文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

観光・移住・就職情報 > 食べる > 室蘭のやきとりを探る > 3.「やきとり」日本の歴史を探る

3.「やきとり」日本の歴史を探る

著書「やきとり天国」の作者で、鉄板やきとりで有名な愛媛県今治市在住の土井中照氏によると、日本のやきとりの歴史は次のようだ。

天武天皇の時代(675年)から江戸時代まで、食用肉の禁止令が出されていたが、実際には野鳥や鶏は食用に用いられていたという。やきとりが料理書に初めて現れるのは寛永20年(1643年)の「料理物語」。「合類日用料理抄」(1689年)にはやきとりの料理方法が次のように書かれている。

「鳥を串に刺し、薄霜ほどに塩をふりかけ焼き申し候。よく焼き申し時分、醤油の中へ酒を少加え、右の焼鳥をつけ、又一変つけて其の醤油の乾かぬ内に座敷へ出し申し候」とある。江戸時代初期にはやきとりの料理方法はほぼ完成していたようだ。

明治以降、食用肉の禁止が解かれ、鶏も自由に食べられるようになったが、庶民には手の届かない高級食材だった。大正12年の関東大震災後からやきとり屋が全国に広まるが、関東では安価な豚の内臓を使った「焼とん」が人気を集めている。この豚や牛を使った「焼とん」は敗戦後の闇市でも活躍し、大衆的な食べ物として普及した。スタイルが似ているため、「やきとり」と称していたが、鳥は使用していなかった。

昭和35年ころからの食肉用ブロイラーの登場により鶏が安くなって、大衆やきとり店が数多く登場し現在に至る。

室蘭のやきとりを探るのページへ

目次

1.やきとりの魅力のページへ

2.室蘭やきとりのルーツのページへ

4.「やきとり」北海道内を探るのページへ

5.室蘭やきとりのルーツを探るのページへ

 

お問い合わせ

経済部観光課 
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-3320   ファクス:0143-25-2478
Eメール:kankou@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ