワード:20KB)又は(様式第10号)(ワード:22KB)※交付確定後に提出

7_FAQ|よくある質問

FAQ|よくある質問(PDF:128KB)

 

〇室蘭市内の空家をお探しの方

室蘭市と協定を締結している、公益社団法人北海道宅地建物取引業協会室蘭支部又は全日本不動産協会北海道本部へご相談下さい。

【公益社団法人北海道宅地建物取引業協会室蘭支部】http://www.takken-muroran.jp/wordpress/

【公益社団法人全日本不動産協会北海道本部】http://hokkaido.zennichi.or.jp/

 

老朽空家等活用支援助成事業の概要

1_制度内容及び手続き方法

手引き⇒「老朽空家等活用支援助成事業」(PDF:1,237KB)

助成金申請から交付決定までの手続きの流れを1枚にまとめました。(PDF:96KB)

2_対象となる人は?

1_対象となる空家から直線距離がおおむね1km以内に居住する者・法人等又は、対象となる空家が所在する町内会及び自治会

2_近隣住民等の安全・安心な居住環境の確保を目的として対象空家等を解体する者

3_市税等を滞納していない方

4_暴力団の構成員でない方

3_対象となる工事は?

建設業法第2条第3項に規定する建設業者又は解体工事業登録しているもので、法人にあっては室蘭市内に本店を有し、個人にあっては市内に主たる事務所を有するものが行う、空家およびその敷地内に附属する工作物(門、塀、樹木等)の解体工事

4_対象となる条件は?

1_特定空家等のうち特に危険等の切迫性が高いと市が認める空家であること

2_公売等又は無償譲渡により土地とあわせて取得した空家であること

3_解体工事は年度内に完了すること

解体の跡地活用には制限があります。ご注意下さい!

1_10年間営利目的の使用は出来ないこと

2_住宅の再建築は出来ないこと

5_助成金の金額は?

対象工事費の10分の9、最大150万円を助成します。

6_提出書類は?

1_申請時の提出書類

提出書類
1 助成金交付申請書(様式第1号)(ワード:18KB)
2 市税等納入状況等確認同意書(様式第2号)(ワード:20KB)
3 事業計画書(様式第3号)(ワード:17KB)
4 助成対象経費が計算できる書類(見積書等)
5 助成金等交付申請額算出調書(共通様式第5号)(エクセル:18KB)
6 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)
7 請負契約書等の写し
8 現況の写真
9 対象空家等を取得したことを証明する書類(登記全部事項証明書又は土地・建物売買契約書の写し)
10 代理人が手続きを行う場合は委任状(様式第4号)(ワード:13KB)
11 申請者が施工業者に助成金の受領を委任する場合は助成金受領委任状(様式第5号)(ワード:21KB)

2_変更申請時の提出書類

提出書類
1 助成事業等変更承認申請書(共通様式第7号)(エクセル:18KB)
2 事業変更書(様式第3号)(ワード:17KB)
3 助成金等交付申請額算出調書(共通様式第5号)(エクセル:18KB)
4 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)
5 助成対象経費が計算できる書類(見積書等)
6 変更となる工事の内容がわかる書類(図面等)

3_実績報告時の提出書類

提出書類
1 助成事業等実績報告書(様式第6号)(ワード:14KB)
2 事業実績書(様式第3号)(ワード:17KB)
3 経費の配分調書(共通様式第6号)(エクセル:17KB)変更があった場合のみ
4 助成金等精算書(共通様式第12号)(エクセル:34KB)
5 工事に係わる支出を証明する書類の写し
6 工事の完了後の写真(着工前と比較できるもの)
7 誓約書(様式第7号)(ワード:20KB)
8 同意書(様式第8号)(ワード:20KB)
9 助成金支払請求書(様式第9号)(ワード:20KB)又は(様式第10号)(ワード:22KB)※交付確定後に提出

7_FAQ|よくある質問

FAQ|よくある質問(PDF:96KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市建設部建築指導課開発保全係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2667   ファクス:0143-24-2091
Eメール:kenchiku-soudan@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ