文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 健康 > 地域医療確保の取り組み

地域医療確保の取り組み

西胆振圏域の現状など

<受療動向>

西胆振圏域(室蘭市、登別市、伊達市、豊浦町、壮瞥町、洞爺湖町)は、市立室蘭総合病院、日鋼記念病院、製鉄記念室蘭病院など、複数の中核となる医療機関において急性期医療が提供され、また、療養病床等も整備されているため、入院、外来ともに高い圏域内自給率を維持しています。

西胆振圏域における入院・外来の受療動向

  • 入院の圏域内自給率(94.4%)
    [流出先圏域の構成比:札幌(4.64%)、東胆振(0.55%)、後志(0.15%)、その他(0.25%)]
  • 外来の圏域内自給率(97.6%)
    [流出先圏域の構成比:札幌(1.71%)、東胆振(0.50%)、後志(0.05%)、その他(0.11%)]

(注)厚生労働省「医療計画作成支援データブック」(平成26年度受療動向)

<将来人口推計>

西胆振圏域の総人口は、平成27(2015)年に189,696人であったものが、平成37(2025)年には164,447人、平成52(2040)年には125,020人まで減少すると推計されています。

65歳以上人口は、平成27(2015)年に65,705人(高齢化率:34.6%)であったものが、平成37(2025)年には55,865人(高齢化率:38.8%)、平成52(2040)年には53,996人(高齢化率:43.2%)と推移し、将来的に高齢化率は上昇していくと推計されています。

将来人口イメージ(PDF:61KB)

 

地域医療のあり方に関する検討

<室蘭市地域医療あり方検討会>

今後の人口減少や人口構造の変化を見据えながら、将来的にも安定した市内の医療提供体制を検討するため、平成29(2017)年に「室蘭市地域医療あり方検討会」を設置し、4回にわたる議論を踏まえ、平成30(2018)年5月に「提言書」が市長に提出されました。

<室蘭市地域医療連携・再編等推進協議会>

室蘭市地域医療あり方検討会からの「提言」を受け、将来的にも持続可能な医療提供体制について検討するため、平成30(2018)年9月に「室蘭市地域医療連携・再編等推進協議会」を設置し、医療機関の連携・再編等について、検討を進めています。

室蘭市地域医療連携・再編等推進協議会設置要綱(PDF:57KB)

 

平成30年度に「室蘭市地域医療連携・再編等推進協議会」を5回開催し、将来的にも持続可能な医療提供体制の確保に向けて、認識の共有を図ることができた事項や将来に向けた課題等を「中間取りまとめ」として取りまとめました。

室蘭市地域医療連携・再編等推進協議会「中間取りまとめ」(PDF:78KB)

 

kousoubanner(外部サイトへリンク)

kakarikatabanner(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部
電話:0143-25-2872   ファクス:0143-25-3330
Eメール:kenkou@city.muroran.lg.jp

保健福祉部健康推進課
電話:0143-45-6610   ファクス:0143-43-4325
Eメール:kenkou@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ