文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)

新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)

令和4年1月24日(月曜日)から、集団接種の予約受付を開始します。

初回接種(1回目・2回目接種)については、下記のページをご覧ください。

新型コロナワクチン初回接種(1回目・2回目接種)のページへ

 

目次

追加接種(3回目接種)の概要

転入・転出される(た)かたへ

接種券一体型予診票を紛失、滅失、破損等したかたへ

室蘭市へのワクチン入荷量と追加接種(3回目接種)の開始時期

接種券一体型予診票の発行申請

住所地外接種(室蘭市に住民票のないかたが室蘭市で接種する場合)

追加接種(3回目接種)の予約

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)

予防接種健康被害救済制度

ワクチン接種に関するお問い合わせ先

関係機関等リンク

 

追加接種(3回目接種)の概要

実施期間

令和3年12月1日から令和4年9月30日まで

 

対象となるかた

初回接種(1回目・2回目接種)を完了した18歳以上のかた全員

(注)高齢者や基礎疾患を有するかたなど重症化リスクが高いかた、介護従事者など重症化リスクが高いかたとの接触が多いかた及び医療従事者などの職業上の理由等によりウイルス曝露リスクが高いかたは特に接種をおすすめします。

 

接種可能時期及び接種券一体型予診票の発送時期

接種可能時期

追加接種(3回目接種)は、2回目接種日から原則8か月以上の間隔をおくこととされていますが、次のかたについては【前倒し】で接種を受けることができます。

番号 対象となるかた 接種可能時期
1 医療従事者等 2回目接種日から6か月以上で接種可能
(2か月間前倒し)
2 高齢者施設等の入所者及び従事者
通所サービス事業所の利用者及び従事者
病院または有床診療所の入院患者

3 番号2に該当しない65歳以上のかた 2回目接種日から7か月以上で接種可能
(1か月間前倒し)
4 上記以外の一般のかた 2回目接種日から8か月以上で接種可能

接種券一体型予診票の発送時期

発送日 対象となるかた 対象者数
令和3年11月29日 令和3年3月中に2回目接種を終えたかた 114人
令和3年11月29日 令和3年4月中に2回目接種を終えたかた 1,076人
令和3年12月20日 令和3年5月中に2回目接種を終えたかた 2,103人
令和4年1月24日から順次
(予定)
令和3年6月中に2回目接種を終えたかた 3,940人

(注)転入されたかた、市外で初回接種(1・2回目接種)を受けた方は接種券一体型予診票が届かない場合があります。

転入・転出される(た)かたへ

接種の流れ

  1. 室蘭市から、段階的に追加接種(3回目接種)の「接種券一体型予診票」等を発送します。
    (注)追加接種(3回目接種)では、接種券と予診票が一体となった「接種券一体型予診票」を使用します。シールの接種券は送付しません。
  2. 室蘭市から送付される「接種券一体型予診票」と「宛名付き接種済証(台紙)」、「本人確認書類」を持って、実施機関で接種を受けます。
    (注)持ち物ほか接種当日の詳細については、事前に接種を受ける実施機関までお問い合わせください。

 

ワクチンの種類

追加接種(3回目接種)に使用するワクチンは、初回接種(1回目・2回目接種)のワクチンの種類にかかわらず、mRNAワクチン(ファイザー社または武田/モデルナ社ワクチン)を用いることとされており、mRNAワクチン同士であれば、交互接種(初回接種(1回目・2回目接種)と異なるワクチンを接種すること)も可能です。

追加(3回目)接種に使用するワクチンについてのお知らせ(PDF:408KB)

転入・転出される(た)かたへ

他の市町村で2回目接種をした後に室蘭市へ転入される(た)かたへ

転入元の市町村の接種券一体型予診票は使用できなくなります。

接種を希望する場合は、室蘭市が発行する接種券一体型予診票が必要となりますので、接種券一体型予診票の発行申請をお願いします。

 

室蘭市外へ転出される(た)かたへ

室蘭市の接種券一体型予診票は使用できなくなります。

(注)市内で転居されたかたはそのままお使いいただけます。

接種を希望する場合は、転入先の市町村が発行する接種券や接種券一体型予診票が必要となります。

接種券等の発行にかかる手続き方法は、市町村によって異なりますので、転入先の市町村までお問い合わせください。

接種券一体型予診票を紛失・滅失・破損等したかたへ

接種券一体型予診票の再発行を承りますので、室蘭市役所健康推進課新型コロナワクチン係(電話:0143-41-5720)までお問い合わせください。

接種券一体型予診票の発行申請

 

室蘭市へのワクチン入荷量と追加接種(3回目接種)の開始時期

室蘭市へのワクチン入荷量

入荷時期 ワクチンの種類 入荷量 接種可能回数
令和3年4月 ファイザー社 6箱 5,850回
令和3年5月 ファイザー社 27箱 31,590回
令和3年6月 ファイザー社 23箱 26,910回
令和3年7月 ファイザー社 11箱 12,870回
令和3年8月 ファイザー社 17箱 19,890回
令和3年9月 ファイザー社 15箱 17,550回
令和3年11月 ファイザー社 130バイアル 780回分
令和3年12月 ファイザー社 6箱 7,020回分

令和4年1月以降も、国から順次、ワクチンが供給される予定です。

(注1)令和3年4月26日の週まで1箱=975回接種分、令和3年5月10日の週から1箱=1,170回接種分

(注2)1バイアル=6回接種分

 

追加接種(3回目接種)の開始時期

開始時期 接種会場 対象となるかた
令和3年12月1日から順次 市内の医療機関 医療従事者等
令和3年12月25日から 室蘭市保健センター 医療従事者等
令和4年2月2日から 蓬らい殿
室蘭市保健センター
65歳以上のかたを含む一般のかた

 

接種券一体型予診票の発行申請

他の市町村で2回目接種をした後に室蘭市へ転入したかたや、接種券一体型予診票を紛失・滅失・破損等したかたは、接種券一体型予診票の発行申請(以下「接種券発行申請」といいます。)が必要です。

(注1)接種可能時期に到達していないかたは、追加接種(3回目接種)用の接種券発行申請をすることができません。

 

接種券発行申請が必要なかた

種類 申請方法
他市町村で2回目接種をした後に室蘭市へ転入したかた
海外で2回接種したかた(注1)
海外での接種と国内での接種を組み合わせて2回接種したかた(注1)
海外在留邦人向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種したかた(注1)
在日米軍従業員接種で2回接種したかた(注1)
製薬メーカーの治検等において2回接種したかた(注1)
その他、接種券一体型予診票の発行が必要であると市長が認めるかた
郵送のみ
(注2)
接種券一体型予診票を紛失、滅失、破損等したかた
予診のみで接種券一体型予診票を使用したかた
2回目接種から8か月以上経過してしばらくたったが、接種券が届かない室蘭市民のかた
お電話でご依頼ください(注2)

(注1)ただし、ファイザー社、武田/モデルナ社又はアストラゼネカ社のワクチンを接種した場合に限ります。

(注2)詳細については、下記「申請方法の詳細」をご覧ください。

 

申請方法の詳細

郵送で申請されるかた

接種券発行申請書【追加接種(3回目接種)用】に必要事項を記載し、次の書類を添付の上、下記申請先まで郵送してください。

後日、郵送により接種券一体型予診票を発行します。

接種券発行申請書【追加接種(3回目接種)用】(PDF:200KB)

添付書類

接種履歴がわかる書類(接種済証、接種記録書、接種証明書など)写し

お電話で申請されるかた

下記申請先までお電話でご依頼ください。(添付書類は不要です。)

申請先

室蘭市役所健康推進課新型コロナワクチン係

電話:0143-41-5720

住所:〒050-0083室蘭市東町4丁目20番6号保健センター5階

 

住所地外接種(室蘭市に住民票のないかたが室蘭市で接種する場合)

ワクチンは原則、住民票のある市町村(以下「住所地」といいます。)で接種しますが、入院・入所中のかた、単身赴任者、里帰り中のかたなど、やむを得ない理由で住所地での接種が難しいかたは、住所地外の市町村でも接種が可能です。

 

「やむを得ない理由」の種類と必要な手続き

種類 必要な手続き
入院・入所中のかた
通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
基礎疾患を持つかたがかかりつけ医の下で接種する場合
職域接種を受ける場合
船員が寄港地等で接種を受ける場合
国または都道府県等が設置する「大規模接種会場等」で接種を受ける場合(会場ごとの対象地域に居住しているかたに限る)
市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受けるかた
災害による被害にあったかた
拘留または留置されているかた、受刑者
市町村への申請は必要ありません。
接種を受ける際に実施機関へお申し出ください。
出産のために里帰りしている妊産婦のかた
単身赴任されているかた
遠隔地に下宿している学生のかた
ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者(注)
接種を行う市町村へ申請が必要です。
下記により申請をお願いします。

(注)加害者等に所在を把握され危害を加えられる恐れがあり、住所地から接種券を取り寄せることができないかたは、室蘭市が接種券を発行しますので、接種券一体型予診票の発行申請をしてください。

 

申請方法

室蘭市に住民票のないかたが室蘭市で接種する場合

住所地から接種券が届きましたら、住所地外接種届を記載いただき、接種券一体型予診票の写し切手を貼付した返信用封筒を同封して郵送してください。

(注)接種券一体型予診票は用紙全体をコピーして郵送してください。

後日、郵送により「住所地外接種届済証」を交付します。

住所地外接種届(PDF:204KB)

申請先

室蘭市役所健康推進課新型コロナワクチン係

電話:0143-41-5720

住所:〒050-0083室蘭市東町4丁目20番6号保健センター5階

室蘭市に住民票のあるかたが室蘭市外で接種する場合

接種を受ける市町村までお問い合わせください。

 

追加接種(3回目接種)について【大切なお知らせ】

  1. 初回接種(1回目・2回目接種)で使用した住所地外接種届出済証は使用できません。申請が必要なかたは、改めて住所地外接種届の提出をお願いします。
  2. 接種可能時期に到達していないかたへは、住所地外接種届出済証を発行できません。
  3. 住所地が発行する接種券一体型予診票で2回目接種日が確認できない場合、接種履歴がわかる書類(接種済証、接種記録書、接種証明書など)の提出を依頼する場合があります。

 

追加接種(3回目)の予約

集団接種

令和4年1月24日(月曜日)から、集団接種の予約受付を開始します。

予約は、お手元に「接種券一体型予診票」が届いて初めて可能となります。「接種券一体型予診票」が届いていないかたは、今しばらくお待ちください。

接種会場及び会場開設日

会場名 住所 開設日 開設時間 使用
ワクチン
蓬らい殿 室蘭市宮の森町1丁目1番 【令和4年2月】
毎週水・木・土・日曜日
(ただし、2月16・17日(水・木曜日)を除く)
【水・木曜日】
午後2時から午後5時まで
【土・日曜日】
午前9時30分から午後5時まで
武田/モデルナ社
室蘭市保健センター 室蘭市東町4丁目20番6号 【令和4年3月】
毎週土・日曜日
午前9時30分から午後5時まで 武田/モデルナ社

 

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)

(注)本証明書は海外渡航の際に必要なかたへ交付するものです。それ以外のかたが接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」または「接種記録書」をご利用ください。

詳細は、下記のページをご覧ください。

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)のページへ

 

予防接種健康被害救済制度

予防接種では健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことはできないことから、救済制度が設けられています。

新型コロナワクチンの予防接種によって健康被害が生じた場合にも、予防接種に基づく救済(医療費・障害年金の給付など)が受けられます(注)。

制度の詳細については、下記のページをご覧ください。

厚生労働省のページ(外部サイトへリンク)

申請に必要となる手続きなどについては、健康推進課新型コロナワクチン係(電話:41-5720)までご相談ください。

(注)その健康被害が、接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、室蘭市により給付が行われます。認定にあたっては、予防接種・感染症・医療・法律の専門家により構成される国の疾病・障害認定審査会により、因果関係を判断する審査が行われます。

 

ワクチン接種に関するお問い合わせ先

室蘭市ワクチンコールセンター

室蘭市では、市民の皆様からのお問い合わせなどにスムーズに対応できるよう令和3年4月1日からコールセンターを開設しています。

なお、コールセンターでは、電話がつながりにくい場合もありますが、順番に対応しますのでご了承ください。

電話番号 0570-039-130
室蘭市では、できるだけお待たせせずにお問い合わせを受付するため、他都市の事例等を参考に、ナビダイヤルを導入しています
なお、オペレーターにつながってからは通話料が発生します
受付時間 9時から18時まで
(注)土・日曜日、祝日も受付しています
主な相談内容 ワクチン接種に関する一般的な相談
集団接種会場(保健センターなど)の予約についてなど

また、市のコールセンター以外にも次のとおりコールセンターを開設していますので、相談内容に合わせてお問い合わせください。

 

北海道新型コロナウイルスワクチン接種相談センター

電話番号 0120-306-154
受付時間 9時から17時30分まで
(注)土・日曜日、祝日も受付しています
主な相談内容 副反応についてなど医学的知見が必要となる専門的なことなど

 

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号 0120-761-770
受付時間 9時から21時まで
(注)土・日曜日、祝日も受付しています
主な相談内容 新型コロナワクチンに関する国の施策についてなど

 

ファイザー新型コロナウイルスワクチン専用ダイヤル

電話番号 0120-146-744
受付時間 9時から20時まで
(注)平日・土曜日のみ受付しています
主な相談内容 ファイザー社のワクチンに関する個別具体的な相談など

 

関係機関等リンク

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康推進課新型コロナワクチン係
住所:〒050-0083 室蘭市東町4丁目20番6号保健センター5階
電話:0143-41-5720   ファクス:0143-43-4325
Eメール:kenkou@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ