文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 学ぶ・遊ぶ > 子育て > 幼児教育・保育の無償化

幼児教育・保育の無償化

令和元年10月から、認可保育所、幼稚園、認定こども園などを利用する3歳から5歳までの子ども、および住民税非課税世帯の0歳から2歳までの子どもを対象に幼児教育・保育の無償化を実施します。

 

概要

認可保育所、認定こども園、幼稚園などを利用する子ども

〇3歳児クラスから5歳児クラスの全ての子どもの利用料を無償化(幼稚園は満3歳から対象となります)

〇0歳児クラスから2歳児クラスの住民税非課税世帯の子どもの利用料を無償化

〇子ども子育て支援新制度の対象とならない幼稚園については、無償上限額は月額2.57万円となります。

〇実費として徴収されている費用(通園送迎費、主食代(お米やパン)、行事費など)は、これまでどおり保護者負担となります。

〇副食材料費(おかずやおやつなど)について、これまでどおり保護者負担となりますが、年収360万円未満相当の世帯の子どもたちと第3子以降の子どもたちは減免されます。

〇第3子以降の多子の算定方法は、保育利用は小学校就学前、幼児教育利用は小学校3学年修了前となります。

幼稚園の預かり保育を利用する子ども

〇市(お住まいの市町)に保育の必要性を認定申請し、「保育認定」を受ける必要があります。

〇月の利用日数に450円を乗じた額(もしくは1.13万円のいずれか低い方)を上限額とし、預かり保育の利用料が無償化されます。

〇利用者への無償化相当額の支払いは、利用者からの請求時期に応じて、四半期ごとに市から指定口座へ振り込みます。(償還払い)

認可外保育施設、一時預かり等を利用する子ども

〇幼稚園の預かり保育の場合と同様、市(お住まいの市町)に保育の必要性を認定申請し、「保育認定」を受ける必要があります。

〇3歳児から5歳児の子どもは月額3.7万円、0歳児から2歳児の住民税非課税世帯の子どもは月額4.2万円を上限とし、無償化されます。

〇認可外保育施設の無償化の対象者からは利用料は徴収しません。(現物給費)

〇一時預かり利用者への無償化相当額の支払いは、利用者からの請求時期に応じて、四半期ごとに市から指定口座へ振り込みます。(償還払い)

 

手続きの流れ

認可保育所・認定こども園(保育所機能)を利用する保護者

〇保育料の無償化の手続き・・・不要(すでに保育認定を受けているので申請不要)

〇副食材料費の減免の手続き・・・不要(減免対象者には、市から通知いたします)

幼稚園・認定こども園(幼稚園機能)を利用する保護者

〇保育料の無償化の手続き

子ども子育て支援新制度の対象とならない幼稚園(すみれ文化幼稚園・桜ヶ丘幼稚園)の利用者は、「子育てのための施設等利用給付認定(新1号認定)」の申請が必要です。

子ども子育て支援新制度の対象となる幼稚園(文化学園大学附属幼稚園・室蘭美園幼稚園・八丁平美園幼稚園・ベネディクト幼稚園・清泉幼稚園・室蘭幼稚園・室蘭中島幼稚園・ピノキオ幼稚園)と認定こども園(幼稚園機能)を利用する保護者は、新1号認定の申請は不要です。

流れ・・・幼稚園で申請書の配布→幼稚園経由で市に申請書の提出→市で審査・決定・通知

〇副食材料費の減免の手続き

子ども子育て支援新制度の対象とならない幼稚園の利用者は、別途申請が必要です。

子ども子育て支援新制度の対象となる幼稚園と認定こども園(幼稚園機能)は、減免の手続きは不要です(減免対象者には市から通知します)。

流れ・・・幼稚園で申請書の配布→幼稚園経由で市に申請書の提出→市で審査・決定・通知

幼稚園・認定こども園(幼稚園機能)の預かり保育を利用する保護者

〇保育の必要性の認定(「子育てのための施設等利用給付認定(新2・3号認定)」)申請が必要です。

保育の必要性の認定・・・月60時間以上仕事しているなど、保護者が保育を必要とする事由に該当すると、認定を受けることが出来ます。保育の必要性については、認可保育所の入所要件と同様となっており、「保育所等について」のページで確認できます。

流れ・・・幼稚園・認定こども園で申請書の配布→幼稚園経由で市に申請書の提出→市で審査・決定・通知

新2・3号認定を受ける前に利用した日は、無償化の対象外になりますので、預かり保育を利用する前に申請し、認定を受けている必要があります。

認可外保育施設、一時預かり等を利用する保護者

〇「幼稚園・認定こども園(幼稚園機能)の預かり保育」と同じ。

 

幼児教育・保育の無償化に関する情報について

〇幼児教育・保育の無償化HP(内閣府のページ)

https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/musyouka/index.html

〇「幼児教育・保育の無償化はじまります」(内閣府のページ)

https://www.youhomushouka.go.jp

お問い合わせ

保健福祉部子育て支援課子ども育成係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2400   ファクス:0143-25-2401
Eメール:kodomo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ