文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

まちづくり・入札情報 > 都市計画 > 室蘭市立地適正化計画 > 平成29年度より新しいまちづくりの計画をつくります!

平成29年度より新しいまちづくりの計画をつくります!

室蘭市は、人口減少や少子高齢化が進んだ社会であってもコンパクトで暮らしやすく持続可能なまちづくりを進めるため、新しいまちづくり計画を策定(都市計画マスタープラン見直し及び立地適正化計画策定)することとしました。

目次

1.立地適正化計画とは?

2.室蘭市が目指すまちの姿

3.全体のスケジュール

 

1.立地適正化計画とは?

立地適正化計画とは、様々な都政機能の立地の適正化を図る、都市全体を見渡したマスタープランとなるものです。人口減少や少子高齢化の進行に対応した持続可能な都市を実現するため、人口密度を維持し、生活サービス機能等の適切な誘導を図る居住誘導や都市機能誘導の方針を示すものです。

 

2.室蘭市が目指すまちの姿

1)これからの室蘭の人口ビジョンはどうなるのか?

人口ビジョン

 

2)このまま人口が減少すると、まちはどうなってしまうのか?

 

閉店

例えば、自宅近くのスーバー、コンビニなどがなくなり、買い物が不便になってしまうかもしれません。

 

通学

例えば、バスの路線や本数が減って、公共交通が利用しづらくなってしまうかもしれません。

 

空家

例えば、空き店舗、空き家の増加により、地域のコミュニティが希薄化してしまうかもしれません。

 

3)では、まちをどうすれば良いのか?

室蘭市は、私たちの「住まい」と「生活に必要な施設」の「場所」を考える新しいまちづくり計画「立地適正化計画」を策定します。計画では、私たちの住む場所を主に3つの区域に分けて、それぞれ特徴あるまちづくりを進めていきます。

1_都市機能誘導区域

病院ショッピング飲み会

室蘭の「生活拠点となる場所」に、商業施設や病院など生活に必要な施設を誘導し、都市型の歩いて暮らせるまちづくりを目指します。

 

2_居住誘導区域

にぎわい

市民の居住を誘導し、公共交通を利用できるなど便利・快適に住み続けれられる、居住に適したまちづくりを目指します。

 

3_その他の区域

子供農園

空き地や空家を活用しながら、広々とゆっくりとした生活ができるまちづくりを目指します。

 

区域のイメージ図

区域イメージ図

 

市民・民間のみなさんができること

計画をつくっただけでは私たちの生活はあまり変わりません。大事なのは市民・民間のみなさんがご自身や将来の子供達の住む場所のことを考えたり、まちなかで事業を起こしたり、さまざまなまちづくりに取り組んだりすることです。室蘭市はそれらを計画や施策でサポートしていきます。

 

3.全体のスケジュール

立適スケジュール

平成29年度

〇市民アンケート

〇分析、区域設定の検討

〇住民説明会

平成30年度

〇住民説明会

〇立地適正化計画策定

平成31年度

〇市民ワークショップ

〇都市計画マスタープランの見直し

 

お問い合わせ

都市建設部都市政策推進室 都市政策推進課都市政策推進係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2592   ファクス:0143-24-2091
Eメール:toshikei@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ