文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

保育所等入所選考基準について

入所希望者数が保育所等の入所可能人数を超えた場合、下表、令和2年度保育所等入所選考基準(PDF:58KB)による基本分と加算分の合計点数により、点数の高い世帯から入所を決定します。

 

令和2年度より保育所等入所選考基準が変更になっています。

 

事由 保育を必要とする理由・状況
就労 月150時間以上の就労を常態 10 10
月140時間以上の就労を常態 9 9
月120時間以上の就労を常態 8 8
月100時間以上の就労を常態 7 7
月80時間以上の就労を常態 6 6
月60時間以上の就労を常態 5 5
保護者の疾病・障害 入院又は入院に相当する治療や安静を要する自宅療養で保育が常時困難な場合 10 10
通院加療を行い、常に安静を要するなど、保育が常時困難な場合 7 7
疾病などにより、保育に支障がある場合 3 3
身体障害者手帳1~2級、精神障害者手帳1~2級、療育手帳Aの交付を受けていて、保育が常時困難な場合 10 10
身体障害者手帳3~4級、療育手帳B1の交付を受けていて、保育が著しく困難な場合 8 8
身体障害者手帳、精神障害者手帳3級、療育手帳の交付を受けていて、保育が困難な場合 6 6
同居親族等の介護・看護 常時寝たきり状態の同居親族の介護・看護にあたるもの 10 10
常時観察及び介護を要する同居親族の介護にあたるもの(要介護5、4、3) 10 10
上記以外の介護・看護にあたるもの 4 4
災害・復旧 震災、風水害、火災その他の災害により自宅や近隣の復旧にあたっている場合 10 10
就学(職業訓練校等含む) 学校等に在学しているもの 10 10
職業訓練を受けているもの 10 10
通信教育を受けているもの 3 3
虐待・DV 福祉事務所長が特に保育が必要な状態にあると認める場合 (注1) (注1)
求職活動 求職活動をしているもの 2 2
妊娠・出産 母が出産または出産予定日の前後3ヶ月の期間にあって出産の準備又は休養を要する場合 10
育休 育児休業所得中に、既に保育所等を利用している児童がいて継続利用が必要な場合 3 3
多胎児育児 多胎児(0歳児から2歳児)を育児している 10 10
その他 福祉事務所長が特に保育が必要な状態にあると認める場合(留学生・別居親族の介護・看護など) (注1) (注1)

(注1)虐待・DV、その他の事由については、当該児童・世帯の状況に応じて別途判断する。

 

優先事由

 

加算要件・優先基準 指数
ひとり親家族の場合 +13
生活保護世帯で就労することが必要である場合 +2
生計中心者の失業により、就労の必要性が高い場合 +2
虐待やDVなどにより社会的養護が必要な場合 +5
保護者・児童が障がいを有している場合 +2
育児休業明け +1
すでに入所している兄弟姉妹(多胎児を含む)と同一の保育所等の利用を希望する場合 +1
複数人の兄弟姉妹が保育所等の同時利用を希望する場合 同点数の場合優先
前年度、4月までに入所申し込みをしたが、いまだ待機している場合 +2
保育士資格保有者が室蘭市に所在する認可保育所等(認可保育所・認定こども園・児童発達支援施設)で保育業務に従事(内定含む)する場合 最優先
65歳未満の同居親族、同居人が保育を必要とする事由に該当しない場合 -5
その他市町村が定める事由 +1

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部子育て支援課子ども育成係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2400   ファクス:0143-25-2401
Eメール:kodomo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ