文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 住まい > 空家相談のよくある質問Q&A

空家相談のよくある質問Q&A

―目次―

≪管理について≫

Q1.空家は何が問題になりますか?

Q2.所有者または相続人は、空家を管理する義務がありますか?

Q3.自分で空家の管理ができない場合はどうしたらよいでしょうか?

≪活用について≫

Q4.空家を相続したのですが、どうしたらよいでしょうか?

Q5.空家はどのくらいの価格で売れますか?

Q6.解体の支援を受けたいのですが、ありますか?

≪解体について≫

Q7.空家の解体にはどのくらいの費用が必要ですか?

Q8.空家を解体する費用がありませんが、どうすれば良いでしょうか?

Q9.空家解体業者を選ぶポイントは何ですか?

Q10.空家を解体せずに放置しているとどうなるでしょうか?

Q11.空家を解体すると税金が6倍になると聞きますが、本当ですか?

≪法律について≫

Q12.空家の相続放棄をしたい場合はどうすれば良いでしょうか?

Q13.空家の相続を放棄したら空家の管理義務は無くなりますか?

Q14.空家の所有者が認知症ですが、身内で処分できますか?

≪その他≫

Q15.自分では解体できないので、空家を無償もしくは少額で市や国へ寄付することは出来ますか?

Q1.空家は何が問題になりますか?

「空家=問題」ということではありません。適正に管理されずに放置されると、空家は老朽化が進行し、倒壊など周辺に迷惑がかかったり、場合によっては人や物に危害を与える恐れもあります。

Q2.所有者または相続人は、空家を管理する義務がありますか?

所有者または相続人には、建物を管理する責任があり、建物の倒壊、失火等で周辺の建物や人に被害を及ぼした場合、民法の規定により、所有者または相続人は損害賠償などで管理責任を問われることがあります。

Q3.自分で空家の管理ができない場合はどうしたらよいでしょうか?

入院中や、相続で物件の遠方にいる場合など、自分で空家の管理ができない場合は、有料になりますが、民間の空家管理サービス業者に依頼すれば、所有者に代わって空家の点検をしてくれますので、一度ご相談ください。

Q4.空家を相続したのですが、どうしたらよいでしょうか?

そのまま放置しておくと様々な問題を引き起こす可能性がありますので、定期的な管理が必要となります。ご自身で使う予定が無い場合は、不動産業者に相談して活用することが考えられます。なお、室蘭市では「室蘭市空き家バンク」を設置しており、買いたい人とのマッチングを行っていますので、一度ご相談ください。

Q5.空家はどのくらいの価格で売れますか?

比較的新しく良好に維持された物件やリフォームされた物件は別ですが、一般的には老朽化した空家の売買時の評価は土地の評価に比べて低くなり、建物付で売却する場合には、解体費用の分だけ売却価格が低くなることがあります。敷地の条件などで、価格が変わりますので、宅地建物取引業協会などにご相談することをお勧めします。

北海道宅地建物取引業協会室蘭支部0143-44-4996

Q6.解体の支援を受けたいのですが、ありますか?

現在、室蘭市では空家の所有者や相続人に対する解体の支援制度はありませんが、解体見積もりの依頼や解体業者の紹介、金融機関の空家解体ローンのご案内をしていますので一度ご相談ください。

Q7.空家の解体にはどのくらいの費用が必要ですか?

解体費用は、木造や鉄筋コンクリートといった構造や大きさの違い、傾斜地や道路に接していないなどの立地条件、大型の重機を使用するなど工事の方法などにより異なります。あくまで、概算ではありますが、重機等が使用可能で、道路に接している35坪の住宅解体は、120万~150万が相場と言われています。正確な金額を知るには、専門の解体業者による見積もりが必要になりますので、地域の解体業者等に相談してみるのがいいでしょう。

Q8.空家を解体する費用がありませんが、どうすれば良いでしょうか?

室蘭市では、空家の所有者に対する解体費の補助制度はありませんが、新規取得者に解体してもらう方法や、空家解体ローンを取り扱っている金融機関もありますので、お気軽にご相談ください。

Q9.空家解体業者を選ぶポイントは何ですか?

建物解体を実施している業者は多く、インターネット等で検索すると建物解体業者を紹介するサイトも多く見られます。ただし悪質な業者かの判断が難しいため、過去の工事実績や事例、損害賠償保険加入の有無等を参考に、選択する方法もあります。また室蘭市では、指定業者の一覧を用意していますので、お気軽にご相談ください。

Q10.空家を解体せずに放置しているとどうなるでしょうか?

法律で、著しく保安上の危険となる恐れがある空家、著しく衛生上有害となる恐れの空家等については、市長が助言・指導、勧告、命令、代執行(強制的に除却等をして費用を所有者に請求)まで、できる規定が設けられました。また、建物を解体せずに放置し、建物が空家特措法上の勧告対象になった場合、固定資産税の宅地用地の特例の適用除外となるため、軽減措置がなくなり土地の固定資産税が高くなり、建物に対する固定資産税もかかります。

Q11.空家を解体すると税金が6倍になると聞きますが、本当ですか?

空家を解体すると、固定資産税の宅地用地の特例の適用の軽減措置がなくなり、土地の固定資産税が6倍になりますが、建物を解体することによって、今まで課税されていた建物の固定資産税分がなくなりますので、土地、建物の固定資産税全体からみると安くなる場合もあるので、市税課の固定資産税係に確認するのがいいでしょう。

Q12.空家の相続放棄をしたい場合はどうすれば良いでしょうか?

原則として、建物所有者等が死亡し相続の開始を知った時、または、自分が相続人であることを知ってから3カ月以内に、建物所有者等が、死亡時に住民登録していた市町村を所管する家庭裁判所に手続きをする必要があります。ただし、空家だけを相続放棄することはできず、すべての財産を放棄することになります。また、他の相続人や相続財産管理人など、空家を引き継ぐ者がいない場合は、管理責任を問われる場合があります。相続放棄の手続きについては、弁護士や司法書士に相談することができます。

Q13.空家の相続を放棄したら空家の管理義務は無くなりますか?

建物所有者の空家について、家庭裁判所で相続放棄の手続きをされた場合、建物所有者ではなくなるため、原則として管理義務はなくなります。

ただし、他の相続人や相続財産管理人など空家を引き継ぐものがいない場合は、管理を続けなければなりません。この義務を怠り、周辺の住民等に被害を及ぼした場合は、法的な管理・賠償責任を問われる恐れがあります。

Q14.空家の所有者が認知症ですが、身内で処分できますか?

原則として、身内であっても、所有者以外の方が無断でその財産を処分することはできません。

空家の所有者が認知症で判断能力が不十分な場合は、居住用不動産については、その方について、成年後見人等の選任の申し立てを家庭裁判所にする必要があります。(民事執行法859条の3)。裁判所から選任された成年後見人等が空家の処分の手続きを進めることになります。

Q15.自分では解体できないので、空家を無償もしくは少額で市や国へ寄付することは出来ますか?

国や室蘭市では、空家等の不動産の寄付は受け付けておりませんが、解体見積もりの依頼や解体業者の紹介、金融機関の空家解体ローンのご案内をしていますので一度ご相談ください。

お問い合わせ

都市建設部都市政策課都市政策係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2592   ファクス:0143-24-2091
Eメール:toshikei@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ