文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 健康診査・予防接種 > こどもに必要な予防接種

こどもに必要な予防接種

予防接種を受ける際の注意点

対象年齢内に指定医療機関で受ける定期の予防接種は無料です。

接種時点で室蘭市に住民票のある人が対象となります。

  • お子さんの体調のよいときに受けましょう。
  • 受ける予防接種について、必要性、効果、副反応などをよく理解してから受けましょう。
    分からないことがあれば、かかりつけ医や健康推進課に相談してください。
  • 母子健康手帳は必ず持って行きましょう。
  • 予診票は、接種する医師への大切な情報です。責任をもって記入するようにしましょう。
  • 予防接種を受けるお子さんの日頃の状態をよく知っている保護者が連れて行きましょう。
    やむを得ず保護者が同伴できない場合は、親族等が同伴し、接種を受けさせることも可能です。その際、保護者の委任状が必要となりますので、下記の委任状をダウンロードし、予防接種の際に持参してください。

室蘭市予防接種についての委任状(PDF:90KB)

予防接種を受けた後の一般的注意事項

  1. 予防接種を受けたあと30分間程度は、急な副反応が起こることがまれにありますので、接種場所でお子さんの様子を観察するか、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。
  2. 接種後、生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意しましょう。
  3. 接種部位は清潔に保ちましょう。接種当日の入浴はさしつかえありませんが、接種部位をこすらないようにしましょう。
  4. 当日は、激しい運動は避けましょう。
  5. 接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。

予防接種後健康被害救済制度

予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害の発生がみられます。

定期の予防接種による副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障が出るような症状がみられるなどの健康被害が発生した場合には、救済給付をおこなうための制度がありますので、健康推進課にご相談ください。

予防接種後健康被害救済制度(厚生労働省作成リーフレット)(PDF:852KB)

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種(子宮頸がん予防接種)を積極的にはお勧めしていません。

平成25年6月14日、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会が開催され、子宮頸がん予防接種の副反応報告について審議が行なわれました。

この結果、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的に見られたことから、副反応の発生頻度等がより明らかとなるまでの間、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を積極的に勧奨しないよう、厚生労働省から勧告がありました。

定期接種を中止とするものではありませんので、対象者のうち、接種を希望する人については、これまでどおり定期接種として無料で接種できますが、下記のリーフレットを参考に、ワクチン接種の有効性及び安全性等について、十分理解していただいた上で接種してください。

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防接種)の定期接種の対応について(勧告)(PDF:69KB)

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(厚生労働省作成リーフレット)(PDF:1,379KB)

長期にわたる疾病により定期予防接種を受けられなかった人へ

長期にわたる療養を必要とする疾病にかかったことにより、やむを得ず定期予防接種ができなかった人でも、接種が可能となった時点より定期接種として認められる場合があります。

この制度の対象になると思われるかたは、接種を受ける前に健康推進課へご相談ください。

定期予防接種

Hib(ヒブ)

ワクチンの種類

不活化ワクチン

接種時期

生後2ヵ月から5歳未満

標準的な接種回数

初回接種:3回(生後2ヵ月から7ヵ月未満に開始し、27日から56日の間隔をあけて)

追加接種:1回(初回接種後、7ヵ月から13ヵ月後)

(注)接種開始時年齢により、接種回数が異なります。

ヒブ・小児用肺炎球菌の接種スケジュール(PDF:56KB)

接種場所

子どもの定期予防接種実施医療機関のページへ

 

小児用肺炎球菌

ワクチンの種類

不活化ワクチン

接種時期

生後2ヵ月から5歳未満

標準的な接種回数

初回接種:3回(生後2ヵ月から7ヵ月未満に開始し、27日以上あけて)

追加接種:1回(生後12ヵ月以降かつ初回接種後60日以上あけて)

(注)接種開始時年齢により、接種回数が異なります。

ヒブ・小児用肺炎球菌の接種スケジュール(PDF:56KB)

接種場所

子どもの定期予防接種実施医療機関のページへ

 

B型肝炎

ワクチンの種類

不活化ワクチン

接種時期

生後1歳未満

標準的な接種回数

1回目:生後2ヵ月

2回目:生後3ヵ月(1回目から27日以上の間隔をおいて)

3回目:生後7から8ヵ月(1回目から139日以上の間隔をおいて)

接種場所

子どもの定期予防接種実施医療機関のページへ

 

四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)

ワクチンの種類

不活化ワクチン

接種時期

生後3ヵ月から7歳6ヵ月未満

標準的な接種回数

初回接種:3回(3週間から8週間間隔)

追加接種:1回(初回接種後、1年から1年半後)

接種場所

子どもの定期予防接種実施医療機関のページへ

 

ポリオ

ワクチンの種類

不活化ワクチン

接種時期

生後3ヵ月から7歳6ヵ月未満

標準的な接種回数

初回接種:3回(3週間から8週間間隔)

追加接種:1回(初回接種後、1年から1年半後)

接種場所

子どもの定期予防接種実施医療機関のページへ

 

BCG

ワクチンの種類

生ワクチン

接種時期

1歳未満(標準的には生後5ヵ月から8ヵ月未満)

標準的な接種回数

1回

接種場所

保健センターのページへ

BCG予防接種のページへ

  • 対象者には、4ヵ月児健診の案内と一緒にBCG予防接種のお知らせと予診票を個別にお送りします。
  • 通知日以外の日に接種を希望される場合は、予約が必要です。

麻しん風しん混合(MR)

ワクチンの種類

生ワクチン

接種時期

1期:1歳から2歳未満

2期:就学前の1年間

標準的な接種回数

1期と2期に各1回

接種場所

子どもの定期予防接種実施医療機関のページへ

 

水痘

ワクチンの種類

生ワクチン

接種時期

1歳から3歳未満

標準的な接種回数

初回:1回(標準的には生後12から15ヵ月)

追加:初回接種後3ヵ月以上あけて1回(標準的には初回接種後、6ヵ月から12ヵ月までの間隔をおいて)

接種場所

子どもの定期予防接種実施医療機関のページへ

日本脳炎

ワクチンの種類

不活化ワクチン

接種時期

生後6ヵ月から7歳6ヵ月未満

標準的な接種回数

1期初回:6日以上、標準的には28日までの間隔をおいて2回(標準的には3歳以上4歳未満)

1期追加:初回接種後6ヵ月以上あけて1回(標準的には初回接種後おおむね1年後)

接種場所

子どもの定期予防接種実施医療機関のページへ

日本脳炎予防接種のページへ

二種混合(ジフテリア・破傷風)

ワクチンの種類

不活化ワクチン

接種時期

11歳以上13歳未満(標準的には小学6年生の1年間)

標準的な接種回数

1回

接種場所

子どもの定期予防接種実施医療機関のページへ

 

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種(子宮頚がん予防接種)

ワクチンの種類

不活化ワクチン

接種時期

小学6年生から高校1年生(標準的には中学1年生の1年間)

標準的な接種回数

3回

接種場所

子どもの定期予防接種実施医療機関のページへ

注意事項

  • 生ワクチンは、接種後27日以上の間隔をあけると別の予防接種が受けられます。
  • 不活化ワクチンは、接種後6日以上の間隔をあけると別の予防接種が受けられます。

↑ページの先頭に戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康推進課 
住所:〒050-0083 室蘭市東町4丁目20番6号保健センター3階
電話:0143-45-6610   ファクス:0143-43-4325
Eメール:kenkou@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ