文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

2.室蘭やきとりのルーツ

いつから?

昭和12年からの日中戦争の時代に、食糧増産のため、農家が豚を飼うようになりました。

昭和14年には、一般の靴生産は中止され、中皮不足から軍は豚の皮を軍靴に用いるため、養豚を大いに奨励。室蘭では豚の皮と肉以外は食べてもよいことになり、屋台などで豚の内臓(モツ)が売られるようになりました。モツのほか、当時は野鳥も串焼きにして食べていたことから、それが現在の“やきとり”の語源の由来ともいわれています。そしてその後、徐々に「豚肉、玉ねぎ、洋がらし」のスタイルが“やきとり”として定着してきました。

玉ねぎ

「北海道は玉ねぎの産地で手に入りやすく、しかも安い」「豚肉との相性もいい」との理由が一般的。

洋がらし

「おでんに付き物の洋がらしを付けたのが始まり」「トンカツの洋がらしからきたはず」など、さまざまな説があります。

室蘭のやきとりを探るのページへ

目次

1.やきとりの魅力のページへ

3.「やきとり」日本の歴史を探るのページへ

4.「やきとり」北海道内を探るのページへ

5.室蘭やきとりのルーツを探るのページへ

 

お問い合わせ

経済部観光課 
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-3320   ファクス:0143-25-2478
Eメール:kankou@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ