文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

まちづくり・入札情報 > 工業 > 国立大学法人室蘭工業大学と財団法人室蘭テクノセンターの業務提携契約について

国立大学法人室蘭工業大学と財団法人室蘭テクノセンターの業務提携契約について

握手する天里理事長(左)と田頭学長(右)

財団法人室蘭テクノセンターは、国立大学法人室蘭工業大学との業務提携契約の調印式を平成17年2月4日(金曜日)11時から室蘭工業大学会議室で行ない、室蘭テクノセンター側は天里勝成理事長、矢島清孝専務理事、室蘭工業大学側は田頭博昭学長、斉藤和夫副学長(社会連携担当)、小林和久事務局長、及び双方の関係職員が出席しました。

この業務提携は、室蘭工業大学の研究開発機能と室蘭テクノセンターのコーディネート機能が、お互いに補完し、より充実した産学官連携の推進が必要であるとの双方の認識が一致したことにより実現したものであります。

業務提携の目的は、研究シーズの発信と活用を戦略的かつ効果的に推進し、共同研究、受託研究及び技術指導等を積極的に展開するためであり、提携の主な内容は次のとおりであります。

  1. 両者が相互に職員の受け入れを可能とした。室蘭工業大学は室蘭テクノセンターの職員を産学官連携支援コーディネーターとして受け入れる。室蘭テクノセンターは、室蘭工業大学職員を産学官連携支援職員として受け入れる。
  2. 両者が相互に施設設備の利用を可能とした。室蘭テクノセンターは、室蘭工業大学地域協同研究開発センター(CRDセンター)内に設置した産学官連携支援室に、数名の産学官連携支援職員を配置する。なお産学官連携支援室の業務開始を平成17年4月(予定)とする。
  3. 業務提携の遂行に必要な既存資料及び情報を相互に提供する。また、相互の秘密保持を義務化した。

業務提携契約の調印式が終了した後、記者会見が行なわれ、田頭学長は「地域貢献策の重要な一つとして実を結んだ結果であり、パートナーを得て、今後、大学内の知を地域社会に向け積極的に発信する」、天里理事長は「双方の目標に時宜を得た。一層地域の産業振興に力を注いで行きたい」、とそれぞれ業務提携の意義を述べました。

 

お問い合わせ

経済部産業振興課[ものづくり・企業誘致][環境産業・エネルギー]
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2704   ファクス:0143-25-2478
Eメール:kohgyo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ