文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 健康 > エキノコックス症の血液検査について

エキノコックス症の血液検査について

対象者

小学3年生以上で、この検査を5年以上受けていない市民のかた

日時

令和2年8月27日木曜日、28日金曜日

15時30分から16時30分

会場

室蘭・登別総合健診センター(室蘭市東町4-20-6保健センター2階)

料金

無料

申し込み方法

予約は不要です。

希望する日に、直接会場にお越しください。

エキノコックス症について

北海道には、エキノコックス症という道外ではあまり見られない病気があります。

エキノコックスは、その卵が口に入ってしまった場合に感染する事があり、エキノコックスが寄生したキツネやその糞に直接触ったり、糞に汚染された山菜や沢水を口にすると感染の危険があります。そのため、野山の果実や山菜などを口にする時は、よく洗うか十分に加熱してから食べるように言われています。

キツネの糞に汚染されたものを摂食したネズミや豚が感染する事がありますが、ネズミや豚から人に感染する事はありません。人から人への感染もありません。

エキノコックスに感染すると、始めは無症状ですが、10年から20年ほどかけて肝臓の機能障害が起こります。放っておくと命に関わる事もありますので、早期発見・早期治療が大切です。

お問い合わせ

保健福祉部健康推進課 
住所:〒050-0083 室蘭市東町4丁目20番6号保健センター3階
電話:0143-45-6610   ファクス:0143-43-4325
Eメール:kenkou@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ