文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 学ぶ・遊ぶ > 子育て > ひとり親家庭への就業支援(給付金制度)

ひとり親家庭への就業支援(給付金制度)

母子家庭の母又は父子家庭の父の経済的自立を支援し、就職に有利な資格の取得や教育訓練講座の受講を促進するため、一定の費用を支援する制度です。

父子家庭の父も対象になりました

平成25年度から高等職業訓練促進給付金と自立支援教育訓練給付金事業が父子家庭の父も対象になりました。

(注)申請にはその他条件があるため事前相談が必要となりますので、詳細は母子・父子自立支援員までお問い合わせください。

高等職業訓練促進給付金等事業

市内にお住まいの20歳未満の児童を養育している母子家庭の母又は父子家庭の父を対象に市が定める資格を取得するため、養成機関に1年以上修業する場合、一定期間について経済的費用を支援する「高等職業訓練促進給付金」制度があります。また、講座修了後に修了支援給付金が支給されます。

要件

次の要件を満たす必要があります。

  1. 室蘭市内に住所地がある母子家庭の母又は父子家庭の父で、児童扶養手当を受けているか、または同様の所得水準にある方。
  2. 養成機関において、1年以上のカリキュラムを修業し、資格の取得が見込まれること。
  3. 就業または育児と修業の両立が困難であると認められること。
  4. この給付金を一度も受給したことがないこと。

市が定める対象となる資格

  1. 看護師
  2. 准看護師
  3. 介護福祉士
  4. 保育士
  5. 理学療法士
  6. 作業療法士
  7. 調理師
  8. 製菓衛生士

支給額

  市道民税 月額
支給額 非課税世帯 100,000円
課税世帯 70,500円

(注1)月の初日から末日までの間に養成機関への出席が一日もなかった場合はその月は支給されません。

(注2)定期的(四半期毎)に在籍証明書や単位修得証明書等を提出していただく必要があります。

支給対象期間

修業する期間の全期間(上限3年)。

(注)修業を開始した日によって異なる場合があります。

高等職業訓練修了支援給付金について

養成機関で1年以上修業した方に修了後に支給します。

支援給付金の申請は修了した日以後30日以内に申請をおこなってください。

支給要件がありますので事前にご相談ください。

支給金額
  市道民税 金額
支給額 非課税世帯 50,000円
課税世帯 25,000円

事前相談及び支給申請について

修業開始前の早い時期に事前の相談が必要となりますのでご注意ください。

受給資格要件に該当しなくなったときは、14日以内にお知らせください。

ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付事業

高等職業訓練促進等給付金の支給を受ける方が養成機関に入学する場合や、養成機関修了後に資格を取得し、取得した資格を活かして1年以内に就職する方へ貸し付けを行う事業です。

(注)5年間引き続き業務に従事したとき等、一定の条件を満たした場合には返還の免除があります。

詳細は、社会福祉法人北海道母子寡婦福祉連合会にお問い合わせください。

お問い合わせ

社会福祉法人北海道母子寡婦福祉連合会

電話:0800-800-3883、ファクス:011-232-8095

E-mail:dobo.kunrenshikin@eos.ocn.ne.jp

受付時間:月曜日から金曜日、9時から17時(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始はお休み)

北海道母子寡婦福祉連合会のホームページ(外部サイトへリンク)

自立支援教育訓練給付金事業

室蘭市では母子家庭の母又は父子家庭の父を対象に、職業能力開発のため、市が指定する講座を受講した場合、講座終了後に受講料の一部を支給します。

対象となる講座

雇用保険制度の教育訓練給付の指定講座

要件

次の要件を満たす必要があります。

  1. 室蘭市内に住所地がある母子家庭の母又は父子家庭の父で、児童扶養手当を受けているか、または同様の所得水準にある方。
  2. 受講開始日現在、雇用保険法による教育訓練給付の受給資格を有していないこと。
  3. 就労経験、技能、資格の取得状況や労働市場の状況などから判断し、当該教育訓練を受けることが適職に就くために必要であると認められるものであること。

支給額

受講のために本人が支払った費用の60パーセントに相当する額を支給します。ただし、上限20万円で1万2千円を超えない場合は支給できません。

事前相談及び支給申請について

希望する講座が指定されなければならないため、指定される前に講座を受講した場合は対象となりませんので、必ず事前に相談してください。講座修了日の翌日から30日以内に申請が必要です。

詳細は母子・父子自立支援員にご相談ください

お問い合わせ

保健福祉部子育て支援室児童福祉係(家庭児童相談室)

母子・父子自立支援員

電話:0143-25-2705(直通)

ファクス:0143-25-2401

お問い合わせ

保健福祉部子育て支援室児童福祉係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2494   ファクス:0143-25-2401
Eメール:kodomo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ